フィレンツェのシンボルをあしらった新コレクションがデビュー!

リボンをモチーフにした「ヴァラ」、イタリア語でつり針や鉤形フックなどの金具を意味する「ガンチーニ」。ブランドの名前を聞いたらだれもが思い浮かべるこれらのアイコンを、腕時計にも積極的に取り入れてきたフェラガモ。しかし今年は、ブランドを語るこの二大アイコンには頼らない、まったく新しいウォッチコレクションを発表しました。その名は『ジリオ』。「ジリオ」というのは、創業の地であり現在も本店を構える、イタリア・フィレンツェのシンボルである百合の花を指すイタリア語です。

2008年から本格的にウォッチメイキングに着手したフェラガモ。カジュアルな雰囲気のなかにも、名門トータルファッションメゾンの品格がさりげなく漂います。

『ジリオ』¥215,000(サルヴァトーレ フェラガモ)ケース:SS、ケース径:32㎜、ブレスレット:SS、ムーブメント:クオーツ(税抜)

フィレンツェのシンボル「ジリオ」モチーフをちりばめて

12時と6時位置のインデックスを取り囲むような曲線、そしてケースとブレスレットをつなぐラグの部分で、「ジリオ」を表現。この、ステンレススチール×バングルブレスレットのほか、イエローゴールドカラーのケースとブラックレザーの組み合わせのバリエーションもラインナップ。

問い合わせ先

PHOTO :
武田正彦
EDIT&WRITING :
岡村佳代、吉川 純(Precious)