タンカラーのバッグは、洗練された明るめのブラウンの色味が冬のダークカラーの着こなしに映え、こなれ感も漂う、といった魅力があります。そんなタンカラーは、大ぶりなトートタイプやモードな金具使いなど、個性的なデザインとともに取り入れて。着こなしを格上げしてくれる旬の差し色にタンカラーがおすすめです!

無敵の洗練力が宿る、旬の差し色は断然「タンカラー」

いつまでも色褪せない、ナチュラルな洗練性が再注目を浴びるタンカラー。一見、シックな印象だけれど、ダークカラーの洋服に合わせると、軽やかなこなれ感が香り立つのが魅力的です。しかし、シンプルすぎるデザインではつまらなく思え、かえって飽きがきやすいもの。そこで、タンカラーを選ぶ際には、大ぶりなトートタイプやモードな金具使いなど、ダイナミックな「個性」があるものを意識しましょう。クラシックな気品とモード感が絶妙に調和し、着こなしを不滅の輝きで彩ってくれるのです。

個性的かつシックな、ふたつの「タンカラー」バッグ

上から/『セラ』素材:カーフレザー、サイズ:縦20×横31×マチ16cm¥236,000(トッズ・ジャパン)、『ミニ アルファ ヴィル』素材:グレインカーフレザー、サイズ:縦17×横22.5×マチ9cm¥173,000(ピエール アルディ 東京)

トッズの『セラ』は、吟味したレザーのカッティングからパーツの縫製まで、伝統的な馬具づくりの技法を取り入れた本物志向のつくり。デイリーから小旅行まで愛用したくなる大きめトートバッグこそ、細部にまで光る職人技を堪能しましょう。

ピエール アルディの『ミニ アルファ ヴィル』は、グラマラスなモード感を放つ、大ぶりなチェーン使いが特徴。幅広ストラップとの相乗効果で、大人好みの迫力を加速させてくれます。上品だけれど、コンサバになりすぎない着映え効果は要チェックです!

どこか懐かしい印象の「タンカラー」のバッグも、個性的なデザインとともに取り入れるだけで、洗練された印象に。冬のダークカラーの着こなしにひとつ投入すると、その便利なこなれ感を実感することができます。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
唐澤光也、宗髙聡子(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
川村有布子、岡本治子、川口夏希、望月琴海・遠藤智子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦