9月〜10月は、スイーツショップやホテルのラウンジに、秋に旬を迎える栗・かぼちゃ・さつまいもなどを使ったスイーツがお目見えします。コンラッド東京では、そレラ旬の食材に「ハロウィンの魔法をかけた」ブッフェを土・日・祝日限定で開催中(10月29日まで)。早速そのスタートに駆けつけ、現地よりレポートいたします。

コンラッド東京ハロウィンブッフェ

秋のニューヨークの美しさをスイーツ&セイボリーで表現

「ハロウィン・イン・ニューヨーク ブッフェ」と題されたこちらのブッフェは、その舞台を秋のニューヨークに設定。『オータム・イン・ニューヨーク』『恋人たちの予感』など、数々の映画のなかでもその美しさが描かれていますが、コンラッド東京のペストリーシェフ・岡崎正輝さんがハロウィンシーズンに彩られるニューヨークの街並みを見事に再現。

「“Big Apple”と言われるニューヨークの秋にぴったりなリンゴやチーズケーキなどをベースに、あまり濃くせずに、コンラッド東京の雰囲気に合う大人向けの味に仕上げました。もう一度食べたいという気持ちにさせるような感じにしています」(岡崎さん)

中央のケーキのタワーも、岡崎さん作によるスイーツで作られた作品。残念ながらブッフェではいただけません

甘いモノと塩気のある食事とをバランスよくいただきながら、大人エレガントに楽しむハロウィンブッフェ。今回はそのなかから、おすすめのものをピックアップしてご紹介いたします。

■1:ニューヨークの最新トレンド「バブカ」って? 

ニューヨークの旬スイーツ「バブカ」、そのパンプキンバージョンです

見た目は非常にシンプルですが、実は今回のラインナップのなかではもっとも外せないのが、この「バブカ」。ニューヨークで最新のトレンドとなっている東欧系のペストリーで、ブリオッシュのようなパン生地に、ほろ苦く甘いチョコレートやシナモンが入っています。今回はベースにかぼちゃを使ったハロウィン仕様。

■2:魔女の帽子をかぶったケーキ!「レッドベルベット・カップケーキ」

ピスタチオとクリームチーズが混ざり合うカップケーキ

赤いカップケーキにクリームチーズがベースの甘めのクリームをのせ、とんがり帽子のワッフルコーンをあしらっています。コーンのなかにはピスタチオのガナッシュが隠れているのを見逃さないで。

■3:栗とかぼちゃが口内でマリアージュ!「パンプキンモンブランのヴェリーヌ」

栗&かぼちゃの鉄板の組み合わせ

パンプキンクリームを使ったモンブランに、ジャック・オ・ランタンのチョコレートをトッピング。一番底には小さなマロングラッセが隠れています。

■4:蜘蛛の巣を模した「スパイダー ベイクドチーズケーキ」

ニューヨークの定番チーズケーキもハロウィン仕様に

ニューヨークはもちろん、アメリカのスイーツの代表のひとつのチーズケーキははずせません。今回のハロウィンバージョンでは、美しいクモの巣をデザイン。ベースにチョコレートを使い、断面のコントラストも美しい仕上がりに。

■5:抹茶にする?チョコにする?「ロリポップドーナツ」

軽い触感のドーナツは大人にうれしい

プレーン、抹茶、チョコの3種類のミニドーナツを、ロリポップ(キャンディ)のようにかわいくデコレーション。ふわっとした軽い食感なので、つい食べ過ぎてしまいそう。

■6:「ブラッドオレンジゼリー、白ワインと葡萄、チアシー ドのヴェリーヌ」

爽やかな口当たりで変化をつけて

少しお口の小休止におすすめなのが、こちらのグラススイーツ。ちゅるんととろけるような口当たりが優しく、夏の名残を感じる爽快感も。トッピングのエディブルフラワーもいただけます。

■7:棺桶型の「りんごとキャラメルのタルトコフィン」

りんごとキャラメルのほろ苦さが引き立てあう

棺桶が開き、吸血鬼が長い眠りから目を覚ます…そんな場面を演出したタルト。旬のりんごと苦みのあるキャラメルのタルトという鉄板の組み合わせ。ちなみに「コフィン」とは、英語で棺の意味です。

次の3つは、いわゆる「お食事系」にあたるセイボリー。

■8:「ビーフパストラミとクリームチーズのサンドウィッチ かぼちゃのミニカイザーロール」「ベーグルチップとスモークサーモンのリエット」

左/ビーフパストラミとクリームチーズのサンドウィッチ かぼちゃのミニカイザーロール、右/ベーグルチップとスモークサーモンのリエット。甘いものに飽きたら、軽食系メニューにて気分を変えて

ニューヨークの定番メニュー、ビーフパストラミのミニサンドイッチのバンズには、かぼちゃの風味をつけて。黒ゴマ入りのベーグルチップには、バジルオイルとコエンザイムQ10を豊富に含むカロチーノオイルでお化けの顔を描いています。トッピングには、食だけでなく美容成分としても注目されているアイスプラント。

■9:モンスターのお顔をした「エッグフロレンティーン」

卵のおいしさを存分に堪能

モンスターの顔を模したポーチドエッグに、スピナッチのピューレ。そして、横に添えられているのは「ラボッシュ」という中東が起源の薄焼きのパン。ポーチドエッグとピューレを食べた残りのソースをつけて食べると絶品です。

これに紫イモのスコーン、ハロウィンマカロン、オリジナルプレッツェルを加えたのが、今回のハロウィンブッフェの全ラインナップ。食材にスーパーフードを使うなど、おいしいだけでなくきれいになれる要素も兼ね備えたコンラッド東京のハロウィンブッフェ。週末に2時間だけのニューヨーク気分、おすすめです。

問い合わせ先

  • 週末限定「ハロウィン・イン・ニューヨーク ブッフェ」  
  • 場所/コンラッド東京 28階 オールデイダイニング「セリーズ」
    期間/2017年9月16日(土)~10月29日(日)(毎週土・日曜および祝日のみ)
    時間/15:00~17:00
    料金/1名 ¥4,000(イングリッシュブレックファースト、アールグレイ、ダージリン、カモミールの紅茶から1種類付き)、¥5,000(上記にソムリエセレクトのグラスシャンパーニュ付き) ※ともに税・サービス料別
    TEL:03-6388-8745 (レストラン予約直通)
    住所/東京都港区東新橋1-9-1

【関連記事:モンスターのスイーツを食べる?本気で「コワかわいい」ハロウィンのデザートブッフェ!】
【関連記事:ハロウィンレシピ/坊ちゃんかぼちゃとキノコのミネストローネ風】

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。