いよいよ今シーズンのコートも、ショップの店頭に出そろいました。

『Precious』1月号「コートの正解着こなし13のルール」で登場したさまざまなコートの中から、この冬買うなら迷わずこれ!と編集スタッフが太鼓判を推す5着を厳選。

その着心地、肌触り、シルエット、全体の雰囲気など、実際に着ることで感じた感想を、5回に渡って、つぶさにレポートします。ぜひ、買い物の参考に!

マッキントッシュのダブルフェースポンチョを詳しく解説!

コート_1,アウター_1,大人コーデ_1,冬コーデ_1
コート¥89,000(マッキントッシュ青山店)、ニット¥26,000(エスケーパーズオンライン〈ADAWAS〉)、 パンツ¥75,000(ブラミンク)、ピアス¥45,000(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ¥69,000(三喜商事〈コチネレ〉)、靴¥128,000(JIMMY CHOO)

「軽い、動きやすい、暖かい!」というのがこのコートを試着したときの実感。

正直、ポンチョやマントのたぐいは、どんなときにどんなバランスで着たらいいのかと思っていたけれど、きちんと感のある細身パンツを合わせれば都会的でスタイリッシュな雰囲気に、マキシワンピースやドロストパンツならリラックスしたカジュアルに……と、意外と幅広いスタイルが楽しめそう。

また、すそ周りがたっぷりとしているので、インにボリュームのあるニットなどを着てもかさばらず、窮屈な締め付け感がまったくないことも魅力です。そしてなによりも、さっと肩に引っかけただけで絵になるこの"気軽さ"が、ちょっとクセになりそうです。

色は深い森を連想させるフォレストグリーン。黒よりも繊細で、キャメルよりもシックなのも、新鮮で大人好みと言えそうです!

コート_2,大人コーデ_2
着用イメージ​(後ろ)

たっぷりとしたすそ周りで、動くたびに揺れる自然なドレープが優雅な印象。ヒップを覆うひざまでの着丈は、細身を選べば、スカートでもパンツでも好相性。

コート_3,大人コーデ_3
着用イメージ

肩に引っ掛けるマント式。両サイドのスリットから腕を出して着こなすことも。素材はウールのダブルフェース。しっかりとした地厚の生地は包み込むような安定感が。

コート_4,大人コーデ_4
フロント部分のディテール

フロントのトグルボタンで1か所で留める、シンプルなデザイン。しっかりとした襟が付いているので、きちんと感も損なわれない。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
黒沼 諭(aosora)、田中麻以
STYLIST :
大西真理子、金井 愛
HAIR MAKE :
hiro TSUKUI(Perle/ヘア)、川原文洋(UM/メイク)
MODEL :
RINA、伽奈
EDIT :
竹市莉子(HATSU)