テントの奥には富士山が一望できる

近年盛り上がりを見せているグランピング。グランピングとは、「グラマラス」と「キャンプ」を組み合わせた、新しいスタイルのラグジュアリーなアウトドアです。

アウトドアというと夏のイメージが強いですが、過ごしやすく快適な秋からの季節は、まさにグランピングにうってつけ。さまざまな秋の味覚を堪能する贅沢も味わえます。

そこで今回は、季節によって移動する巡業型スタイル=「アウトドアホテル」のグランピング、「The Caravan(ザ・キャラバン)」の内容を、編集部が実際に体験してきたレポートとともにお伝えします!

大自然のなかで、ラグジュアリーな時間を存分に楽しむ

大自然のなかで楽しむグランピング

「日本の四季と旬を楽しむ」がコンセプトの「The Caravan(ザ・キャラバン)」は、日本全国を東から西、北から南へと旅する、7月に開業したばかりの新しいスタイルのグランピング。

「アウトドアを気軽に手ぶらで楽しむ」、というグランピングのスタイルはそのままに、ありのままの自然を身近に感じられる場所で、ホテル品質のサービスとホスピタリティで快適に過ごしてほしいという思いから、「アウトドアホテル」という、独自のスタイルを確立しています。

今回の舞台は、富士山にほど近い静岡県富士宮市にある休暇施設「ふもとっぱら」。1泊2日の荷物と切符だけを持って新幹線に乗り、最寄りである新富士駅へと向かいました。

ウェルカムドリンクで乾杯! この上なく優雅な非日常体験のはじまり

ドライバーつき高級車による送迎

東京駅から東海道新幹線に乗り、約1時間。新富士駅に到着すると、駅前には送迎車によるお迎えが! ドライバーが荷物の積み下ろしもしてくれるので、現地までの移動もノーストレスです。

モエ・エ・シャンドンをはじめとするアルコールから、ソフトドリンクまでが楽しめるドリンクコーナー

現地に到着すると、すぐにウェルカムドリンクのサービスがはじまります。なお、こちらのドリンクコーナーではアルコールを含むフリーフロー(飲み放題)となっているので、滞在中は好きなタイミングでドリンクがオーダーできるのです。

お待ちかね、本日の宿泊場所となるテントはこちら!

宿泊場所となる100%コットンのベルテント。

本日の宿泊場所となるテントは、100%コットンのベルテント。耐水性もあるため、少々の雨なら心配ご無用です。

広々としたテント内部には、ベッドや椅子・テーブルからハンガーラックまでがそろう

テント内部にはベッドが3つ、椅子やテーブル、ハンガーラックが用意され、スマートフォンなどの充電に欠かせない電源も完備。とてもテントの中とは思えない広々とした空間が広がります。

「自分でつくる愉しみ」を感じられる、好みの具材がチョイスできるランチ

ランチタイムには、好みの具材をチョイスしたハンバーガーを。こちらは目の前のグリルで焼いてもらえるので、お肉のジューシーな香りまで味わうことができます。

シェードの日陰で過ごす贅沢な時間

ランチををいただいたあとは、テント付近に設置されたシェード下のチェアでゆったりと。目の前に広がる大自然を眺めながら、何もせずにぼーっと過ごす、この上なく贅沢な時間です。

ディナーからおやすみ前のリラックスタイムまで…時間を気にせずゆっくりと

ディナータイムには、シェフが現地で調理するフルコースを提供

夜の帳が下り、テントに明かりが灯るとディナータイムの合図です。シェフによるフルコースを、野外のテーブルで堪能。ランタンの幻想的な明かりとともに、おいしい食事とラグジュアリーな雰囲気を存分に味わいます。

フランスのオーガニックコスメブランド、メルヴィータのアメニティー

時間を気にせず、おいしいディナーを堪能したあとは、近隣の浴場でお風呂の時間。もちろん車による送迎が用意されており、移動のストレスはありません。提供されるフランスのオーガニックコスメブランド、メルヴィータのアメニティーで、ゆっくりと上質なバスタイムを。

就寝前には焚き火による粋な演出が

身も心もさっぱりしたら、ドリンクコーナーで喉を潤しながらおやすみ前のリラックスタイム。焚き火の揺らめく炎を見つめていると、不思議と穏やかな気分に。慌ただしい日々から解放され、非日常感を満喫しながらこの日は就寝です。

日の出とともに起床。自然のなかで優雅な朝食&リラックスタイム

テントの奥に広がる富士山

朝は、テントに射し込む太陽のまばゆい光で目覚めます。テントの外に出てみると、そこには富士山の雄大な山容が。その姿にしばし圧倒されながら、朝食前の森林浴を楽しみます。

しぼりたてのオレンジジュースや、地元のブーランジュリーのパンで優雅な朝食

テント前に設置されたテーブルで、富士山を眺めながらのブレックファストタイム。しぼりたてのオレンジジュースや、地元のブーランジュリーのパンなどをいただきます。オーダーしたコーヒーを飲み、自然を存分に味わいながら過ごす食後は、旅の締めくくりとなる贅沢な時間。チェックアウト後には、もちろん駅までの送迎があるので、荷物などの持ち運びも最後まで楽ちんです。

 

1泊2日の荷物と切符を用意するだけで、自然を味わいながらこんなにも贅沢な時間を過ごすことができる、「The Caravan(ザ・キャラバン)」。過ごしやすく快適な気候のこれからの季節、9〜10月の予約が受付中です。秋の週末を利用して、ぜひこの機会に話題のグランピングの新たなスタイル、「アウトドアホテル」を楽しんでみてくださいね。

問い合わせ先

「The Caravan in 軽井沢 」
開催期間/9月16〜17日、 9月17〜18日、9月30〜10月1日
会場/群馬県・北軽井沢 Earth Smile Village

「The Caravan in 佐久」
開催期間/9月23〜24日、10月7〜8日、10月8〜9日
会場/長野県・佐久 内山牧場キャンプ場

「The Caravan in 大谷」
開催期間/10月14〜15日
会場/栃木県・ろまんちっく村&大谷採掘場

利用料金/2名1室利用・1名¥50,000、3名1室利用・1名¥46,000、4名1室利用・1名¥42,000(税・サービス料15%別)

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
難波寛彦
EDIT&WRITING :
難波寛彦