もうすっかり冬の気配を感じるこの季節。いよいよコートやニットが着こなしの主役となり、着膨れが心配…という方も多いのではないでしょうか。そこで、まずおさえておきたいのは、すっきりとしたシルエット。かっこよくて女性らしい、大人のおしゃれを楽しむためには、縦長シルエットの「ロング&リーン」を取り入れてみましょう。

エレガントな女性らしさがかなう「ロング&リーン」

すっとした優雅な女性らしさを導く、「ロング&リーン」のシルエット。成功の秘訣は、いかに軽やかに、すっきりと見せるかにかかっています。ベースとなるロング丈のコートやボトムは、しなやかに揺れる、軽やかな素材のものを選ぶことが鉄則。さらに、「ニュアンスのあるIライン」をイメージして細身にまとめ、装いすべてをワントーンで統一。このポイントさえおさえておけば、「ロング丈はバランスが悪く見えるかも…」という心配は無用です!

■1:すっきりとしたワントーンが導く、すらりと優雅なシルエット

コート・スカート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、サングラス(ティファニー アイウエア事業部)、ベルト(ADORE)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)

表と裏で異なるチェック地のダブルフェースのコートを主役に、小物までモノトーンで統一。インナーとボトムも同系色にすることで、すらりとした印象がさらに際立ちます。洋服に分量感があるため、足元が華奢なピンヒールだと不安定な印象に。チャンキーヒールなど存在感のある靴を選び、足元にもボリュームをもたせましょう!

■2:歩くたびに揺れる縦長シルエットで、さりげない仕草までエレガントに

ダブルフェースウールのコート・ニット・パンツ・バッグ(コロネット〈ザ・ロウ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ)

かっこいい女らしさを導くのは、贅沢な分量感かつ軽やかなロングコート。太すぎないワイドパンツを合わせ、しなやかにたゆたうような縦長シルエットをつくったら、理想の「ロング&リーン」シルエットの完成です。

■3:膨張しがちな淡色こそ、軽やかな素材を重ねて女性らしく…

コート・ニット・ミンクファーストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ピアス・リング(TASAK〈M/G TASAKI〉)バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)

ふわりとした着心地のダブルフェースのカシミアコートは、ベージュと白のリバーシブル。上質な素材のもつ軽やかさと配色が、「ロング&リーン」を成功へと導きます。合わせる小物はやや濃いめのトーンにし、全体の印象を引き締めて。

■4:小柄でも失敗しない、ロングコート+細身パンツの組み合わせ

ウールコート(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMY CHOO)

縦長シルエットをつくる「ロング&リーン」は、アウターから取り入れるのがスムーズです。そこで、長め丈でありながら、前ボタンを留めるとすっきり映る絶妙シルエットのコートを主役に。「ワイドパンツを合わせるにはバランスに不安が…」という小柄な方は、こちらのように、まずは細身のパンツを合わせてみましょう。

■5:マキシ丈コートを主役に、ボトムはすっきりと見せて軽快な印象に

ウールベースのコート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、トップス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、スカート[ベルト付き](ADORE)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ)

クチュール的な美しさをたたえた、ピンクベージュの細身シルエットのコートを主役に。インナー&ボトムは同色系にまとめ、ロングスカートのタイトシルエットでIラインに仕上げます。

■6:ネイビー系アイテムを重ね、縦長シルエットにニュアンスをプラス

ストライプのジレ・ワンピース(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈ジャンヴィト・ロッシ〉)

ブランケット風素材のロングジレ、ニットワンピース、カシミアストール…と、異なる素材のネイビーをレイヤード。存在感のあるストールをはじめ、一見シンプルなワントーンながら、表情豊かな着こなしに。

■7:Aラインのロングジレで、オールブラックの着こなしにもインパクトを!

ウールのロングジレ(Nobuko Nishida)、ニット(ADORE)、スカート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(yoshie inaba)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

艶のある上質なウール素材のロングジレは、控えめなAラインのシルエット。黒のニットとスカートというオーソドックスな着こなしにも、ハッとさせるようなインパクトを与えてくれます。首元にはロングネックレスを合わせ、縦長ラインをさらに強調して!

 

縦長シルエットが優雅で女性らしい、「ロング&リーン」の7つの着こなし、いかがでしたでしょうか? 秋冬ならではのロング丈アイテムも、軽やかな素材のものを選び、ワントーンでまとめるだけでこんなにもエレガントに! 本格的な冬の到来を前に、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
野田智子
MODEL :
高橋里奈(Precious専属)
EDIT&WRITING :
川村有布子
RECONSTRUCT :
難波寛彦