冬の定番、グレーコートを使ったコーディネートを、雑誌『Precious』から集めました。人気のライトグレーコートに着こなしや、マフラー・ストールとの組み合わせ方など、定番のグレーコートをクラスアップさせた、お手本コーデが満載です。

【目次】

レディース 冬のグレーコートコーデ


【1】グレーコート×白パンツ

プラピエのマント・ピアス・インコテックスのパンツ・マウロ・ゴベルナのバッグ・ジョルジュ・モランの手袋(和光) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
プラピエのマント・ピアス・インコテックスのパンツ・マウロ・ゴベルナのバッグ・ジョルジュ・モランの手袋(和光) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

2019年秋冬シーズン、流行復活のマントはぜひ取り入れたい注目アイテム。カシミヤ100%の生地をベースに、襟とそでにチンチラのファーがあしらわれ、優雅なムードに着られる仕上がりに。そでがたっぷりとしたマントなので、ロンググローブを投入して、クラシックさを盛り上げたい。白パンツやシンプルな黒バッグで、すっきりとしたモノトーン合わせで。

【2】グレーコート×黒ニット×黒パンツ

コート・タートルニット・パンツ・バッグ『カサンドラ』(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・タートルニット・パンツ・バッグ『カサンドラ』(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

そでぐりから後ろ身ごろへ、丸みを帯びて、ゆったりとしたフォルムがかわいい、ツイードのブルゾンに、黒のタートルネックニットと細身パンツを合わせた、マニッシュなトラッドスタイル。グレンチェックが醸し出すきちんと感に、襟元のシアリングファーの愛らしい表情が重なって、いち目おかれること間違いなし。細身のパンツだけでなく、ロングスカートでも着映えます。

【3】グレーコート×白シャツ×グレーパンツ

コート・シャツ・パンツ・ピアス・バッグ『ヴィニル』・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・シャツ・パンツ・ピアス・バッグ『ヴィニル』・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

伝統的なヘリンボーン(杉綾)柄のコートは、2019年冬に取り入れたいアウターのひとつ。立ち姿が凛として美しいチェスターコートのなかでも、今年は前合わせの深いダブルブレストに注目! その理由は、たっぷりとした身ごろの布使いが、ラフに着てもラグジュアリーな印象を与えるから。大人の女性にこそ着てほしい一着に、白シャツ、白の丸みを帯びたバッグ、白のハンサムシューズなどを合わせて、マニッシュに。

【4】グレーコート×グレーニット×カーキパンツ

コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

主役となるエブールのコートは、希少価値の高いスーリーアルパカとウールをブレンドした、シャギー生地を使用。長い毛足を綺麗に刈り込み、絶妙な艶を帯びた上品なシルバーグレーに。フロントの重なりを最小限にとどめ、ネックラインがすっきり見えるように、こだわった仕立てです。

このコートの美しい質感を引き立たせるため、合わせるは「カーキ」という、ミニマルな色使いで。ヴァレクストラのバッグとジャンヴィト ロッシのヒール靴、ワイドパンツの3アイテムでカーキをリンクさせた、落ち着きがありつつ旬を感じさせるコーディネートです。

【5】グレーコート×黒ワンピース

ブーツ(アマン〈ペリーコ〉)、コート・ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、ブーツ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ハンサムな仕立てのダブルブレストコート&ミディ丈ワンピースのすそから、キャメルカラーのブーツをのぞかせて、重たくなりがちなコートの装いを軽快に。アーモンドトウのロングブーツのサイドには繊細なゴールドのアイレット(ハトメ)が施され、辛口なアクセントにひと役買って。

【6】グレーコート×黒ワンピース

エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ウール混のヘリンボーンツイードの立体感のあるコートは、モノトーンスタイルの上にはおるって華やかな印象に。リバー仕立てゆえの軽量感とゆったりめのテントシルエットで、ガウンのように軽やかにまとめるのが魅力です。

【7】グレー千鳥格子コート×黒パンツ

バッグ『アワーグラス トップ ハンドルM』・コート・ブラウス・パンツ・靴(バレンシアガ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ブラウス・パンツ・バッグ『アワーグラス トップ ハンドルM』・靴(バレンシアガ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

大きめシルエットの千鳥柄ラップコートにパンツを合わせた、マニッシュなスタイリング。フォルムの美しさが遠目にも際立つ、バレンシアガのバッグ『アワーグラス トップ ハンドル』とブーツを合わせて、颯爽と。

【8】グレーコート×スカーフ

カシミヤのコート・ピアス・シルクのスカーフ・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤのコート・ピアス・シルクのスカーフ・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ネイビーのスカーフを首元に巻いた、青系×グレーという相性のいい色合わせのスタイリング。

【9】グレーコート×白ニット×黒パンツ

コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(マドリガル 南堀江店〈エバゴス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店)、靴下/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(マドリガル 南堀江店〈エバゴス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店)、靴下/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冷え込みの厳しい日のお散歩スタイルです。上質なムートンコートに、顔映りのいいホワイトのニットとパールジュエリーで気分も明るく! メンズライクな着こなしに、冬でもかごバッグを取り入れて、こなれた表情を加味。

【10】グレーコート×白シャツ×インナーダウン×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

屋外は寒くても、屋内は暖か。寒暖差が激しい場所では、インナーダウンの脱ぎ着で温度調節するのが鉄則です。薄くて軽いからバッグにコンパクトに入れられるのも便利。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、クリーンな抜け感を演出しましょう。

【11】グレーコート×ライトグレーブラウス×グレースカート

コート(ebure)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ebure)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

淡いブルーグレーのブラウスからコートまで、上品なグレーのグラデーションコーディネート。N.Y.マダムのような洗練を感じさせるスカートスタイルです。モヘア混のコートはストライプ織りを選び、グレーの濃淡をつないで。

【12】グレーコート×ライトブルーシャツ×グレーパンツ

撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

どんな寒波もしのげるストラネスのムートンコートは、冬旅になくてはならない存在。グレージュ×黒のコンビネーションや、軽快なジップデザインもポイント。コートのインナーは、ジェイ・クルーのデニムシャツとヴィンスのタンクトップで、温度調整がしやすいようにあえて薄手のものを選びます。京都のお寺巡りなど、たくさん歩くシーンでも忘れたくないのは品のよさ。インコテックスのウールカシミアパンツやセリーヌのスリッポンで、上品なカジュアルを目指します。冬の足元はグレージュのモヘアソックスが活躍。

【13】グレーチェックコート×白ニット×グレーパンツ

コート・パンツ(ADORE)、ニット(ブラミンク)、バッグ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・パンツ(ADORE)、ニット(ブラミンク)、バッグ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

上質なブランケットを思わせる、ソフトな起毛感のあるグレンチェック柄の生地をリバー仕立てにしたイタリア製素材のコートを主役にした、ワイドパンツコーデ。寒い日にこそ実感する、ふわふわのコートの温もりに包まれる幸せ…。ファーのバッグやスエードのショートブーツなどの同系色・異素材小物をふんだんに取り入れて、グレージュに奥行きを与えましょう。

【14】グレー柄コート×カーキニット×ライトグレースカート

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラデュイール)、スカート(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラデュイール)、スカート(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

陰影を描く太畝ヘリンボーンの織り地が、絶妙なグレージュ感を印象づけるチェスターコートを主役に。ニット&バッグで投入したカーキ系グリーンとも相性抜群。トラッド調の着こなしを、キャメルのスエードブーツが盛り上げます。

【15】グレーコート×グレーニット×グレーパンツ

コート・ニット・パンツ・帽子・ブローチ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・パンツ・帽子・ブローチ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

そでと前身ごろがリブニット、背中側がジャージー仕立てのコートは、フロントのひとつボタン、両肩ラインにボールチェーンの意匠=ルーチェをあしらうなど、凝ったディテールにも注目。同素材のオフタートルニットをインに、アンサンブル感覚で着こなしたい。チェック柄のパンツを合わせ、さりげなくメンズライクなロンドンテイストを香らせて。

【16】グレーコート×白ニット×グレーパンツ

コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

暖かなミンクコートとスニーカーをチョイスした旅行にも◎なきれいめコーデ。コートとデニムのグレーでまとめたワントーン着こなしに。カーキバッグも、パウダリーな色調を選ぶとなじみます。

【17】グレーコート×白ニット×グレーパンツ

和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

高級感あふれるグレージュのコートは、肌映りがいいアイボリーのタートルニットを合わせて、女性らしく清潔感が香る着こなしに。取り外し可能で便利なボリューム感あるフォックスファーが、顔周りを華やかに演出。

【18】グレーコート×白シャツ×インナーダウン×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

イタリアのアウターブランド・ムーレーのインナーダウン付きカシミヤコートを主役に。防寒とリュクスな着こなしが両立する一着で、湖畔の散歩もおしゃれに、快適に過ごせます。このコートを使った着こなしバリエーションが下にふたつ、続きます。

【19】グレーコート×白ファージレ×白ニット×黒パンツ

コート(コロネット〈ムーレー〉)、ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈ムーレー〉)、ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス・リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

コート×ジレ×タートルネックニットの、カシミヤアイテムのトリプルレイヤードで、寒さ対策もばっちり!なアジュアルエレガンス。ストレッチの効いたパンツやローファーなど、ボトムと靴は動きやすさ重視でチョイスしましょう。

【20】グレーコート×グレーニット×グレーパンツ

ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

都会のビルを連想させる知的でクールな霜降りグレーのセットアップは、触れてみるとソフトで温かいウールカシミヤのジャージー素材。一見、3点とも同じ生地のセットアップに見えるけれど、ジャケットとパンツは縮絨(しゅくじゅう)をかけてしっかり、インのニットはふんわり…と着心地を重視した異なる仕上がりに。今年らしいオーバーサイズを、ゆったり余裕で着こなしたい。

レディース 冬のライトグレーコートコーデ


【1】ライトグレーコート×ライトグレーニット×ライトグレーパンツ

コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのコートは、今季大人がぜひ手に入れたい旬アイテム。なかでもスタイリスト・大西真理子さんが注目したのは、上質なダブルフェースカシミヤを、製品の段階でウォッシングマシーンにかけ、独特のエンボス加工を施したこの一枚。「いわゆるカシミヤコートとはまた違う、新しい存在感です。カシミヤだけど、ハリがあってカジュアルな気分が漂う。たっぷりとしていて贅沢、それでいてこなれて見えます」。ワントーンコーディネートとしてニット&パンツで仕上げると、優雅な気分に。

【2】ライトグレーコート×キャメルニット×キャメルスカート

ブーツ・カシミヤスカート・ニット・手に持ったコート・イヤリング・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) タイツ『ベルーティン70(ZIBELLINO)』(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブーツ・カシミヤスカート・ニット・手に持ったコート・イヤリング・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉) タイツ『ベルーティン70(ZIBELLINO)』(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/来家祐介(aosora) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

淡グレーのコートの中をキャメルのワントーンでまとめ、華やぎをもたらすマーメイドスカートを合わせたレディなコーディネート。モダンでエレガントな黒のショートブーツは、華やぎスカートの引き締め役に。

【3】ライトグレーコート×白ニット×グレーパンツ

コート・ブラウス・パンツ・ネックレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子・靴/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ブラウス・パンツ・ネックレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子・靴/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

辛口のチェスターコートを大人の女性が選ぶなら、ふんわりと体を包むソフトな質感と優しい色調を選びたい。素材は贅沢なピュアカシミヤ。ダブル合わせのボタンは、目立たないスナップ式になっていて、はおってもよし、フロントを留めてもよし。背中はボールチェーン(ルーチェ)付きの幅広のベルトがアクセントとなり、後ろ姿もかっこいい!

【4】ライトグレーコート×黒ブラウス×グレーパンツ

コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ふんわりと軽やかなシャギーコートをはおり、冬の街を颯爽と歩いて。ビルが立ち並ぶモダンな街並みになじむのは、色味を抑えたシックな着こなしです。カーキのとろみブラウスやグレーのパンツで、シックカラーの濃淡をつくれば、決して地味にならず、洗練されたスタイルができ上がります。

【5】ライトグレーコート×ストライプシャツ×ネイビーパンツ

ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ベルテッドコート(サード マガジン)、シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(Theory luxe)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

グレーコートのINは、スラリと見えるアイテム選びと、コーディネートに使用する色を2色以内に絞ることがポイント。ストライプシャツとパンツをブルーでまとめて、知的な雰囲気に。トップグレーのウールコートを肩からはおり、優しげなオーラを漂わせましょう。

【6】ライトグレーコート×ライトグレースカート

コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

前身ごろはざっくりとしたツイード、そでと後ろ身ごろはシルク混のなめらかなフラノウール、そしてすその切り替えにはナイロンキルティング…。3つの異なる質感の濃淡ベージュが、着こなしを印象的に見せるポール カのノーカラーコートにスカートを合わせ、コートを主役にしたスタイリング。その軽やかな着心地は、まるでカーディガンをまとっているかのよう。

グレーコートにマフラー・ストールを合わせたコーデ


【1】グレーコート×白ストール×グレーブラウス×黒パンツ

コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(Theory)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(edit & co.)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉)、カメラ『ライカM10』・レンズ(ライカサポートセンター) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(Theory)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(edit & co.)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉)、カメラ『ライカM10』・レンズ(ライカサポートセンター) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートのシアリング面を表に。色なじみのいいストールで動きを出して、白スニーカーで抜け感をつくると軽やかな洗練バランスが完成します。

【2】グレーコート×白ストール×白ニット×黒パンツ

コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートと大判ストールの合わせ技で、アクティブな日の寒さ対策を施した、ベージュグラデ×濃グレーの細身パンツコーディネート。ストールは大判サイズでも素材がしなやかなので、きゅっと巻けるのがうれしいポイントです。

【3】グレーコート×白ストール×グレーニット×ライトブルーパンツ

コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)マフラー(チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)マフラー(チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

きちんと感を意識した休日のドライビングカジュアル。グレーニット×デニムという一見地味な着こなしも、白のニットマフラーを加えれば、華やぎを帯びてくるから不思議。ジャケット感覚で着こなせるグレーのPコートが大活躍。

【4】グレーコート×ファーストール×黒ワンピース

コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ワンピース/銀座限定(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ストール(トラデュイール)、グローブ(キートン銀座店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーククロス〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ワンピース/銀座限定(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ストール(トラデュイール)、グローブ(キートン銀座店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーククロス〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

グレーのジャケットコートにレザーのワンピースや洗練度の高い黒小物を合わせた、パーティなど華やかな席にふさわしい装い。コートをクロークに預けた後、襟元に、ボリュームのあるファーストールを巻けば、アウターを脱いでも華やかさはキープ。

【5】グレーコート×白ストール×白ワンピース

コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)・ワンピース(コロネット〈アバティ〉)、ストール・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ワンピース(コロネット〈アバティ〉)、ストール・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ハイトーンのグレージュ色コートにホワイトのワンピースやストール、バッグをなじませてリッチに仕上げた装い。

【6】グレーコート×グレーストール×ライトグレーニット×白パンツ

ウールのコート(ブラミンク)、カシミアシルクのニット(トラデュイール)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ストール(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ウールのコート(ブラミンク)、カシミアシルクのニット(トラデュイール)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ストール(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡いグレージュのコートは、上品だけれど、ともするとコンサバティブで地味になりがち。ファー付きのグレージュストールで、ちょっと派手めなくらいのゴージャスさを加えて。

冬のグレーコートコーデの関連記事