体重は増えていないのに、なぜか若い頃に比べてあごがタプタプ、二重あご……。これって一体なぜ?

あごのたるみの原因としてまず考えられるのが、加齢などによる表情筋の衰え。そしてもうひとつが、ストレスによる“食いしばり”です。食いしばる時間が長いと、口を開けるときに使う開口筋群の出番が相対的に減り、劣化しやすくなります。そしてこの開口筋群、実はあごの下、ちょうど肌のたるみの起きやすい部分にあるのです!

さらに、食いしばりは筋肉が筋肉の緊張状態をつくり、血液やリンパの流れを阻害します。これが表情筋の衰えにもつながっているのです。そこで、タプタプのフェースラインを引き締めるあご専用コスメ4選と、とっておきの二重あご・顔こりマッサージをご紹介します。顔の印象を左右するあごを、若々しいままでキープしましょう!

恐怖! 体重は同じでも、表情筋にも開口筋群にもハリがあった20~30代のころ(右)と比べ、40代(左)になると顔の脂肪があご下にたまっていく

■ゆるみを引き締める!あご専用コスメ4選

「二重あご対策は顔のケアのついで」なんて考えでは、解決にいたりません。使うべきは、たるんだ皮膚を力強く持ち上げて引き締める「あご専用コスメ」。ここではイヴ・サンローランのあご専用コスメに加え、顔のサイズが変わるあご専用のセラム3つ、合計4アイテムをご紹介します。

[1]イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター YセラムN

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター YセラムN 30ml ¥13,500・Yマッサージツール ¥6,000(限定発売)

コスメが表皮と真皮をつなぐ基底膜にアプローチし、まるで縦横無尽に糸を張るように肌表面を引き締めてハリを形状記憶し、あごをリフトアップ。別売りのゲルマニウムボール付きのローラー「Yマッサージツール」と組み合わせれば、表情筋がほぐれ血行が高まり、よりあごがシャープになる効果が期待できます。

左から/[2]アルビオン アンフィネスホワイト ブライト シェイプ セラム 60g ¥6,000(医薬部外品)、[3]クラランス トータル V セラム 50g ¥8,600、[4]資生堂インターナショナル SHISEIDO フューチャーソリューション LX インテンシブ ファーミング コントア セラム 50ml ¥27,000

[2]アルビオン アンフィネスホワイト ブライト シェイプ セラム

リフトアップと美白効果を備えた、頼れる美容液。広顎筋、顎二腹筋などのあごに関わる筋肉を柔軟にほぐす作用もあり、二重あご対策にはもってこい。もたつきが消え、白くシャープなあごを取り戻したい方に。

[3]クラランス トータル V セラム

脂肪分解作用のある成分と、むくみの原因となる余分な水分(=老廃物)を取り去る成分に加え、たるみの大敵“糖化”にも対応。取り去る、流す、ハリを与えるという3つの対策で二重あごにスピーディに効きます。

[4]資生堂インターナショナル SHISEIDO フューチャーソリューション LX インテンシブ ファーミング コントア セラム

肌の内側の弾力を高める独自成分を高配合し、首元からググッと持ち上がるようなハリを育成。だぶついたあごの肉がキュッと引き締まります。


■1分でコスメの効果を2倍に!二重あご・顔こり解消マッサージ3ステップ

【右】固くなった咬筋をほぐすステップ1 【中】フェースラインをほぐすステップ2 【左】たまった老廃物を流すステップ3

顔の筋肉は全部で20種類以上あり、じつはそのうち日常的に動かしているのは3割程度。筋肉は動かさなければ劣化し、老廃物がたまり、二重あごや顔コリを招きます。そこで、表情筋をほぐして顔コリを解消するマッサージをご紹介しましょう。

[ステップ1]ストレスによる食いしばりで硬くなった咬筋をほぐす【右】

手をグーにして約30回、頬骨の下にある幅広い筋肉・咬筋部分を、円を描くように動かしながらマッサージ。ストレスフルな人ほど、ここが硬くなっています。イタ気持ちいいくらいの圧で行うのがポイント。

[ステップ2]二重あごに効くツボを押してフェースラインをほぐす【中】

人さし指と親指であごを挟み、唇下の中心からプッシュしながら、外に向かって耳下まで移動します。これを2回。老廃物の流れをイメージして。

[ステップ3]マッサージで動いた老廃物をリンパ節に流す【左】

最後に、人さし指、中指、薬指の第1関節から上の指の腹を使って、耳下から首を通って鎖骨まで撫でるようにマッサージし、老廃物を流していきます。

顔の脂肪やあごが気になりだしたら、ぜひこのマッサージを試してみてくださいね。

問い合わせ先

PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー/静物)、鈴木 宏(人物)
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
真樹麗子(Precious専属)
ILLUSTRATION :
朝倉めぐみ
COOPERATION :
自由が丘クリニック 理事長 古山登隆先生、表参道ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科龍醫院 理事長 龍 信之助先生、ポーラ 肌科学研究部 楊 一幸研究員
EDIT&WRITING :
柳田美由紀、荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)