1907年にフランス、グルノーブルで創業。109年の歴史をもつウィンタースポーツ用品ブランド・ロシニョールが、2016年秋冬よりタウンユースのウエアコレクション「ロシニョールアパレル」をウィメンズ、メンズともにスタート。

ロシニョールアパレル ウィメンズ、メンズ

トリコロールの雄鶏マークに見覚えがある人も多いでしょう。サッカーなどのフランス代表チームのユニフォームにあしらわれているこのマークは、限られたブランドのみが使用できるフランス政府公認の証。ロシニョールは1961年にフランス政府公認のスキー用品ブランドとなり、雄鶏マークの使用を許されました。

フレンチアルプスの麓の町に本拠地を置くだけに、プロユースのスキー用品には定評のあるロシニョール。その信頼の機能をファッショナブルにアレンジしたロシニョールアパレルのウエアは、暖かく頼もしいだけでなく、おしゃれの刺激をも与えてくれるもの。

ウィメンズのアウターで¥79,000~¥190,000、メンズで¥66,000~¥190,000が中心。

イエローゴールドやライトブルーのメタリック素材を大胆に取り入れたり、贅沢な真っ白のファーをジレに仕立てたり…スキー場で着るだけではもったいないほど新鮮です。都会からスノーリゾートへ、ゲレンデからアフタースキーへと、空間と時間を移動しながら冬を楽しむ。ウィンタースポーツが本来もっていた贅沢を、ロシニョールアパレルのウエアが叶えてくれるのです。

2016年中には、シャモニー、メジェーヴ、クールマイユール、クラン・モンタナ、コルティーナ・ダンペッツォ、サンモリッツなど、錚々たるヨーロッパのスノーリゾートに、6店舗のブティックをオープン。日本でも同年10月から12月にかけて、全国でポップアップストアが開催されました。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.7.2 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/吉川 純(LIVErary.tokyo)