「シワになりにくい」「下着が透けない」「ボディラインが目立たない」といった、「白を着る日」ならではのストレスも回避する真夏の白コーデを、毎日紹介しているこちらの企画。暑苦しい夏を快適に美しく過ごすには、快適で着回しやすい、「白」のもつ爽やかなパワーを借りるのがいちばんです!

【8月17日(木)ってどんな日?】

記念日…プロ野球ナイター記念日、パイナップルの日
誕生花…ベルガモット
1948年のこの日、横浜ゲーリック球場(現・横浜スタジアム)で日本初のナイトゲーム・巨人対中部(現・中日)戦が行われました。その後、「ナイター」という言葉も定着し、日本プロ野球におけるナイトゲームが一般化していったのです。

シンプルなデニムスタイルには、細身のウエッジサンダルで女らしさを

バッグ ¥138,000( J&Mデヴィッドソン青山店)、 靴¥63,000(JIMMY CHOO)

料理教室には、爽やかさを感じるカジュアルなコーデで

主人公は、海辺の自宅と都会の仕事場を行き来する女性。カジュアル・リッチな「白の1か月コーディネート」、今日は17日目です。

8月半ばを過ぎても、厳しい暑さが続く毎日に、体も少々お疲れ気味のご様子。そこで、フードコーディネーターの主人公が開催する料理教室では、短時間で作れる夏バテ解消メニュー中心のラインナップを提案しています。多くの人が集まる教室内では、ノーカラーのストライプオーバーシャツをワイドデニムにさらりと合わせ、肩の力の抜けた爽やかなホワイトカジュアルを堪能。シンプルなデニムスタイルには、細身のウエッジサンダルなど、どこかに女らしさを残すことを忘れないで。白からブルーの涼感漂うグラデーションを頼りに、目がくらむような外の暑さをなかったことにしてしまいましょう!

今日のメイン白アイテムは「2.ストライプ柄のコットンシャツ」です

2.ストライプ柄のコットンシャツ¥69,000(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)

ピッチの異なるブルーストライプに白の前立てとカフスが爽やかなコットンシャツ。一見シャープで辛口の印象ですが、ドロップショルダーや長めの着丈、緩やかに広がるベルスリーブなど、リラックスムードも満載です。

このアイテムを使った別日のコーディネートはこちら
8/8のコーデ

合わせたのは、ワイドウォッシュデニム

ワイドウォッシュデニム¥49,000(ヤコブ コーエン GINZA SIX)

白にちょうどなじむのは、絶妙なウォッシュ加工が施されたソフトな感触のブルーデニム。落ち感のあるワイドシルエットには美脚効果もあるのです。
このアイテムを使った別日のコーディネートはこちら
8/3のコーデ

PROFILE

立野リカさんが演じる主人公女性
東京の広告代理店に勤めるも、以前から興味のあったフリーランスのフードコーディネーターに転職。L.A.留学で、オーガニック料理や最新のマクロビオティックの知識を深める。現在は地元の湘南に自宅兼スタジオを構え、レストランやカフェのレシピ考案や料理教室、ケータリング業など多岐にわたって活躍。夫と愛犬と暮らす湘南の自宅と、東京を行き来するデュアル・ライフスタイル。

※価格はすべて税抜です。

PHOTO :
佐藤 彩
STYLIST :
大西真理子
EDIT&WRITING :
廣田沙羅・竹市莉子(HATSU)、喜多容子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦