10月4日、パリのヴァンドーム広場にメゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドームが誕生しました。外観には、巨大なゴールドの太陽が! 道を行き交う人々がスマートフォンで写真を撮っています。この太陽は、「太陽王」と呼ばれたルイ14世やヴェルサイユ宮殿を彷彿とさせます。

太陽モチーフが輝くヴァンドーム広場の新名所が誕生!

太陽モチーフが外観に大胆につけられたメゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム。フランスでは歴史的な建造物は勝手に改築することが許されませんが、これはもとの形をキープしながら、強いインパクトをもたせた斬新なアイデア。
地上1階(フランスでは0階と言いますが)にある、太陽王と呼ばれたルイ14世の像。このお店のためにアーティストが製作したそうで、ボディーをよく見るとモノグラムが刻まれています。いずれ撤去するのですが、今はインスタ・スポットになっているそう!

原点回帰のため、ブランドを象徴する場所へ

ルイ・ヴィトンはトランク・メーカーとして1854年に創業。今回メゾン ルイ・ヴィトンができたヴァンドーム広場に近い、現在のカプシーヌ通り4番地に1号店をオープンしました。メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドームはメゾンの歴史に回帰し、リュクスと手工芸という原点に戻って、クチュール、プレタポルテ、ファインジュエリー、ウオッチ、レザーグッズ、シューズ、フレグランス、アクセサリー、そして、アトリエを、中2階を含む4層からなるひとつの大型店に集結させたわけです。この建物は、皇帝ナポレオンや貴族が住んでいたふたつの邸宅を修復及び改装したもので、アメリカ人建築家ピーター・マリノが手がけました。1階エントランスから入ると、ファインジュエリー、ウォッチが陳列され、奥には、レザーグッズ、アクセサリー、 テキスタイル、フレグランス。中2階はメンズ、2階はウィメンズのフロアです。

メンズ・フロアの中2階からバッグ、アクセサリー類を展開する1階フロアを見下ろす。正面の肖像画は、若き日の創業者ルイ・ヴィトン氏。
シューズ・フェチの女性は多いはず。ここならたくさんのアイテムが見つかります。
地上階2階のレディース・フロア。サントノレ通り側からヴァンドーム広場側まで一挙に広がっています。寛げるソファが各所に配置されたリュクスな空間です。
地上2階のレディース・フロアの毛皮コーナー。
マネキンがコーディネートの提案をしています。

オブジェ、アート、カスタマイズ……ブランドの輝かしい未来が見える3階

この店におもしろさをプラスしているのは3階だと思います。このフロアには、ラゲージをはじめとする旅にまつわるアイテムと、2017年春にミラノ・サローネで発表された、著名プロダクト&インテリア・デザイナーとのコラボであるトラベル&ホーム コレクション「オブジェ・ノマド 」が展開されています。卵のような形のカンパーナ兄弟によるハンギングチェア「コクーン」、モノグラムから着想した吉岡徳仁のスツール「ブロッサム・スツール」、マルセル・ワンダースのレザー細工の「ダイヤモンド・モジュール」など、素晴らしい25アイテムが、3か月ごとにラインナップをかえながら登場。第一線で活躍するデザイナーの才能と、ルイ・ヴィトンのサヴォワールフェール(ノウハウ、技術)が結びついて完成した逸品です。今、フランスの富裕層はこのようなコンテンポラリーなデザインの家具を大変好みます。この「オブジェ・ノマド」が彼らのお宅に置かれる日も遠くなさそうです。

地上3階には、有名デザイナーとのコラボ「オブジェ・ノマド」を展開。ブラジル人デザイン・ユニット、カンパーナ兄弟による卵のような椅子「コクーン」と「ボンボカ・ソファ」、オランダ人マルセル・ワンダースによる「ダイヤモンド・モジュール」などが展示されています。

【関連記事:ルイ・ヴィトンの贅沢なソファやテーブルが、表参道に全12アイテム大集合!】

このフロアには、他に、イニシャルやイラストを皮革製品に手描きしてカスタマイズをするコーナー、上顧客のためのセミオーダーのサロンやアトリエが設置されているのも新しい試み。また、さすが複合文化施設も擁するLVMHグループだけに、各所にアート作品33点が配置され、ショッピングしながらアート鑑賞もできます。

地上3階では、イラストやイニシャルを入れるカスタマイズの実演を目にすることができます。彼女は以前、LVMHグループの「モワナ」で同様のサービスをしていました。

メゾン・ルイ・ヴィトン限定アイテムも見逃せません。ジェフ・クーンズとのコラボプロジェクト「MASTERS」第2弾として、クーンズの「ゲイジング・ ボール」シリーズから、フランス絵画の巨匠の傑作をベースにし革新的なプリント技術を用いて、アイコンバッグのキャンバスに再現した新作をエクスクルーシヴで展開するほか、創業地から名づけられた限定バッグ「カプシーヌ」、ハイジュエリー3セットや、296個のダイヤモンド付きの1点ものの時計も。

最近は、ハイエンドなブランドのアイテムもウェブで買える世の中ですが、だからこそ、わざわざブティックに足を運びたくなる楽しい体験ができるような工夫がされているのが新しいですね。パリにきたら外せないアドレスがまた新たに加わりました。 

※トップ画像/©️LOUIS VUITTON MALLETIER/STEPHANE MURATET

問い合わせ先

この記事の執筆者
某女性誌編集者を経て2003年に渡仏。東京とパリを行き来しながら、食、旅、デザイン、モード、ビューティなどの広い分野を手掛ける。趣味は“料理”と“健康”と“ワイン”。2013年南仏プロヴァンスのシャンブル・ドットのインテリアと暮らし方を取り上げた『憧れのプロヴァンス流インテリアスタイル』(講談社刊)の著者として、2016年から年1回、英語版東京シティガイドブック『Tokyo Now』(igrecca inc.刊)を主幹として上梓。