日本は車体の大きさの関係で、3列シートのSUVが少ない。逆に、アメリカでは3列が当たり前。新たに日本での発売が始まったXT6もそうで、多人数で乗り、旅やアウトドア・アクティビティなど、様々な目的に対応する実用性を備える。アメリカ車独特の、ゆったりとした乗り味もたまらない。

快適な3列6人乗りSUV

キャデラックの3列SUV「XT6」全長5060ミリ、全幅1960ミリ、全長1775ミリ。
全長5060ミリ、全幅1960ミリ、全長1775ミリ。

男は、サビルローのスーツも、リーバイスのジーンズも、ともに好む。SUVでいえば、レンジローバーの優雅さも好きだし、いっぽう、キャデラックの快適さも見過ごせない。

2019年に日本発売された「キャデラックXT6」は、パッケージングのよさを追求したオーセンティックな機能主義的デザインに、ハイテク技術が組み合わされている。

全長5060ミリのボディは、メルセデス・ベンツGLEより少し大きい。最大の特徴のひとつは、3列6人乗りと、多人数で使えるシートアレンジメントだ。

2列めシートは、両側にアームレストを備えたいわゆるキャプテンシート。左右席のあいだが通路になっていて、車内から3列めへと移動することもできる。主市場の米国では、3列シートでないとSUVは売れないとまで言われているほどで、マーケットニーズに適合したプロダクトなのだ。

3649cc V型6気筒エンジンは、最高出力231kW(314ps)@6700rpm、最大トルク368Nm@5000rpmを発生。意外なほど高回転型である。これにフルタイム4輪駆動システムの組合せだ。

装備充実で買い得感あり!

アダプティブクルーズコントロール、前後歩行者対応オートマチックブレーキ、レーンキープアシストなどが標準装備。
アダプティブクルーズコントロール、前後歩行者対応オートマチックブレーキ、レーンキープアシストなどが標準装備。

運転すると、ドイツ車とはちがう乗り味。ちょっとふんわか、車体が上下動する。ダンパーの設定のせいだろうか。カーブ(けっこう得意)を曲がっているときも、それなりに車体はロールするけれど、不安定さはいっさい感じない。

ステアリングホイールを操作したときの操舵感覚は、ドイツのSUVのような”かたまり感”のような、やたらとするどい反応ではない。すこし反応がスロー。それはそれで、運転がしやすく、慣れると(すぐ慣れる)とドライバーも快適だ。

ダッシュボードまわりのデザインは、プレミアムクラスのセダン、キャデラックCT6に準じている。レザーやウッドを多用して、レイヤーのように異素材を重ねてみせるという、独特のデザインだ。

ゼンリンの市街図とオンラインVICSのデータを組み合わせた、クラウドのマップを使ったナビゲーションシステム搭載という新世代のインフォテイメントシステムなど、技術は新しい。

カメラ(リアビューもカメラが使える)、グラスルーフ、BOSEの「Performance Series」サラウンドサウンド14スピーカーシステム、「DR(自律航法)マップマッチング対応クラウドストリーミングナビ」、20インチホイールなど、ほぼすべてが標準装備で、価格は870万円。けっこうお買い得なのだ。

3列および2列目シートのバックレストを倒すと積載容量はとても大きい。
3列および2列目シートのバックレストを倒すと積載容量はとても大きい。

問い合わせ先

ゼネラルモーターズ・ジャパン

TEL:0120-711-276

この記事の執筆者
自動車誌やグルメ誌の編集長経験をもつフリーランス。守備範囲はほかにもホテル、旅、プロダクト全般、インタビューなど。ライフスタイル誌やウェブメディアなどで活躍中。
TAGS: