世界の名パティスリーの洋菓子や、人気の定番菓子まで、トレンド性の高いスイーツが多く販売されている、東京・伊勢丹新宿店 本館地下1Fの「カフェ エ シュクレ」。

そんな「カフェ エ シュクレ」内に、2020年3月31日(火)、新たなスイーツブランドとして、洋菓子でフルーツの可能性を広げるフルーツキッチン「ポモロジー(POMOLOGY)」がオープンします。

旬のフルーツ本来の美味しさたっぷり!「ポモロジー」のスイーツ

スイーツ_1,いちご_1,手土産_1,ショップ_1,東京_1
旬のフルーツをたっぷり使ったスイーツが楽しめる「ポモロジー」

この「ポモロジー(POMOLOGY)」とは、もともと「果実学」を意味する単語。「旬のフルーツ本来の、自然な甘みを最大に引き出す菓子づくり」を目指したポモロジーは、まさに、フルーツのことを知り、学び、そして極めたお店なんです。

ひとつひとつの素材や、できあがりの見た目や食感にもこだわり尽くしたスイーツが満載のポモロジー。さっそくご紹介しましょう。

■1:看板メニューは数量限定販売!季節のフルーツを使った「パブロバ」

スイーツ_2,いちご_2,手土産_2,ショップ_2,東京_2
「とちおとめのパブロバ」¥756

看板メニューとなる「パブロバ」は、低温でじっくりと焼き上げたメレンゲに、季節のフルーツを合わせた新感覚のスイーツです。いちごのおいしい春には「とちおとめのパブロバ」が登場しますよ。

独特の軽やかな食感を保つために、毎日15時以降に数量限定で販売されます(※販売時間は変更の場合あり)。「その時」しか味わえないおいしさと食感を、ぜひ楽しんでみてください。

■2:畑の状況に合わせて主役のフルーツが入れ替わるケーキやタルト

スイーツ_3,いちご_3,手土産_3,ショップ_3,東京_3
ポモロジー各種 ¥756〜、タルト各種 ¥702〜

ポモロジーの魅力は「パブロバ」だけではありません。シフォンケーキのようなしっとりと軽い食感のショートケーキ「ポモロジー(POMOLOGY)」や、フルーツロール「ポモ(POMO)ロール」などといった生菓子も、ショーケースを彩る主役のひとつ。

こちらの生菓子は、フルーツ畑の状況に合わせて、主役のフルーツが入れ替わるそう。時には「週ごと」に品種が変わるため、いつでも旬のフルーツが楽しめます。

また、果物本来の甘みを引き出すため、卵の配合を増やし、沖縄県産の「本和香糖」で甘さ控えめに仕上げた特製のスポンジや、マスカルポーネチーズで甘さを抑えたクリームなどを使用しているそうですよ。

あくまでも主役はフルーツ。旬のフルーツが一番おいしく楽しめる素材選びが、ポモロジーのこだわりです。

■3:手土産にもぴったりなフルーツを使った焼き菓子

スイーツ_4,いちご_4,手土産_4,ショップ_4,東京_4
「クッキーボックス レモン」¥1,620、「クッキーボックス フィグ」¥1,728、「クッキーボックス ベリーズ」¥1,728

さらにポモロジーでは、焼き菓子も販売します。国産小麦とフルーツを使った3種類のクッキー、「クッキーボックス レモン」「クッキーボックス フィグ」「クッキーボックス ベリーズ」は、手土産にも好適です。

定番の素材に加え、新しい食感や素材にも挑戦し、フルーツとお菓子の可能性を広げることを目指したお菓子です。

スイーツ_5,いちご_5,手土産_5,ショップ_5,東京_5
バッケージデザインはイラストレーターの三宅瑠人氏によるもの

また、ポモロジーのパッケージデザインを手がけるのは、グッチ(GUCCI)などのファッションブランドや、雑誌などの様々な媒体で活躍するイラストレーター、三宅瑠人(みやけ・りゅうと)氏です。 

スイーツ_6,いちご_6,手土産_6,ショップ_6,東京_6
外箱や紙袋にもスイーツの数々がデザインされていて、食べ終わったあともとっておきたくなりますね

洗練されたデザインがあしらわれたポモロジーのお菓子は、ギフトにもぴったり。贈る側も、貰う側も、心が華やかな気分になりそうです。


ポモロジーは、「都市生活者にとってフルーツは最も身近な自然のひとつ」をコンセプトとしており、季節の花を飾る感覚で、食べごろのフルーツを集めてつくったお菓子を手にして欲しいとのこと。

行くたびに違った旬のフルーツが楽しめるポモロジー。みなさんも、今が旬のフルーツを味わいに、伊勢丹新宿店へ足を運んでみませんか?

※掲載した商品の価格はすべて税込です。

問い合わせ先

  • ポモロジー
  • 営業時間/10:00〜20:00(営業時間・定休日は伊勢丹新宿店に準ずる)
  • TEL:03-3352-1111(伊勢丹新宿店 代表)
    住所/東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館地下1F カフェ エ シュクレ内

この記事の執筆者
フリーランスの編集者・ライター。システムエンジニア、プログラマ経験を経た後、2015年にフリーランスの編集者・ライターとして、大きく仕事を転向。その後、子育てメディアのコラム執筆や、グルメやスイーツ、ライフスタイルの記事執筆・編集を中心として活動している。二児の母。茨城県民。好きなもの:激辛の食べ物、麺類、インターネットとゲーム。苦手なものは虫。
Twitter へのリンク