本格的な冬を前に、どのようなアウターを選べばいいのか迷っている人は多いはず。そんなこの時期に活躍するのが、カシミヤやウールでつくられた1枚仕立ての薄軽コート。シルエットのしなやかな流線や、フォルムのやわらかさがもち味のコートは、はおることでエレガントな気配や佇いが醸し出されます。

そんなライトコートを今っぽく着こなすには、辛口感やモード感をポイント的に投入し、表情をプラスしましょう。本記事では、大人の女性を輝かせるライトコートと、そのコーディネート術をご紹介します。

エレガントな気品を醸し出す、「しなやかライトコート」の洗練スタイル6選

■1:ヴァージンウールフェルトの配色ダブルフェースコート

コート(コロネット〈ザ ロウ〉)、ワンピース(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・バングル・リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート 67〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)

気品漂うグラマラスなコートながらも、濃紺×黒の辛口モードなカラーリングでひねりがプラスされています。共布でつくられた、美シルエットのタンクワンピースとセットで着用。量感のあるシルバージュエリーを追加して、モダンに仕上げます。

■2:洗練シルエットのライトコート

コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)

カシミヤに定評のある「アニオナ」の、最高級カシミヤを使ったダブルブレストコート。ミルクティーのようなベージュとオフホワイトの上品な淡色カラーリングで、リッチな印象をプラス。さらにパンチのあるチェーンバッグや、メンズライクな腕時計でアクセントを追加します。

■3:繊細な肌触りの究極のカシミヤコート

コート・ブラウス・スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、時計・各バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

生地の製作部門「ラネリエ・アニオナ」から誕生した『センチュリー ダブルフェース カシミヤ』を使用したライトコート。シルクブレンドの繊細な質感が魅力的です。コートの濃淡グレーに、ブラウスとバッグの白を合わせ、抜け感をプラス。足元にはトラッドな雰囲気のバックル付きパンプスを追加し、全体をシックにまとめています。

■4:パステルグリーンの優美なコクーンコート

コート・ブラウス・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(ポメラート・ジャパン〈ポメラート 67〉)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈ジャンヴィト ロッシ〉)

パステルグリーンのコートは、カシミヤ混ウールの一枚仕立て。マックスマーラが誇る製法「ドッピオ・アプリービレ」(=手縫いによるダブルフェース)でつくられ、エアリーな着心地を実現しています。白をブリッジカラーに、暗くなりがちな秋冬コーデを明るく仕上げています。

■5:こだわりの詰まったベーシックなノーカラーコート

コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(三崎商事〈エルミダ〉)、パンツ(アオイ〈ピーエッフェ by パオラ フラーニ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(バイ マレーネビルガー 青山店)

肩にはぎ目を入れず、着用時の袖のシルエットにハリと華やかなボリュームを出した一枚仕立てのコート。シルクのプリントスカーフが、顔周りを華やかに見せてくれます。ブラック&ホワイトのコントラスト配色で、「女っぽく」と「かっこよく」を両立したスタイルが完成します。

■6:カシミヤの素材感が際立つホワイトコート

コート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、ネックレス・各バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)

イタリアの一流テキスタイルメーカー、ピアチェンツァ社のカシミヤアンゴラ混生地で仕立てた、ダブルフェースの上品ラップコート。ピンクベージュのセットアップを合わせ、フェミニンにまとめましょう。パイソンスキンのパッチワーク柄バッグが、コーデを引き締めます。

秋のおしゃれにプラスしたい、さっと羽織れるエレガンスなライトコートをお届けしました。コート自体にクラシカルな女性らしさがあるため、小物で辛口感やモード感を加えて、フレッシュな着こなしを完成させましょう。

PHOTO :
石倉和夫(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈(本誌専属)
EDIT :
小林 綾、下村葉月、大庭典子、矢野絵梨佳・廣田沙羅(HATSU)、喜多容子(本誌)
RECONSTRUCT :
藤岡あかね