雑誌『Precious(プレシャス)』12月号では、「今、大人に必要な"本当の贅沢"」というテーマの特集を展開していました。スタイリストとともに、「贅沢」の意味を改めて考えました。

その特集の中で、知的で洗練されたベーシックな装いの達人・スタイリスト 大西真理子さんと編集部がたどり着いたのは、たった5着の「贅沢ワードローブ」。

この記事では、その5アイテムのうちのひとつ、「オーバーサイズシャツ」の着こなしを2つご紹介します。細部まで贅沢なものを厳選しました。

大西 真理子さん
スタイリスト
(おおにし まりこ)知的な視点が光る洗練ベーシックの達人。アイテムにひそむ格や鮮度を見極めた、洗練シンプルなスタイリングに定評が。今の価値観で捉えた名品使いが光る私服コーディネートは必見です!

「オーバーサイズ」だから映える活用例は?

年齢とともに身につけた精神的な余裕、かしこまらないエレガンス。大人の女性の魅力を旬テイストで演出してくれるのが、オーバーサイズシャツです。

さらに、どんな色も受け入れる白という色を選ぶことで、気品と洗練のニュアンスが香るおしゃれの楽しみがぐっと広がって。さまざまなシーンで進化するラグジュアリーの見え方を支えてくれるのです。

■1:+ニットベストでこなれたカジュアル感を

シャツ_2,パンツ_1,サングラス_1,ネックレス_1,バッグ_1,靴_1
シャツ\48,000(トヨダトレーディング〈アスペジ〉)、ベスト\65,000(ブラミンク)、パンツ\31,000(三喜商事〈マレーラ〉)、サングラス\28,600(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉)、ネックレス\55,000・ペンダント\23,000(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ\236,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴\74,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

ホワイト×キャメルで縦ラインを強調して軽やかにスタイルアップした着こなしに

シャツは…小さめのえりが顔周りをきりりと見せる一方、たっぷりとしたラグランスリーブやカーブをつけたすそがこなれた着こなしを後押し。ボーダー状に切り替えた後ろ身ごろが、一枚で着たときに絵になるポイント。

着こなしは…清潔感のあるホワイト×知的なキャメルで、クラス感のあるカジュアルに。

■2:+タートルニットで技ありレイヤード

コート_2
シャツ\68,000(ストラスブルゴ〈フライ〉)、ニット\147,000(ザ・ロウ・ジャパン)、パンツ\38,000(ebure GINZA SIX店)、ストール\69,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス\340,000・バングル\680,000(TASAKI〈TASAKI〉)、ワンドラーのバッグ\100,000・フラテッリ ジャコメッティのブーツ\140,000(ドゥロワー 六本木店)

洗練フォルムのシャツをボトムインして、フィット&フレアの装いをモードに導いて

シャツは…大胆にドロップした肩と細いそでの組み合わせが新鮮。さらに、サイドポケット付き、前後差をつけたロング丈…とモードトップスのような表情をします。

着こなしは…シャツの小粋さを生かしてタートルニットに重ね、ボリュームスカート風のパンツにイン。新感覚のフェミニンスタイルがベーシックへの高い意識を物語ります。

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
佐藤 彩(静物)、黒沼 諭(aosora/スタジオ)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
未希
EDIT :
岡本治子、喜多容子(Precious)