史上最大級!37.30カラットのピンクダイヤモンドがオークションに出品

注目度No.1のファンシー・インテンス・ピンク・ダイヤモンド、「THE RAJ PINK(ラジ・ピンク)」

予想不可能かつ驚きにあふれた結果で世界中を沸かせてくれるのが、オークションという祭典の楽しみのひとつでもあります。サザビーズでは、10月に行われた香港でのオークションの熱気が冷めぬまま、11月15日にスイスのジュネーブでオークションが開催されます。

香港のオークションでは落札予想価格をはるかに超える「約1億3千万円」で落札された、翡翠のネックレスが話題にのぼりましたが、ジュネーブのオークションで注目されているのは、史上最大級の37.30カラットを誇る「ファンシー・インテンス・ピンク・ダイヤモンド」です。では、このピンクダイヤモンドがいかに希少なのか、早速注目してみましょう。

【関連記事:想定外の事態にスタッフも驚愕!落札価格1億3千万円「翡翠ネックレス」が話題を独占】

世にも珍しいピンク色の原石が指輪になるまで

落札予想価格が約22億7000万円〜34億円のファンシー・インテンス・ピンク・ダイヤモンド、「THE RAJ PINK(ラジ・ピンク)」

サンスクリット語で「キング」を意味する「THE RAJ PINK(ラジ・ピンク)」の原石は、2015年に南アフリカで発見されてから約1年間、カットの方法を研究したのちに実際にマスターカッターに手渡されたほど、珍しい石だったといわれています。希少な色とクラリティを持ち合わせたこの原石を生み出したのは自然の産物ですが、その魅力を最大限に引き出すのはカッターの技術によるもの。なるべく色味を失わないよう、同時にカラット数(重さ)を保つようカットするのは至難の業だといわれています。

GIAのモノグラフのレポートにも「ダイヤモンドは大きくなればなるほど色が薄くなるので、ラジ・ピンクのような大粒のダイヤモンドで濃いピンクが見られるのはとても希少」と記されているほどとか。

この、なかなかお目にかかれないピンクダイヤモンドがいくらで落札されるのか、11月15日に行われるサザビーズのジュネーブオークションに世界中から期待が寄せられます。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.11.15 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
©Sotheby’s
EDIT&WRITING :
石原あや乃