ハッと目を引くオレンジやフューシャピンク……。きれい色は、なぜこんなにもおしゃれ心をくすぐるのでしょうか? 

きれいに年を重ねた女性ならば、確かに落ち着いたシックカラーはお手のもの。でも冬枯れの街では、体温までも上げてしまうような、きれい色の魔法を使わない手はありません。

それでも、きれい色に苦手意識を覚えるなら、ベースにする色をベーシックな中間トーンに限定してみては? 派手さを抑えつつ、上品に鮮度よくまとまります。

■1:鮮やかなオレンジバッグで上品ベージュの魅力が全開

コート(オールウェイズ〈ミカコナカムラ〉)、ニット(フィロ・ディ・セタ恵比寿グラススクエア〈フィロ・ディ・セタ〉)、パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉)

見ているだけで心浮き立つマンダリンオレンジのバッグ。品のいいカシミアマントを主役にした上品ベージュの着こなしも、ポイントできれい色小物を効かせると、華やかなインパクトを放って。

■2:フューシャピンクの着映え力でメリハリを与える

ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

スカートのフューシャピンクをひときわ美しく際立たせるのが、知的なグレーベースのグラデーション。ライトグレーのカシミヤニットに、チャコールグレーの大判ストールをさらりと巻いて、女性らしい優しさのある着こなしを。モノトーンチェックのバッグが小粋なアクセントに。

■3:スパイシーな赤でエフォートレスな着こなしが都会的に

マックスマーラのカーディガン・パンツ[銀座三越限定]・エス マックスマーラのプルオーバー(マックスマーラジャパン)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン)

華やかなドラマを秘めたトマトレッドのパンツは、真冬のおしゃれの起爆剤。インパクトの強い赤をさりげなく着こなすには、起毛感のあるレオパード柄のボリュームカーディガンで、肩の力の抜けたスタイルを。足元はパテントローファーを合わせれば、感度抜群の理想の女性像が完成!

■4:ブリックカラーの濃厚リッチな彩りが大人の品格を添える

ジレ・ニット・デニム・バングル・リング・バッグ(フェンディ ジャパン)

表はふっくらとした毛足のラムファー、裏はしっとりとしたラムスキンで仕上げたジレ。この贅沢なファージレこそ、あえてデニムで軽快に着こなすのが、旬のラグジュアリーカジュアルをつくるコツ。イタリアの街並みを思わせるようなブリックカラーの美しさを最大限に生かすため、インナーはファージレと同色のシルクニットで調和させると上品な印象に。トップスの色味をリフレインさせた、マルチカラーのビッグクラッチを合わせれば、モード感もアップ。

■5:スパイスカラーを効かせてカジュアルスタイルをフレッシュに

コート(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、デニム(東レ・ディプロモード〈ジョーズ〉)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、バッグ(トッズ・ジャパン)

ムートンコート×デニムというリッチカジュアルの王道スタイルに、マスタードイエローのタートルニットをイン! イエローはチャーミングな魅力を感じさせてくれるから、ビンテージ風ムートンと合わせると、こなれた女らしさが漂って。バッグはコートよりワントーン濃いブラウンを選んで引き締め役に。

■6:イエローの大判ストールでグレーが新鮮な洗練配色に

ジャケット・ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、ストール(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ジョンストンズ〉)、バッグ(アルーナ〈エマニュエラ ペトロガリ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)

鮮やかな「きれい色」に抵抗のある人は、まずは小物やインナーなどの、小さな分量から、プラスしていきましょう。つまり差し色としてのきれい色効果です。

たとえば、上のコーディネートの場合。ベースとなるのは、あくまでもいつも着慣れたグレーの濃淡のシックトーン。きれい色がなくても十分素敵なグラデーションスタイルですが、鮮やかなストールでメリハリを与えるとそれだけで印象的! 華やいだ雰囲気が演出できます。コントラストがきつく見えないよう、ストールの分量を調節すると、大胆配色でも繊細な雰囲気に。

■7:ハンサムなアイテムでチェリーピンクをシック&クールに

コート・バッグ(アンテプリマジャパン)、ニット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(アングローバル〈マーガレット・ハウエル〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴(セルジオ ロッシ)

上品な華やぎをもったラズベリーピンクのカシミヤコートは、ゆったりとしたシルエットの躍動感で、遠目にも幸福オーラが弾けて! 

女度の高いきれい色コートを主役にした着こなしは、タックパンツやグレンチェック柄のストール、といったほんの少しメンズライクなアイテムを合わせ、端正なかっこよさを演出したい。

■8:朱赤ブルゾンのパワーでグレーの着こなしが華やかに

ブルゾン・ニット・スカート・ストール・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ドレステリア 二子玉川店〈パルランティ〉)

次に挑戦したいのは、思いきってアウターできれい色を取り入れる着こなしです。どうしても、全体に対してのきれい色の分量が多くなるため、ともすると悪目立ちしてしまうことも……。

そこで提案したいのが、合わせるアイテムの色を、黒、ネイビー、白といったはっきりした色ではなく、チャコールグレーやグレージュといった、シックだけれどニュアンスのある「なじませ色」を選ぶこと。さらに小物も中間トーンでつなげると、全体の着こなしが美しく調和します。

グレー×ベージュの着こなしは上品で優しげだけれど、どこか迫力不足……。そこでハッとするほど鮮やかな朱赤ブルゾンを重ねてみると、着こなしが劇的に鮮度アップ。マロンブラウンのバッグやブーツなど、インパクトの強い赤の印象を和らげる、中間色の小物効果に注目。

手持ちの服に加えるだけで、一気に鮮度抜群の着こなしに格上げする「きれい色」。いつものコーディネートにぜひ取り入れてみてくださいね。

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
大西 真理子
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
熊沢千絵、立野リカ(本誌専属)
RECONSTRUCT :
藤岡あかね