MX-30はコンパクトSUVやハッチバック車の部類に含まれるが、マツダにはすでにCX-30やCX-3 という人気モデルがある。それでも2019年の東京モーターショーでプロトタイプが披露されて以来、多くのファンが市販を期待したのは、“マツダ初の100%電気自動車”というトピックがあったからだ。実際には「e-SKYACTIV」と呼ばれる新開発の電動パワーユニットを積んだピュアEVとしてのMX-30の登場を前に、まずはハイブリッドカーから始まった。

両開きドアはセンターピラーもなし

クーペスタイルを強調する屋根からリアエンドに至るデザインが特徴。
クーペスタイルを強調する屋根からリアエンドに至るデザインが特徴。
すべての写真を見る >>
リアドアは82°まで開く(フロントドアも80°まで開く)。前後ドアの間に付く太いピラーをなくし、両開きのメリットを享受できる設計に。
リアドアは82°まで開く(フロントドアも80°まで開く)。前後ドアの間に付く太いピラーをなくし、両開きのメリットを享受できる設計に。

MX-30の日本発売に用意されたのは、2リッターのガソリンエンジンと24Vのスターター兼用発電機、「ISG」を組み合わせたマイルドハイブリッドだけ。このパワートレインに続いて、目玉となるモーター駆動のEV(電気自動車)は2021年1月にリース販売、さらに発電用としてロータリーエンジン(!)を搭載した、いわゆるレンジエクステンダーEV仕様を2022年前半から市場投入する計画がアナウンスされている。

そんなMX-30にとってもうひとつのウリとなっているのが、「フリースタイルドア」と呼ばれるセンターピラーレスの両開きドアだ。このタイプのドアで思い出されるマツダ車として、ロータリーエンジン搭載のスポーツカー、RX-8があった。この4ドアスポーツカーが両開きドアを採用した理由は、当時のフォード傘下の上層部から「4ドアのスポーツカーを作ることができるなら、ロータリーエンジンを存続させでもいい」という条件が出されたからだ。

エンジニアたちは運動性能に優れた4ドアをつくるため、全長を短くするひとつの方法として小さなリアドアを考えついた。それも前開きという苦肉の策だった。

だが、今回のMX-30は別に全長を短くする必要はない。実際に全長は4,395mmで、CX-30とまったく同じである。ではなぜ、両開きなのか?

デザインを含めて優しさを感じる

インテリアの造形にも注目。日本車ではなかなか見られない、シンプルで個性的なつくりだ。また、コルクやリサイクルPETなどを使い、サステナブルなテーマ性も取り入れている。
インテリアの造形にも注目。日本車ではなかなか見られない、シンプルで個性的なつくりだ。また、コルクやリサイクルPETなどを使い、サステナブルなテーマ性も取り入れている。
シート表皮には、ムラ感のある色合いの人口皮革を使用。
シート表皮には、ムラ感のある色合いの人口皮革を使用。
すべての写真を見る >>

90度近くまで開く前後のドアを開けると、その答えが少し見えてくる。センターピラーを取り払った大きな開口部は、我々があまり経験したことのない開放感を実現している。クルマの大きさ以上に乗り降りしやすいから、気持ちいいのだ。

さらに実用面でも利点がある。後席から降りる際に前席のシートバックを前方に倒し、大きな間口から斜め前方向に出ていける様は、車格は大きく異なるものの、2ドア前開きのロールスロイス・ドーンにも通じるエレガントな乗降性だ。

一般的な前ヒンジドアのクルマが、体をよじりながら乗り降りすることを考えれば、ストレスはずっと少ないと思う。唯一の弱点は、前のドアを開けないとリアドアの開閉が行えないことだが、大きな間口が可能にした実用性の高さをスポイルするほどではないはずだ。

また、後席に人を乗せる機会が少ない人でも、荷物やアウターの置き場所として使うことは多いはず。一般的な4ドア車と違い、MX-30なら2ドアクーペ感覚で後席の前に移動せずとも出し入れができる。オーセンティックな4ドアを良しとしつつ、よりスマートな所作こそ大人の男のたしなみと考える貴方に、このクルマをおすすめしたい。

この両開きドアと、これまでのスポーティで男性的なマツダデザインとは方向性が少し違った、優しい印象。先進の電動車を新鮮な見た目と、ちょっぴりエレガントな実用性とともに乗ることは魅力的だと思う。

【MAZDA MX-30】
ボディサイズ:全長×全幅×全高:4,395×1,795×1,550mm
車両重量:1,460kg~
駆動方式:前輪駆動/4WD
トランスミッション:6速AT
エンジン:直列4気筒DOHC 1,997cc
最高出力:115kw(156PS/6,000rpm)
最大トルク:199Nm/4,000rpm
モーター最高出力:5.1kw(6.9PS/1,800rpm)
モーター最大トルク:49Nm/100rpm
価格:¥2,200,000~(税抜)

問い合わせ先

マツダ

TEL:0120-386-919

この記事の執筆者
男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで「いかに乗り物のある生活を楽しむか」をテーマに、多くの情報を発信・提案を行う自動車ライター。著書「クルマ界歴史の証人」(講談社刊)。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
PHOTO :
篠原晃一
TAGS: