英国の名品を紹介し続けてきたメンズプレシャスですが、意外にも、スポーツなど遊びについては触れて来ませんでした。英国は、サッカーや野球、モータースポーツなどさまざまなスポーツの発祥の地でもあり、きまじめに見えても、じつは英国は遊びの天才が多いのです。そんな英国スポーツの中で、私が熱い視線を注いでいるのがダーツ! これをスポーツと呼んでいいのかは賛否両論がありますが、世界大会が開催されているなど地球規模でメジャーなスポーツなのです。

ダーツの起源は古く、1455年のバラ戦争時代に兵士によって考えられたのが始まりと言われています。およそ30年もの間繰り広げられた覇権戦争、現場の兵士たちは暇だったんでしょうね。暇だから何かして遊ばない? そんな感じだったのでしょうか? 当時を知る人はいませんので想像の域を超えませんが、戦争中ヒマだったから生まれたのでは? と想像します。 ダーツの基本的なルールが作られたのは今からおよそ100年前、1920年頃になるようです。当初は相手より先に自分の持ち点、301点を0にするシンプルなゲームだけでした。いわば点数ゲームで無意識のうちに競ってしまうのが夢中になる理由のひとつですね。その後、大衆的なルールが作られたのは1980年に入ってからのこと。機械式(自動計算式)のダーツ台が投入されるようになってからは爆発的に競技人口が増えていきました。ダーツには2種類あり、ハードダーツ(ダーツの先がスチール製のダーツ)とソフトダーツ(ダーツの先がプラスチック製のダーツ)があり、現在の主流となっているのはソフトダーツ。安全面を考慮して増えていったそうです。

ソフトダーツにつていくつか紹介します

私が使用しているのは英国老舗ブランド「ユニコーン」のダーツ。創業当時からハード専用のダーツボードを作っている会社で、いまも世界中のダーツボードを手がけている老舗中の老舗。世界一ダーツがうまい英国人フィル・テイラーがかつて使用していたダーツセッティングをイメージ。まずは道具からこだわるのがポイント。英国である!というのが最大の理由です。今では過去のものになっているようですが、ダーツをたしなむ者なら、誰でも憧れるダーツ界の神様なのです。

 

 

こちらは、馴染みのダーツバーの店員さんが使用しているダーツ。世界大会や日本国内での優勝実績があるトップ女子プロ松本恵さん、通称メグを意識したダーツセット。彼女のファンということですべてを同じにしているようです。本人いわく「一目惚れしました!」とのこと。

 

 

 

日本で最高位モデルに位置するブランド「ジョーカードライバー」世界一値段が高いと言われているダーツで有名ですが、中にはウン100万と高額なものも存在します。匠の技術が集結したこのダーツは手触りがとにかくすごい!吸い付くように手に馴染む。他のダーツと比較しても輝きが格段に違います。

 

今回はダーツの触りについて紹介。ゲームなど詳しいことはまたの機会にお話させてください。