2020年7月1日(水)から実施されるレジ袋有料化。スーパーに行くたびにいよいよ、と意識するこの頃ですが、今さらながらこの施策の目的はーー、そう「海洋プラスチックゴミを減らすこと」です。

2050年までに海洋プラスチックごみの流出をゼロに削減することが世界共通の目標として共有され、 日本でも「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」のひとつとして、 レジ袋の有料化が義務付けらることに。

迷わず「いいね」!ディーン&デルーカが一歩進んだ脱プラの取り組みをスタート

そこで、N.Y.発の食のセレクトショップ「ディーン&デルーカ」は、さらなる連携協同として、6月15日(月)からカフェでホットドリンクを提供するテイクアウト用カップに、紙製のフタのテスト導入をスタート。数量限定のため、 まずは都内一部店舗で実施されるそうです!

コーヒーと地球のことを考えた、紙製のフタ「STACKING PAPER LID」とは?

ディーン&デルーカがテスト導入に選択したのは「スタッキングペーパーリッド」。プロダクトデザイナーの柴田文江さんの作品をもとに、 紙専門商社の竹尾、 紙カップメーカーの日本デキシーにより製品化を進められているものだそうです。

■1:カップと同素材の紙製のフタは、 内側にセットして使用

コーヒー_1,サステナブル_1,社会貢献_1
最小限のサイズ・紙の量で使い心地の良さを実現。

紙カップにぴったり重なるようになっているので、簡単には外れません。

■2:飲むときはリッドを外し、コーヒーの色やいれたての香りをたのしむことを重視 

コーヒー_2,サステナブル_2,社会貢献_2
飲むときはリッドを外し、香りを楽しんで。

味覚の大半は嗅覚によって左右されると言われており、本来、コーヒーの香りや風味を最大限に味わうにはカップをリッドで閉じないほうがよいのだそうです。

■3:捨てるときはカップと一緒に分別せずに。 

コーヒー_3,サステナブル_3,社会貢献_3
カップと同素材の紙製のフタ。

プラスチック製フタと異なり、捨てる際に分別する必要がありません。

<「 STACKING PAPER LID ~ 地球のことを考えた紙製のフタで「おいしい」を~実施概要>

  • 実施期間/6月15日(月)~(各店なくなり次第終了)
  • 取扱店舗/ DEAN & DELUCA カフェ店舗(丸の内 、青山 、BMW GROUP TERRACE、大手町メトロピア)
  • 対象商品/DEAN & DELUCA アーリーバード ブレンド コーヒー トライアルペーパーリッド ¥320(税別価格)
  • ※紙製のフタ(リッド)にて提供。
  • ※リッドが内側にセットされるため、 通常より少ない提供量です。 あらかじめご了承ください。 
コーヒー_4,サステナブル_4,社会貢献_4
アーリーバードブレンドは、理想的な標高と良質な土壌を持つグアテマラのプロヴィデンシア農園と、高い技術で安定した品質を誇るブラジルのベレーダ農園のオリジンを使い、目覚めの一杯にふさわしい、爽やかでコクのある味わいを目指したブレンドです。
赤い果実やココナッツの目の覚めるような素晴らしい個性を楽しめます。

毎朝の出社のお供にしたい、ドリップコーヒー「アーリーバードブレンド」を紙のフタで。そして、ちょっと早起きして店内でゆっくり味わう際は、もちろんリッドの使用はなしで、余分なゴミを減らしながら。目的に合った飲み方を選択することで、今よりももっと美味しくコーヒーを味わえるようになるはずです。

こんな地球をケアしたスマートなスタイルで、1日の始まりをさらに充実したものにしたいですね!

問い合わせ先

DEAN & DELUCA

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2020.6.15 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
神田朝子