冷たい北風にさらされるこの季節、天然素材でアウターにもなるアイテムがとても便利だ。幸いなことに、今、日本やイタリアでは、ブランドの歴史は浅いものの、優れた着心地とデザインを誇るニットが増えている。こだわりの一着を手に入れて、冬を乗り切れ!

こだわりを具現化した日本ブランドの傑作

 素材の調達から紡績、デザインまで、とことんこだわり抜いた、日本ブランドのニットをラインアップ。ひと目見ただけではわからないかもしれない。つくり手の美意識に満たされるのは、触れて、そでを通した瞬間。これらのニットがこれからの時代をリードする。

カシミアを特別な藍色に染め上げ、ほかにはない魅力に仕上げる

 ブルブレはイタリアの老舗紡績メーカー、カリアッジ社の糸を使用し、日本で生産を行うブランド。タートルネックニットの素材はカリアッジ社の最高級カシミアで、ストレッチ糸を編み込み、弾力性を加味。『グアド』シリーズと称した黄金の藍と呼ばれる色合いが美しい。

¥60,000(ヴァンドリ青山本店〈ブルブレ〉)

素材から始まるニットづくりで時代の感性をダイレクトに表現

 2015年春夏スタートのオーラリーはセレクトショップを中心に脚光を浴びているブランド。素材づくりをデザインと捉え、このニットでもスーパー130’sの極細ウールを限界まで目を詰めて編み立て、独特の佇まいを創出。そで口とすそには絞りを入れずに、肩が落ちたシルエット。

¥37,000(カセドラル 銀座〈オーラリー〉)

国内での自社一貫生産により、こだわり抜いたニットを届ける

 1992年に東京・青山で創業したニットメーカーのオリジナルブランドがUTO。ニットでは珍しく、自分のサイズをオーダーすることができる。あぜ編みのハイネックカーディガンは、前立てやそで口の編み地の変化がポイント。素材は、最も得意とするカシミア100%だ。

¥130,000(ユーティーオー)

原料調達からデザインまで一貫。そのこだわりがオーラを呼ぶ

 1932年から続く、山形県寒河江市に拠点を置く紡績・ニットメーカーの佐藤繊維。その自社ブランドが991。ジップアップブルゾンはヤクの産毛を原料とし、ミドルゲージのエレガンスを追求。テーラードジャケットのように腕の可動域を広げた編み立てがさえる。

¥75,000(オン トーキョーショールーム〈991〉)

イタリア名うてのニッターから選抜

 イタリアはニット大国、まだまだ、知らないブランドがある。ここでは高品質な素材を用いていることはもちろん、色出しやデザインも絶妙な、注目してほしい3ブランドをピックアップして紹介する。

写真左上/1960年にイタリア・ベルガモで創業し、1980年からニット専業ブランドとして歩み始めたスカリオーネ。さまざまな素材を扱うが、得意とするのはカシミア。このハイネックカーディガンはメランジのツイード調だが、ウールにカシミアを混紡した素材のやわらかな風合いで、違いを見せる。¥78,000(トレメッツォ〈スカリオーネ〉)
写真左下/バフィーは1981年にアンコナで創業したファクトリーが2003年に始めたオリジナルブランド。凹凸感のあるバスケット編みの緻密さから、このニッターの力量がうかがい知れる。素材はウール×アンゴラ。ベーシックなクルーネックで、洗練されたバランス。¥39,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バフィー〉)
写真右/このジップアップニットのつくり手、セッテフィーリ カシミアの歴史はまだ浅く、2009年にフェラーラでスタートした。従業員7人の小さな工房ではスイス製のヴィンテージ編み立て機を用い、スローテンポでニットをつくり上げる。大胆にアレンジしたケーブル模様が目を引く。¥95,000(アルソーレ〈セッテフィーリ カシミア〉)

以上、これから注目すべきニットを日本とイタリアから紹介しました。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年冬号の情報です。

この記事の執筆者
雑誌、新聞、アパレルブランドのカタログなど、メンズファッションの幅広いフィールドで手腕を発揮。フォーマルスタイルやカジュアルスタイル、名品アイテムなどすべてに精通した敏腕編集者である。