女性らしさを引き出し、顔の印象を明るく華やかにしてくれることで人気の「赤リップ」。まさに今のトレンドアイテムではありますが、選び方や塗り方次第では昔っぽいメイクとなり、かえって老けてみられてしまうことも…。そのため、ちょっとハードルが高いと思われがちではないでしょうか。

そこで今回、モデルや女優をはじめとする多くの有名人から絶大な支持を集め、雑誌やTVで活躍中のメイクアップアーティスト・岡野瑞恵さんに大人が似合う赤リップの選び方や塗り方のコツについて伺いました。今シーズン注目の新作赤リップもあわせてご紹介します。

■1:過剰なツヤ出しはNG! マットな質感で上品な口元に

ひと言で赤といっても、色味や質感は実にさまざま。カラーバリエーションが豊富に出そろうなか、この秋にぜひ取り入れたいのはバーガンディーやレンガ色。深みのある落ち着いた色合いは肌になじみやすく、大人ならではの色気を引き出してくれる優れものです。

なかでも大人が選ぶべきものは「マット系」だと岡野さん。「ハリのある20代の肌なら、ツヤ感たっぷりのグロッシーな口紅も映えますが、大人がつけるとかえって悪目立ちしてしまい、ハリのない肌を強調してしまいます。大人のメイクは質感が重要。とくに赤は目を引く色なのでなおさらです。マット系なら口元を品よくまとめて、いきいきとした印象にしてくれますよ」。

選び方次第では、赤は見た目を若々しくみせてくれることから、本来は大人世代におすすめの色なのだそう。まずは色々試してみて、自分にぴったりの色を探すことから始めてみましょう。

ナーズ パワーマットリップピグメント 全18色 ¥3,300(税抜・9月15日発売)
液体化された液体化されたピグメントを採⽤し、ライトな使⽤感と、鮮やかなマットカラーが実現。唇にしなやかに密着し、長時間キープしてくれる。モードな18色のカラーラインナップから、必ず似合う赤リップと出合えるはず。
ゲラン キスキスマット ¥4,300(税抜)
やわらかな唇へと導くヒアルロン酸と稀少なオイルを配合し、ふっくらと潤いに満ちたマットな仕上がりが魅力。ベルベットのような質感で、鮮やかなカラーもつけやすくエレガントに仕上がる。
トム フォード ボーイズ アンド ガールズ リップ カラー マット 全4色 ¥3,700(税抜・9月29日限定発売)
クラッチ バッグにも収まるようなミニ サイズのリップスティックは、単色はもちろん、重ねづけも自由自在。トム フォードの哲学を色濃く反映した、つける人の個性を際立たせるアイテム。
ピュア カラー エンヴィ シアー マット リップスティック 全10色 ¥4,000(税抜・9月15日発売)
ムラなく色鮮やかに唇を彩る、軽やかなマット フィニッシュが特徴。シアーな色づきでほんのりソフトな仕上がりなので、女性らしい深紅のリップもどこかカジュアルな抜け感を演出してくれる。

■2:グラデーションで唇にメリハリをつける

色味が強く、顔の印象を一気に変えてしまうほど影響力の強い赤。ベージュ系のナチュラルカラーに慣れている人にとっては、何を使ってもしっくりこない人もいるのではないでしょうか。

「赤リップは塗り方にもコツがあって、ポイントは内側から外に向かってグラデーションをつけること。そうすれば肌になじんで唇が浮いてみえません。赤をちょっと足すだけでも顔の印象は変わりますから、いきなり赤をつけることに抵抗のある方は、少しずつ赤を足していくという方法もありますよ」と岡野さん。

THREE アンプリファイドスペクトラムリップクレヨン 02 ¥3,000(税抜・限定発売中)
使いやすいペンシルタイプの赤リップは重ね付けや唇のアウトラインをとったりと使い方は自由自在。唇にフィットしてするするとのびるので、グラデーションにも最適。唇の内側に馴染ませれば若々しい血色感を演出してくれる。

■3:赤リップを引き立てる、ナチュラルメイクとベーシックスタイル

赤リップといえばディナーやパーティーなどいつもとはちょっと違う特別なシーンを想像しがちですが、普段でも気負いなく取り入れたいなら、ドレッシーよりもカジュアルなスタイルが断然おすすめなのだと岡野さん。そして、その際に大切なのはトータルバランス。ファッションだけでなく、メイクも主張しすぎるのはNGです。

「大人の女性が日常でもメイクもファッションも頑張りすぎると、かえって浮いてしまいます。赤リップを主役にするなら、そのほかのメイクを控えめにすること。たとえばアイメイクならアイシャドウをナチュラル系にするとか、ファッションならニットにデニムといったベーシックアイテムを選んだ方が、逆に『こなれ感』がでて素敵です」

特に秋冬ファッションは、カーキやグレーなどの赤が映えるダーク系カラーが多く、夏に比べて肌の露出も少ないので品よくまとまりやすいのだそう。

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブルn 08 ¥6,000(税抜)/資生堂インターナショナル
リップの先のカットの曲線まで美しく、持っているだけで女性らしくなれるような、クレ・ド・ポー ボーテの秋の新作。潤いをキープしながら鮮やかな発色が続く。

大人の赤リップつけこなし術、いかがでしたか? 大人の女性にこそ取り入れやすいこれからの季節に、赤リップを使ったメイクでいつもとは違ったおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

PROFILE
岡野瑞枝(おかの たまえ)さん
ヘア&メイクアップアーティスト。1969年生まれ。大手化粧品メーカーでのヘア&メイクを経て、2006年よりフリーとして活動。数多くの女優、タレントから指名を受け、雑誌・広告・TVなど多方面で活躍する。シンプル&ベーシックを基調とした大人の女性を輝かせるメイクテクニックが支持を集めている。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
廣瀬真理子
EDIT :
渋谷香菜子