40代〜50代女性のリップケアは、もはや保湿するだけのリップクリームでは、若返りは見込めません。唇はもちろん、口周りは目元と同じくらい皮膚が薄いといわれている繊細=老化ゾーンで、潤いも抱え込みにくいし、ハリも衰えやすいのです。

輪郭どおりにリップラインを描くと、唇の形がゆがんで見える……。それは唇を囲む口輪筋が衰えている証拠。これは口周りのハリが低下し、皮膚も薄くなっていくため、ピンと張った状態を保てなくなるからです。さらに進行すると〝梅干しジワ〟と呼ばれる唇の周りを囲むようにできる縦ジワも出現します。

また、口角の位置によってその人の印象は大きく左右されます。口角が上がっていれば幸せそうに見えるし、下がっていると不満顔に。口角が下がる原因は、口輪筋とつながっている口角下制筋の衰えにあります。マリオネットラインの位置にあり、あごや首の筋肉ともつながっているので、輪郭や首のたるみにも大きく関与します。

必要なのは一時的な潤いを与えるだけではなく、唇も口周りも内側からパンとふくらむハリをつくる、エイジングケア成分をたっぷりと含んだ専用アイテム。一刻も早く「幸せ顔」へと立て直すには、斬新なアプリケーターやマッサージツールが付いた、機能性の高いコスメを活用するのが賢い選択です。

今回使用したゲランのリップ美容液は、口元のエイジングケアのために開発されたアイテム。唇、口周りをマッサージしやすいアプリケーターを備え、口周りのケアに最適です。

■1:唇のシワをのばすように左右にマッサージする

唇の上側も、下側も

まず、美容液を唇とその周りの口元全体になじませましょう。そして唇のシワをのばすようにアプリケーターを左右に動かし、浸透させます。

■2:口角を起点に、頬の肉を持ち上げるように動かす

 

口角の引き上げに関わる表情筋=大頬骨筋、小頬骨筋をほぐして柔軟にする動作をしましょう。引き上げ力が強まり、1回で口角の位置が上がります。

■3:唇の輪郭に沿って時計回りに滑らせる

 

唇と肌の境目にできる縦ジワ=梅干しジワをケアします。同時に美容液を浸透させ、唇をぐるりと囲むように存在する口輪筋のマッサージにもなります。

リップクリームだけでなく、優秀な口元専用美容液を使って、口元の若返りを目指しましょう!

ハチミツやロイヤルゼリーなど、ダメージ修復効果の高い蜂由来成分をたっぷりと配合したスマイルゾーン専用美容液。ゲラン アベイユ ロイヤルリップライン トリートメント(15ml ¥10,000/税抜)
PHOTO :
鈴木 宏(人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物)
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
真樹麗子(Precious)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、長田和歌子、五十嵐享子・佐藤友貴絵(Precious)