年齢とともに気になってくるたるみやほうれい線など、“老け顔”の悩み。シワひとつで、印象がずいぶん変わってくるものですよね。

そんな“老け顔”の悩みを解消するカギが“頭筋”です。じつは、頭には足裏のようにいくつものツボや反射区があり、頭皮をマッサージするだけで、全身のケアができるといわれています。

なかでも、たるみやほうれい線など、老け顔の悩みは頭の筋肉と直結しています。頭の筋肉が顔の筋肉を支えているため、特に効果が高く現れやすいのです。

では、表情筋のリフトアップのためにほぐすべき頭筋のポイント4つをご紹介しましょう。

額の横ジワに効く「頭頂部」とまぶたのたるみに効く「前頭部」はココ!

■1:額の筋肉を引き上げる「頭頂部」の筋肉

額の筋肉を引き上げている部分なので、ココがこると額の横ジワが出現します。コリは血行不良からくるものですが、脳の疲労からもコリは発生します。たとえば、頭頂部は物事をロジカルに考える人が酷使する部分。まじめな人に頭頂部の疲れは現れやすいそう。ここをほぐすと「額の横ジワ」に働きかけることができます。

■2:額とまぶたのたるみに効果的な「前頭部」の筋肉

額の筋肉とつながっているのが、この前頭部の筋肉です。前頭部は前頭葉のある部分。前頭葉は思考を司る働きがあり、考え事が多い人が最も影響を受けやすいといわれています。ここをほぐすことで、「額の横ジワ」、そして「まぶたのたるみ」にも効果が感じられます。

フェースラインのたるみに効く「側頭部」とクマに働きかける「後頭部」

■3:フェースラインを引き上げる「側頭部」の筋肉

ほうれい線やフェースラインのたるみ、口角の下がりを引き起こしているのが側頭部のコリ。ここがこる大きな要因は食いしばりなど、奥歯をかみしめるクセだそう。そのため、我慢強い人やストレスフルな人はここがこりやすいとのこと。

側頭部をしっかりほぐせれば、「フェースラインのたるみ」や「ほうれい線」、「口角の下がり」など、顔全体の印象を左右するたるみに働きかけます。顔の印象が10歳は若返りますよ!

■4:まぶたのたるみに働きかける「後頭部」の筋肉

パソコンなどで目を酷使している人ほど硬くなりやすく、コリとなって現れる部位が「後頭部」。ここのコリが、眼精疲労はもちろん、まぶたが重たく感じられる原因です。

また、実は後頭部が前頭部をしっかりと引き上げて固定しているので、額の横ジワなどに影響することも。後頭部のコリをほぐすことで、「まぶたのたるみ、むくみ」や「クマ」を解消することができます。

 

以上、顔の印象を大きく左右する頭筋4つのポイントをご紹介しました。頭皮マッサージの効果に注目し“深頭筋マッサージ”を考案したヘッドセラピストの山本幸恵さんは、こう説明します。

「筋肉には境目がなく、頭の筋肉と顔の筋肉はつながっています。これらの筋肉は、どうしても年齢とともに衰えて、弾力を失います。この筋肉の弛緩力の低下が顔のたるみと直結しているのです。でも逆にいえば、頭の筋肉のハリが戻せれば、顔も弾力が戻り、リフトアップしていくということです」(山本さん)

さらに、それ以外にも老け顔の要因となる問題があるそう。

「現代人はとにかく脳をフル回転させているので、脳も疲労困憊に。この疲労が、実はコリとして頭に現れてくるのです。このコリを放置していると、筋肉が緊張して血流が悪くなり、むくみへとどんどん重症化していってしまうのです。筋肉の老化と脳疲労のふたつが頭のコリを生み、老け顔をつくっていくのです」(山本さん)

知らないうちにコリがたまっていく頭皮を上手にもみほぐし、顔の印象をぐっと若返らせましょう!

PROFILE
山本幸恵さん
深頭筋ヘッドセラピスト。テレビやCM、製品開発などで幅広く活躍中。3万人以上の頭皮を見てきた経験から、独自の「深頭筋マッサージ」を開発。著名人からの指名も多い、隠れ家サロンを主宰。
オフィシャルサイト
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious7月号』小学館、2017年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
かくたりかこ
EDIT&WRITING :
長田和歌子、佐藤友貴絵(Precious)