ダーツは真ん中が高得点!?

世界大会でも使用されるもっともポピュラーなソフトダーツマシン、フェニックス社製品。

ダーツの得点板は、真ん中の点数が一番高い!?

いえ! それは間違った知識です。まずは盤面のみかたについて知っていただかなくてはなりませんね。まず盤面の外周に沿って書かれた1から20までの数字をナンバーと呼びます。これは世界共通のルールで、どのダーツでも同じ。数字の並びはイギリスで考案されたものだそうです。

中心にある小さな赤と黒の部分、これをブルと呼びます。なぜ真ん中が2色に分かれているのかというと、黒い箇所をインナー(インブル)、と呼び点数は50点、さらにその外側の赤いところをアウター(シングルブル)と呼び、点数は25点となります。現在主流の、ソフトダーツを使ってプレイする場合、加点を競うカウントアップや、最初の持ち点を減らすことを競う01は、ゲームを面白くするため、真ん中すべてを50点と決めています。つまり、その場合、真ん中は色にかかわらず、50点ということになり、一見、真ん中の点数が一番高いように見えますよね。

ちなみにダーツの世界において、真ん中に投げるのは基本中の基本。実は、ブルに入れることが最も簡単なので、後述するダブルとトリプルの場合は、練習を積まないと、入れることは難しいのです。ナンバーの少し内側の黒い箇所、こちらはアウトボードといい、0点となりますのでご注意を。では、ダブルとは何か? トリプルとは何か? 真ん中より高得点の場所があるのか? 簡単に紹介します。

ダブルとは?

いちばん大外枠の部分。ダーツが刺さっているマスの部分をダブルと呼びます。

ダブルはシングルとアウトボードに挟まれていて、基本ナンバー×2倍のポイントが加算。上の写真の場合、20ナンバーのダブルに刺さっているので、この得点は40点となります。

トリプルとは?

ダーツが刺さっている小さいマスの部分をトリプルと呼びます。

基本ナンバー×3倍のポイントが加算。この写真場合、20ナンバーのトリプルに入っているので点数は60点となり、ダーツの中で最も高い点数となります。

両隣は、1から3点、5から15点と、得点がとても低く設定されています。ここに狙って投げるのがハイリスクな場所ですね。もうお気づきかもしれませんが、20の他に19、18、17のトリプルも、50点を獲得できる真ん中よりも、高い得点を得られる場所になります。20のトリプルに3本入れば180点、ブルに3本入っても150点なので、その差は歴然です! また、ブル、ダブル、トリプル、アウトボード以外のところをシングルと呼び、基本ナンバーの点数のみ加算されます。

ダーツの点数の仕組みは上記のようになっています。盤面が細かく分かれているのには、きちんと理由があるのです。真ん中より得点が高くなるカラクリも、これで理解していただけたのでは? これさえ覚えておけば、スマートに点数計算ができますね。仲間内でダーツに出かけたときなど、ちょっと上をいく基本知識です!

次回は、クリケットについて紹介します。