ワンピースと並んでコーディネートいらずなのに、かっこよく今旬に見えるアイテムといえば、オールインワンです。

3人の海外セレブの着こなしから、こなれて見える着こなしのテクニックや選び方のコツを見ていきましょう。

着やすいのにスマートさ抜群に見える!「オールインワン」の上品コーデ3選

■1:アレッサンドラ・アンブロジオは…落ち感ある素材とピーチ系ベージュで理想のスタイルアップコーデが完成

夏コーデ_1
ミュールもオールインワンとまったく同じカラーに。足元まで同トーンでまとめると、脚長効果につながります。

2020年7月19日、娘とマリブにディナーをしに行ったときのモデル、アレッサンドラ・アンブロジオの着こなしです。

ヌードベージュのやわらか素材は落ち感をもたらし、ボディラインを美しく見せています。

胸元は深めのV開き、ウエストにリボンベルトがデザインされているので、顔周りをすっきり、気になる腰周り部分のカバーにも。

股下のシルエットはワイドですが、落ち感のあるソフトな素材なので、きれいな脚のラインを生み出しています。

娘も寒いようでストールを巻きつけているのと同様、アレッサンドロ自身もボーダーのニットを肩かけしてアクセントに。

カラフルな彩りがL.A.風のカジュアルムードを高めています。

■2:エマ・ロバーツは…プリントもモノトーンで選べば、大人のリッチさが光ってこなれたムード満点

夏コーデ_2
マスクは、トロピカルなフラワー柄をセレクト。プリント×プリントの上級ミックスコーデを楽しみたい。

ニューススタンドでSNAPされた2020年5月8日の女優、エマ・ロバーツ。

白と黒で大小のギンガムチェックが組み合わされたオールインワンを、ストラップパンプスを合わせてレディな雰囲気に着こなしていました。

ウエスト位置が高めに設定されているため、パンツ部分はワイドなストレートでも、上半身がコンパクトにまとまって、脚長シルエットを実現できています。

オールインワンを購入するときは、ウエスト位置が高く自然と美しい脚長シルエットを生み出すこんなデザインを、かならず試着をして見極めることがマスト。

スクエアに開いた胸元には、短めのゴールドネックレスで輝きを足していることもパーフェクトです。

■3:ケイティ・ホームズは…万能な黒は揺れ動くフリンジやチャーム付きベルト使いで軽快さを強調して

夏コーデ_3
ヘアは重たく見えないよう、お団子にしてコンパクトに。涼しく見えてよりすらりと長身に見えます。

N.Y.、ダウンタウンの街中でキャッチされた女優、ケイティ・ホームズは、ショート丈の黒のオールインワンを愛用していました。

ひざより短い丈は大人だと躊躇しがちですが、黒ならシックに決まるので安心です。

まるでフリンジ付きのストールをかけているようなデザインで、ウエストをベルトでマーク。
動くと揺れるフリンジと、ベルトにデザインされたチャームがアクティブさをもたらしています。

このふたつのおかげで、オール黒でも重たさはまったくない仕上がりに。

写真では見えていませんが、足元にはフラットなビルケンシュトクの代表モデル「アリゾナ」の黒を投入し、こなれたリラックススタイルにまとめていました。


オールインワンを取り入れたセレブたち3人は、大人っぽく見えるようなデザイン、色、素材を上手に選んでいて、さらにスタイルもよく着こなしていました。

ワンピースよりアクティブで軽快に見えることもうれしいポイントです。
涼しく快適に過ごせるように、夏コーデの主役アイテムにオールインワンを投入してみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀