「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の定番ドーナツ「オリジナル・グレーズド®」が自宅で新しいスイーツに生まれ変わる!

カラフルでおいしいドーナツの並ぶ「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。その中でシンプルながら不動の人気を誇るのが、こちらの看板商品「オリジナル・グレーズド®」です。

スイーツ_1,いちご_1,アイスクリーム_1,レシピ_1,ホームパーティー_1
ドーナツを甘いグレーズ(砂糖)でコーティングした「オリジナル・グレーズド®」¥160(税抜)

1937年に誕生以来、82年間変わらぬレシピでつくり続けられてきたオリジナル・グレーズド®。しかし、そのレシピは世界中で数名しか知らない、秘伝のレシピなのだそうです。

口の中に入れるとふわっと柔らかく、とろっと溶けてしまうような、ほかのドーナツにはない食感が魅力的ですよね。

そんなオリジナル・グレーズド®は、もちろんそのまま食べてもおいしいのですが、アレンジすると新感覚のスイーツへと生まれ変わるのだとか。

スイーツ_2,いちご_2,アイスクリーム_2,レシピ_2,ホームパーティー_2
「料理創作ユニットGoma」(左から)アラキミカさん、中村亮子さん

今回オリジナル・グレーズド®のアレンジレシピ提案するのは、アラキミカさん、中村亮子さんからなる「料理創作ユニットGoma」。

まるでカフェで提供されるメニューのようにオシャレなスイーツから、小さな子どもが喜びそうなかわいらしいスイーツまで、「料理創作ユニットGoma」が提案する5種類のアレンジレシピをご紹介いたします。

料理創作ユニットGoma考案!「オリジナル・グレーズド®」のアレンジレシピ5選

■1:まるでカフェスイーツのような「ドーナツワッフル」

スイーツ_3,いちご_3,アイスクリーム_3,レシピ_3,ホームパーティー_3
まるでカフェスイーツのような「ドーナツワッフル」

まずは、まるでカフェでいただくスイーツのような「ドーナツワッフル」です。トッピングをあらかじめ用意してから、オリジナル・グレーズド®を予め予熱したワッフルメーカーの鉄板に乗せてプレスし、好みの焼き色になるまで焼くだけ。

焼き色はお好みでOK。長く焼けば焼くほど、表面がカリッと焦げて、より食感が楽しめるワッフルになるそうですよ。

季節のフルーツや、泡立てた生クリームなどを添えれば、おうちカフェが楽しくなりそうですね。オシャレなモーニングにもおすすめなのだとか。

ちなみにこちらでワッフルに添えられている「いちごのプレザーブ(果物の形をそのまま残したジャム)」や、「バナナのソテー」なども簡単につくることができます。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Gomaのドーナツアレンジレシピ「ドーナツワッフル」詳細はコチラ

■2:日本茶とも相性抜群な「和風ドーナツ団子」

スイーツ_4,いちご_4,アイスクリーム_4,レシピ_4,ホームパーティー_4
まさかドーナツがお団子に!「和風ドーナツ団子」

シンプルなドーナツが和風のお団子に変身するこちらのレシピ。

オリジナル・グレーズド®を6等分し、1個なら500Wの電子レンジで30秒、2個なら50秒温め、表面の糖衣を溶かします。竹串に3つずつ刺し、炒ってから擦った黒ごまや、しょうゆ・みりん・砂糖・片栗粉でつくった「みたらしあん」に絡めればできあがりです。

コツはドーナツが熱々のうちに味付けすること。日本茶のお茶請けにもぴったりな、和風お団子の完成です。

Gomaのドーナツアレンジレシピ「和風ドーナツ団子」詳細はコチラ

■3:ホームパーティーに喜ばれる「フルーツドーナツサンドイッチ」

スイーツ_5,いちご_5,アイスクリーム_5,レシピ_5,ホームパーティー_5
断面が華やかな「フルーツドーナツサンドイッチ」

ドーナツを横半分にスライスし、クリームやフルーツを挟んだ「フルーツドーナツサンドイッチ」。

こちらのレシピで提案しているサンドイッチには、クリームチーズに、グラニュー糖、生クリームを加えた、チーズ風味のクリームを使用しています。もともとドーナツが甘いため、甘すぎないクリームや、甘酸っぱいフルーツとの相性もよさそうです。

半分にカットしたときに断面にフルーツが見えるように並べるのがコツなのだそう。上手に半分にカットすれば、見栄えが華やかなサンドイッチの完成です。ホームパーティーなどでも喜ばれそうですね。

サイトでは、いちご&クリームチーズ、ブルーベリー&クリームチーズ、オレンジチョコ、りんごカマンベールの4種類のレシピをご紹介しています。

Gomaのドーナツアレンジレシピ「フルーツドーナツサンドイッチ」詳細はコチラ

■4:見た目はアイス、食感はドーナツ!?「ドーナツアイスバー」

スイーツ_6,いちご_6,アイスクリーム_6,レシピ_6,ホームパーティー_6
アイスなのにドーナツの食感が楽しめる「ドーナツアイスバー」

こちらは新感覚の冷菓「ドーナツアイスバー」です。見た目はアイスなのに、ドーナツの食感が楽しめるスイーツなんですよ。

とてもおしゃれなスイーツですが、つくり方は意外と簡単。オリジナル・グレーズド®と、ベースの味となるアイスクリーム、フルーツなどの具材をボウルで混ぜ、アルミホイルに包んで一晩冷やして固めただけなんです。

コツは表面に飾る具材はきれいな断面になるようにカットしておくことと、アイスは手早く混ぜること。どんどん暖かくなる季節に、ぴったりなスイーツですね。

サイトに掲載されているレシピは、チョコオレンジミントバー、抹茶バナナいちごバー、チョココーヒーマシュマロバー、アップルシナモンバーの4種類です。

Gomaのドーナツアレンジレシピ「ドーナツアイスバー」詳細はコチラ

■5:4段重ねの盛りスイーツ「ドーナツタワー」 

スイーツ_7,いちご_7,アイスクリーム_7,レシピ_7,ホームパーティー_7
スライスしたドーナツを4段重ねにした「ドーナツタワー」

最後に、ドーナツが山積みになった「ドーナツタワー」をご紹介。これは横半分にスライスしたドーナツと生クリーム、フルーツの順番で重ねるだけ。仕上げに表面を生クリーリームでデコレーションしたり、アラザンを振ったりするとおしゃれに見えますよ。

パンケーキタワーならぬ、ドーナツタワー。崩さないように食べるのに、ドキドキしてしまいそう。小さなお子さんがいるご家庭なら、一緒に積み上げてつくるのも楽しそうですね。

Gomaのドーナツアレンジレシピ「ドーナツタワー」詳細はコチラ


スイーツ_8,いちご_8,アイスクリーム_8,レシピ_8,ホームパーティー_8
オリジナル・グレーズド®をユニークにデコレーションした「オリグレ百面相」

ほかにもオリジナル・グレーズド®をチョコペンやお好みのお菓子で飾れば、こんなユニークなスイーツ「オリグレ百面相」に大変身。

シンプルだからこそ、アイデア次第で十人十色のスイーツをつくることのできるオリジナル・グレーズド®。ちょっとした工夫を加えて、おうちカフェをもっと楽しく過ごしてみませんか?

問い合わせ先

クリスピー・クリーム・ドーナツ

TEL:0570-00-1072 受付時間/9:30~17:30(土日祝日・年末年始を除く)

この記事の執筆者
フリーランスの編集者・ライター。システムエンジニア、プログラマ経験を経た後、2015年にフリーランスの編集者・ライターとして、大きく仕事を転向。その後、子育てメディアのコラム執筆や、グルメやスイーツ、ライフスタイルの記事執筆・編集を中心として活動している。二児の母。茨城県民。好きなもの:激辛の食べ物、麺類、インターネットとゲーム。苦手なものは虫。
Twitter へのリンク