今年を締めくくる12月は、ハッとするほど品格を備えたスタイルを目指したいもの。そんな中、雑誌『Precious』12月号では、「スタイリスト髙橋リタPresents!憧れのジャッキー・テイストで盛り上がる12月の『1か月コーディネート』」企画を展開していました。

着こなしのお手本にしたのは、ファッショアイコンとして、ジャッキーの愛称で親しまれ、今なお人気を集めるジャクリーン・ケネディ・オナシス。ファーストレディとして活躍したのち、出版社の編集者へと歩みを進め、自立した生き方を貫いたジャッキー。

大人コーデ_1,セレブ_1
ジャクリーン・ケネディ・オナシス

「その着こなしはベーシックでいてどこか華やか。彼女こそが、永遠のファッションミューズです」と語るのは、ジャッキーの着こなしを敬愛することで知られる、スタイリスト髙橋リタさん。ジャッキー・スタイルを、髙橋リタさんとともに再解釈したコーディネートを、12月のカレンダーに乗せて、発信していきます。

この記事では、12月23日を想定した着こなしをご紹介します。

スタイリスト髙橋リタPresents!憧れのジャッキー・テイストで盛り上がる12月の「1か月コーディネート」 12/23 Wed|洗練配色でエグゼクティブの貫禄を

1か月コーディネート登場人物のProfile

主人公はアート関連のコンサルティング事業を束ねるCEO。幼少から学生時代まで、N.Y.やパリで過ごした経験を土台に、培われた審美眼を生かして幅広く活躍。着こなしは、幼少期に見たジャッキーの写真集やドキュメンタリー番組に魅了されて、キャリアスタイルの参考に。別荘で犬と過ごすひとときがなによりの贅沢。

ニット¥36,000(ドゥロワー 六本木店)、コート¥450,000(キートン)、スカート¥89,000(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、サングラス¥28,000(アイヴァン PR)、ブレスレット¥645,000(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ¥405,000(ヴァレクストラ•ジャパン)、靴¥225,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)
ニット¥36,000(ドゥロワー 六本木店)、コート¥450,000(キートン)、スカート¥89,000(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、サングラス¥28,000(アイヴァン PR)、ブレスレット¥645,000(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ¥405,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥225,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

起業家仲間とともに、今年最後の定例会を。グレージュのコートのインは、黒でキリッとまとめて、品格のオーラを漂わせて。端正なワンハンドルバッグもオンタイムには欠かせない存在。ジャッキー風のサングラス使いで、リッチ感を添えるのも忘れずに。

主役のワードローブは、「A:グレージュベルテッドコート」&「F:ツイードスカート」

コート_1,アウター_1,ニット_1,ブラウス_1,パンツ_1,ワンピース_1,スカート_1
A.コート¥450,000(キートン)、F.スカート¥89,000(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)

A:グレージュベルテッドコート

知的な印象をもたらすグレージュのカシミアコートは、軽やかなダブルフェース仕立てや、ドロップショルダーで着心地も抜群。ショールカラーに施したラペルをつなぐゴージラインがアクセントに。

F:ツイードスカート

冬らしい素材感でコントラストを楽しめる、ツイードのスカートは、ジャッキーが好んだ上品なシルエットに、スリットで今どきのモード感を加味して。

【主役ワードローブの詳細記事はこちら】


投入する「黒タートル」は…透け感素材

透け感素材の黒タートル
ニット¥36,000(ドゥロワー 六本木店)

イタリアのカシミアシルクで編んだ、18ゲージのニットはリピーターも多い定番人気の一枚。

12月22日の着こなしはこちら>>

問い合わせ先

PHOTO :
小林美菜子、Getty Images
STYLIST :
髙橋リタ
EDIT&WRITING :
川口夏希、小林桐子(Precious)