身につけるだけで知的で気品のあるオーラで包んでくれる絶妙カラー、「グレージュ」。大人の女性をいちばん美しく見せてくれるこのベーシックカラーの魅力を、Precious.jpでは、過去の雑誌『Precious』掲載記事を振り返りながらシリーズでお届けしています。今回は、「今までよりもう一歩進んだグレージュのおしゃれを楽しみたい!」という方に向けて、デニムを投入したグレージュの着こなしをご紹介。きれいめデニムによる、理想のこなれ感がかなう3スタイルです。

グレージュ×デニムで、理想の「こなれ感」を手に入れる

「今までよりもう一歩進んだグレージュのおしゃれを楽しみたい」という人は、着こなしにデニムを投入してみましょう。しかし、デニムは抜群のこなれ感を生むと同時に、くだけすぎるとグレージュの品のよさを台無しにしてしまう心配も。そこで、ダメージの強いものは避け、きれいめのものを選ぶことが必須です。またコーディネートでは小物に気を配るのはもちろん、「顔周りの白」も重要ポイント。グレージュの色味を澄ませ、抜け感を与える白の技もマスターしましょう。

■1:グレージュ×ブラックデニムは、小物まで含めて「ハーフ&ハーフ」配色に

ブラックデニム(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)、カシミヤニット(Theory luxe)、タンクトップ(東レ・ディプロモード〈ヴィンス〉)、バッグ(FUNInc.〈BELLMER〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi for Theory luxe〉)、靴(トレ トレ青山店〈サルトル〉)

ブラックデニムのスタイルには、ダークカラー系のブーツを選んで色をそのままつなげると、着こなし全体の印象がスマートかつクリーンに。メリハリ配色では、下半身をできる限りすっきりと見せることが鉄則なのです。そこに合わせるのは、抜け感を生む白のインナーやグレージュ×ブラックの配色バッグ。おとなしくなりがちな着こなしにリズムを生み、切れ味がグンとよくなります。

■2:大人の余裕を表すグレージュ色のデニムは、クリーミーグラデーションで仕上げる

デニム(エージー 表参道〈AG〉)、ブラウス(エフエフジェイ〈ファビアナ フィリッピ〉)、ファーストール・ベルト(三崎商事〈マルゴン〉)、ブレスレット(MIZUKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン)、靴(JIMMY CHOO)

やわらかなグレージュ色のデニムは、それだけでおしゃれ上級者を感じさせるアイテム。着こなしは、足元までを淡色グラデーションの同系色でシックにまとめると、さらに大人の気品が際立ちます。

■3:インディゴデニムの着こなしも、グレージュとなら新鮮にグレードアップ

デニム(エージー 表参道〈AG〉)、ニット(スリードッツ青山店)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、ストール(haunt代官山/GUEST LIST〈Faliero Sarti〉)、サングラス(オリバーピープルズ東京ギャラリー)、各ブレスレット(ストラスブルゴ〈キャサリン ミッシェル〉)

カジュアルを品よく見せるグレージュ効果で、インディゴ系デニムのスタイルにも新鮮さを! ムードを添える巻き物にはグレージュ、バッグにもニュアンスカラーを選んで、カジュアルな着こなしを格上げしましょう。

 

以上、グレージュとデニムによる着こなしの例をご紹介しました。身近なアイテムであるデニムも、グレージュと組み合わせることにより、理想のこなれ感がかないます。こちらを参考に、お手持ちのデニムとのコーディネートをぜひ楽しんでみてくださいね。

PHOTO :
佐藤 彩
STYLIST :
髙橋リタ
EDIT&WRITING :
川村有布子、笠井直子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦