穏やかな春先はコート選びが楽しくなる季節である。スーツやジャケパンスタイルの上にさらりと羽織るだけでも見違える印象になる。着回しやバリエーションも豊富なスプリングコートの中からどのブランドを洗濯すれば良いのか?その疑問に答えるのなら、今季はマッキントッシュ1択だ。機能的なだけではなく洗練されたデザインや着た時のシルエットは誰もが納得するはずだ。

マッキントッシュのおすすめ春コート3選

■1:Tシャツの上にさらりと羽織りたい、1枚で様になるリネンコート

コート¥154,000(マッキントッシュ青山店)
コート¥154,000(マッキントッシュ青山店)

生地と生地の間に透湿防水フィルムを挟み込んだ新素材レインテックを組み合わせたリネン製のベルテッドコート「タイン」。スプリットラグランを採用したややゆとりのあるシルエットと長めの着丈が今の気分にマッチ。リネンの風合いを楽しめながらも、機能性に富んだコートは、シンプルにカットソーに合わせて気負いなく羽織りたい。

■2:オンオフ使える、ドレッシーなトレンチコート

コート¥127,000(マッキントッシュ青山店)
コート¥127,000(マッキントッシュ青山店)

定番モデルの「モンクトン」は、エポーレットやガンフラップなどのミリタリーディテールを削ぎ落としたモダンなトレンチコート。2020年の春は、ロロ・ピアーナ社のレインテックファブリック(表面に撥水防汚加工をした生地)の極細のSUPER150’sウールとナイロンを混紡した素材を初採用。コートとは思えない軽さと滑らかな肌触りを持ち合わせたドレッシーな表情が、春の装いを格上げする。

■3:アクティブなシーンに活躍するブルゾン

マッキントッシュのブルゾン
ブルゾン¥104,000(マッキントッシュ青山店)

ストレッチが効いた高密度のチノクロスを使用した「ラフォード」は、前面に大きく施されたカンガルーポケットが特徴的なアノラックタイプのブルゾン。ややゆったりとしたシルエットとドロップショルダーでリラックス感のある着心地ながら、フードや裾にはドローコードを用いることでスポーティな雰囲気が垣間見える。光沢感のあるネイビーカラーが春先のクルージングなどにぴったりな一着だ。

以上、マッキントッシュでおすすめのアウター3着を紹介した。英国を代表する老舗アウターブランドなだけあってどのアイテムも洗練されている。ブランドアイコンのゴム引きコートも魅力的であるが、朝夕の冷え込みが厳しい春先は、マッキントッシュの軽快なアウターでスタイルを変えて見るのもいいだろう。男らしさもグッとアップすること間違いなし!

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

マッキントッシュ青山店

TEL:03-6418-5711

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊