イタリア・アルバ産白トリュフを使ったスペシャルメニューが11月中旬までの期間限定にて登場

ステーキハウスの激戦区で知られるアメリカ・ニューヨークシティーでセレブリティーや食通に愛されてきた「ベンジャミン ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」は、レストラン格付けガイドブック『ザガット』でニューヨークのステーキハウス部門3年連続ベスト3にランクインする本格派。

六本木で本場ニューヨークの最高級ステーキを堪能できる!

「ベンジャミン ステーキハウス」の魅力は、なんといっても熟成肉にあります。USDA(アメリカ農務省)に最上級グレード“プライム”と認定されたビーフからさらに厳選し、自社の熟成庫と独自のドライ・エイジング製法で28日間以上熟成。外側カリッと、内側はしっとりジューシーに仕上げたステーキの旨みでリピーターを魅了し続けています。

落ち着きのあるラグジュアリーな空間が広がる「ベンジャミン ステーキハウス 六本木(BENJAMIN STEAK HOUSE ROPPONNGI)」店内

白トリュフをふんだんに使ったスペシャルメニューが登場!

その日本1号店として2017年6月にオープンした「ベンジャミン ステーキハウス 六本木(BENJAMIN STEAK HOUSE ROPPONNGI)」にて、おいしさの旬を迎えたイタリア・アルバ産白トリュフを使ったスペシャルメニューが11月中旬までの期間限定で登場。

ベンジャミン ステーキハウス自慢の熟成肉と白トリュフの芳醇な香りを余すことなく楽しめます。「US プライムビーフフィレステーキとフォアグラのソテー ロッシーニスタイルで」¥20,000
繊細な味わいの和牛とのマッチングが斬新。「たっぷりと白トリュフをかけた和牛のタルタル」¥12,000
削りたての白トリュフとジューシーなお肉がサラダを主役級の一皿に。「白トリュフ風味のスペシャルシーザーサラダ」¥4,500
香り高い白トリュフは、実はスイーツとも相性抜群!「白トリュフのアイスクリーム」¥2,000

本メニューで使用される白トリュフは、最高級と言われる北イタリアのアルバ産のもの。秋から冬にかけての限られた期間にしか収穫できず、芳香が損なわれるため保管が効かない希少性もあって、まさに今ここでしか出合えない究極の食材なんです。

【関連記事:白トリュフって何?産地・味・香りの特徴や違い、選び方から使い方まで】

そのリッチな香りを熟成された最高級のステーキとともに食す幸福たるや!

白トリュフがいちばんおいしい今、大切な家族やパートナー、または肉好きを募っての「肉女子会」など、何か口実をつくってでも(!?)訪れてみたいフェアに注目です。

ベンジャミンステーキハウス 六本木のエントランス

問い合わせ先

  • ベンジャミン ステーキハウス 六本木 
    営業時間/ランチ11:30~15:00(14:00L.O.)、ハッピーアワー(月~金)17:00~19:00 ※バーでの利用が対象
    ディナー(月~土)17:00~23:00(22:00L.O.)、(日・祝日)17:00~22:00(21:00L.O.)
    TEL:050-3187-9089(10:00~22:00)
    住所/東京都港区7丁目14-4 レム六本木ビルB1F

※料理の価格は消費税、サービス料(10%)抜きの価格です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
大貫香織