下がる、ゆるむ、シワが増えて目そのものが小さく見える…など、「目の形が変わってきた」と実感する30代、40代の女性の方も多いのでは? そこでポイントとなるのは、存在感のある目元を得るための「大人の」アイラインの描き方。

基本となる「自然な長さの目尻ライン」の描き方は前回ご紹介しましたが、今回ご紹介するのは、パステル系の明るめアイシャドウの場合のアイラインの描き方です。ポイントは、明るめアイシャドウ特有のハレぼったさをなくすべく、アイラインはさらに太め&長めにし、目尻ラインは8mmはみ出す、ということ。目尻ラインをのばすときに、「下まぶたラインの延長線上にする」、「太くするのは中央から目尻側だけにする」というふたつを守れば、作為的な若づくりにもなりません。たるみ目をグッと引き上げ、目を縦にも横にも大きくぱっちり見せる「太め&長めの目尻ライン」の描き方を、3ステップでご紹介します。

■1:太くするのは中央から目尻だけ。徐々に太さを足していく

まずは、「自然な長さの目尻ライン」を仕上げてから

まずは、「自然な長さの目尻ライン」を仕上げます。さらに、白枠の目尻側の3角ゾーンを広げるように描き足していきましょう。

■2:横広がりの強い目元に仕上げるため、目尻は約8mm長めに

そして、長めに。止め位置に注意して

「8㎜も!?」 と思うかもしれませんが、たるみまぶたにはこれくらいの長さがないと、横広がりの大きな目に映りません。矢印で示した止め位置を意識して、目尻を長めに仕上げます。

■3:アイシャドウと重なる前提なので、これくらいの太さが必要!

目を閉じた図。太く見えても問題なし

写真で見る太さに驚くかもしれませんが、心配ご無用。この上にアイシャドウをのせると、肌とアイラインの隙間がぼけて見えるので、わざとらしい印象にはなりません。

以上、「太め&長めの目尻ライン」の描き方を、3ステップでご紹介しました。意外なほどの太さと長さに驚かれた方も多いかもしれませんが、たるみ目にはこれくらいのインパクトがないと、強い目力は生まれません。思い切ってトライしてみることで、縦にも横にもぱっちりと大きく見せるアイラインを描くことができるのです。

PHOTO :
石倉 和夫
HAIR MAKE :
尾花 ケイコ
MODEL :
真樹 麗子(Precious専属)
EDIT&WRITING :
荒川 千佳子、五十嵐 享子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波 寛彦