男性のファッションにおいて機能性は必然であり、その代表的なアイテムがワークウエアだ。とはいえ、ワークウエアそのものは不恰好なイメージが強く、お洒落とは無縁の存在であるが、フェンディにかかれば、野暮ったいワークウエアがファッションアイテムとして昇華するのだ。

野暮ったく見えないフェンディのワークジャケット

ワークウエアにはない軽やかさが魅力的!

フェンディのワークジャケット¥283,000(フェンディ ジャパン)
ジャケット¥283,000(フェンディ ジャパン)

張りのある薄手のコットンを使用したワークジャケットは、襟やポケットのフラップなどにゴートスエードを使用。少しオーバーサイズなシルエットやゆったりとしたラグランスリーブは可動領域が広く、ジャケットを着たままでも動きやすい。さらにエポーレットやフラップポケット、裾のドローコードなど随所にディテールを盛り込むことでワークテイストを表現しながらも、すっきりとした上品な佇まいはメゾンならではだ。

フロントのフラップポケットは取り外しが可能!

フェンディのワークジャケット フラップポケットを外すと、もう一つのポケットがお目見え。
フラップポケットを外すと、もうひとつのポケットがお目見え。

フラップ付きのポケットはジップで取り付けられて、容易に脱着が可能だ。荷物量に応じて変化させたり、ニュアンスとして楽しむのもよし。

インナーは極力シンプルにするのがコーディネートのポイント

フェンディのワークジャケットを使ったコーディネート
ジャケット¥283,000・ニット¥181,000・パンツ¥79,000・バッグ¥185,000・スニーカー¥79,000(フェンディ ジャパン)

ワークテイストなジャケットを品よく着こなすには、合わせるアイテムに極力シンプルなものを選び、男臭くしすぎないこと。ざっくりとしたオフホワイトのカシミアニットに薄手のコットンパンツを合わせれば春らしい軽さに加え、ジャケットのディテールを引き立てることが可能だ。小物にはスモールバッグやスニーカーなどを合わせてタウンユースに仕上げることにより軽快感のあるスタイルとなる。

以上、フェンディのワークジャケットを紹介した。春アウターの定番でもあるワークジャケットだからこそ、季節感を感じ上品かつ爽やかに着こなしたい。作業員的着こなしにならないように注意しよう。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

フェンディ ジャパン

TEL:03-3514-6187

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊