エルメスの2017年秋冬レディスシューズ期間限定ブティックが、伊勢丹新宿店本館2Fにお目見えします。

2017年8月8日(火)まで開かれている本ブティックの名称は、「SHOE me THE WAY」。シューズにフォーカスをあてたこの特別なブティックの様子を、現地より実況中継レポートします。

■1:期間限定ブティックの外観・内観は!?

©Hermès 遊び心あるブティック外観

伊勢丹新宿店の本館2Fにある婦人靴コーナーに向かうと、この期間限定ブティックに向けてエルメス仕様になった廊下が出現します。左右のショーケースにも秋冬の素敵な新作シューズが飾られ、否が応でも期待が高まります。

©Hermès この廊下を通って期間限定ブティックへ
伊勢丹新宿店のエルメス期間限定ブティック「SHOE me THE WAY」に向かう途中のディスプレイ
伊勢丹新宿店のエルメス期間限定ブティック「SHOE me THE WAY」に向かう途中のディスプレイ

今回のブティックの特徴は、「エルメスのアイコンモチーフ」を用いた靴が勢ぞろいしていること。アイコニックな靴だけがここまで一度に見られるのはあまりない、とても珍しいチャンスなのです。

伊勢丹新宿店のエルメス期間限定ブティック「SHOE me THE WAY」の外観

シンプルでスタイリッシュにつくられたブティックでは、靴を載せたボードがジャッキのようなツールで上下に動き、遊び心を感じさせる構造になっています。

■2:履きやすい上質フラット&ローヒールシューズたち

スリッポン¥137,000

こちらはバッグ「コンスタンス」の金具モチーフをあしらった、今年らしいスリッポン。ベーシックなベージュのインソールは、鮮やかな赤!

ローファー¥133,000

ゴールド色の「H」モチーフが光る黒ローファー。こちらはインソールがグリーンで、隠れたおしゃれセンスを感じさせます。

モカシン¥144,000

メタリックなカーフレザーには、シルバー色の金具が。こちらの金具は、言わずと知れた名バッグ「ケリー」から着想を得たもの。

フラットパンプス¥121,000

エルメスのシューズ部門クリエイティブ・ディレクターのピエール・アルディが、1996年に自分の名前から名づけた、ファッションアクセサリーのためにデザインしたバックル「アピ(Hapi)」。このアピをあしらったフラットパンプスもお目見えしていました。スエードではなく「起毛レザー」と呼ばれる細やかな起毛は、山羊革(シェーブルレザー)ならではの上質な質感。鮮やかなカラーも魅力的です。

フラットパンプス¥112,000

こちらはメタリック。同じ型でも色と素材が変わると、まったく違う表情に。インソールの中にはクッションが収められ、履き心地のよさにもこだわっています。

■3:ブーツが一挙勢ぞろい! 秋冬の話題の的・ロングブーツも

今回のブティックでは、ブーツも必見。フラット&ローヒールシューズど同じく、アイコニックなモチーフを使用したブーツが、素材や色さまざまにお目見えしています。

伊勢丹新宿店のエルメス期間限定ブティック「SHOE me THE WAY」に登場するブーツ。これでも一部!
ロングブーツ¥317,000

この数年はショートブーツやブーティが人気でしたが、今年はロングブーツ人気が再燃するといわれています。エルメスらしい滑らかなベージュなら、秋口から3シーズンは活躍してくれそう。

「ケリー」のバッグルモチーフ

ベージュに「ケリー」なゴールドの金具が上品なアクセントに。さり気なく、かつ唯一無二の存在感を放っています。

左/ショートブーツ<ローヒール>¥186,000 右/ショートブーツ<ミドルヒール>¥250,000

ベーシックな黒にシルバーの「ケリー」金具がスパイシーに輝く、黒の短めブーツ。ローヒールならマニッシュに、ミドルヒールならエレガントな印象です。

ショートブーツ<スエード>¥186,000

ブーツの色が黒からネイビーに、素材が表革から起毛レザーに変わっただけでも、こんなにイメージが変わります。ほかのバリエーションもあるので、選ぶのに迷ってしまいそう。

ショートブーツ¥149,000

「アピ」の金具をあしらったショートブーツも登場。沈みがちな赤も、起毛レザーならクリアな発色。

ショートブーツ¥159,000

同じ起毛レザーの黒のタイプは「アピ」の金具がジュエル仕様に。シンプルな黒ブーツが艶めかしく輝きます。

Precious.jp編集部がおすすめしたいシューズをピックアップしてご紹介しましたが、いかがでしたか? エルメスの職人の技を堪能できるバリエーション豊かなラインナップの中から、最愛の1足を見つけることができるこの期間限定ブティック。エルメスの靴が気になる、モチーフアイテムが好き、ブーツに目がないという人は、ぜひこの機会にお店に訪れてみてください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子