流行のワイドパンツをおしゃれに着こなすなら、やっぱりブラウスとのシンプルコーディネートが一番。とはいえ、無地×無地のコーディネートでおしゃれ感を出すのは実は至難の技。あなたのその着こなし、今ひとつ地味な印象をぬぐえないコーディネートになっているかもしれません。

そこで、ラグジュアリーマガジン『Precious』が、パンツのカラー別におすすめのコーディネート&ワンポイントテクをご紹介します。ここでご紹介するのは、ワイドパンツ初心者にも着こなしやすい王道カラー・黒&ネイビー。地味に陥りがちなこの2色も、色をポイントにひと工夫を加えるだけで、ぐんとモードにスタイルアップします!

■王道のブラックパンツは、白ブラウスを合わせて「知的モード」に

ブラウス(yoshie inaba)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、各ネックレス・バングル・チェーンブレスレット・時計(ブシュロン カスタマーサービス)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉)

まず初めにマスターしたい基本中の基本が黒パンツ。トップスを選ばない万能カラーだけに無計画になりがちですが、だからこそ、おしゃれの腕の見せどころ。ブラウスに光沢のある白のとろみ素材を選んで「知的な都会派」コーディネートを完成させましょう。

モノトーン・コーディネートのポイントは、つなぎの小物使い。モノトーンのシルクバンダナでブラウスとパンツの色を拾い、コーディネートをさりげなくつなげて。バッグも白×黒のバイカラーを選べば、全体の統一感が増してシャープな印象が生まれます。

ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(VINCE 表参道店)、ピアス・ネックレス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(ADORE)、バッグ(ヒラオインク〈マルベリー〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

こちらはシルエットにひと工夫。太ベルトでウエストマークしてスタイルアップを目指します。

主役はきちんと感のあるセンタープレス仕様の黒ワイドパンツ。いきすぎないワイドシルエットと高いウエスト位置で、旬のモード感が味わえます。合わせるブラウスは、パール感のあるホワイトを選び、大人の品格を漂わせて。

ポインテッドトウのエレガントな黒いパンプスは、足元まで視線が広がり全体のバランスを引き締めてくれるのでおすすめです。

ブラウス(ADORE)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、ブレスレット(ケイテン)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ)

こちらはアイテムのデザインとジュエリー使いで脱マンネリ。まずは短め丈と艶のある質感が軽やかなワイドパンツをチョイス。バギーパンツのような裾の広がりが絶妙なバランス感を生み出します。足首が覗くことで、ボリュームある黒パンツでも軽やかな印象に。

ブラウスは、袖の途中の切り替えからギャザーを寄せ、ボリュームあるパフスリーブにした個性あるデザイン。フロントはシンプルなので、ドレスアップにもカジュアルにもぴったり。シンプルで洗練されたコーディネートの出来上がりです。

ワンポイントは、襟元に沿うように配したパール。華やぎとラグジュアリーなエッセンスで、もう地味とは言わせません。

■ネイビーはあえて「同系色」ブラウスでまとめて、ノーブルな清潔感を

ブラウス(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット丸の内〈シクラス〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト(yoshie inaba)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)

知的でノーブルなネイビーのワイドパンツは、ともすると制服のように地味に陥りがち。そこでトップスは、あえて白やベージュではなくネイビーのワントーンで女らしさと清潔感を演出しましょう。バッグやベルトの小物で少量の差し色をプラスすれば、ぐっと今どきに。

こちらのコーディネートの主役はハリ感のあるセンタープレスパンツ。ワイドなシルエットにきちんと感を与えてくれます。合わせるブラウスは、そでのスリットが華やかな、個性が光る一枚。小物にはネイビーと好相性のキャメルがおすすめ。ベルトとバッグにキャメルを配し、着こなし全体にメリハリを与えましょう。

インドレスのブラウス・ソフィー フォルムのバッグ(アパルトモン 青山店)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ファーストール(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ベルト(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO)

こちらは秋らしいボルドーの差し色をプラスしたコーディネート。ワイドパンツはほんの少しパープルがかった明るいネイビーで、やや落ち感のある女らしいシルエット。

ブラウスは、胸元の切り替えからそでに続くタックギャザーが印象的。女らしさと華やかさを演出する組み合わせです。ここにボルドーのバッグとファーを加えれば、秋らしい統一感あるコーディネートに。大きめモチーフのネックレスで、装いにキレをプラスしましょう。

ブラウス(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、パンツ・ベルト(yoshie inaba)、サングラス(リエート〈バートン ペレイラ〉)、バングル(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉)

素材の違いも、メリハリあるコーディネートの大切な要素。ダブルの裾がマニッシュなウール主体のワイドパンツには、ゆったりとしたシルエットのシルクブラウスが好相性。

高級感がありながら、肩の力がふっと抜けた着こなし。シルクの光沢感を生かした、スタンドカラーと黒の飾りストラップが、ほんのりモードな雰囲気を醸し出します。

合わせる小物はパイソンレザーのバッグが旬。ブルーの差し色がネイビーともマッチ。レザーの存在感が全体を引き締め、上品さと大人の迫力を生み出します。

ボリュームがあるだけに難しいと思われがちなワイドパンツの着こなしも、色で考えれば意外と簡単。小物使いを工夫して、シンプルでも魅力的なコーディネートを完成させましょう。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、小林美菜子(静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
内海誓子
EDIT :
木村綾乃、喜多容子(本誌)
RECONSTRUCT :
藤岡あかね