なんだかいつも同じテイストの服を選んでしまっている……。ワードローブを見まわして、そんな風に思うことはありませんか?

仕事にプライベートにと忙しい毎日を送る私たち、そんなに服のことばかり考えていられない、というのが正直なところ。どうしても、着慣れたものや気に入っている色柄の服をチョイスしてしまいがちです。

ガラリと印象を変えるのはハードルが高くても、実はシンプルなセットアップを1セット持っていれば、ちょっとしたアイテム使いで印象がガラリと変わることをご存じでしたか?

まずは「セットアップなんだからセットで着なくては」という呪縛から離れましょう。トップスやボトムスをそれぞれ個性的なアイテムと着回すことで、ONにもOFFにも対応できる着回し上手になれるんです! さっそくふたつの実例から、セットアップの対応力を再確認してみましょう。

■1:端正なグレージュのパンツセットアップをON・OFFで着回す

プルオーバー・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)/【左】ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ストール(TOMORROWLAND)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)/【右】スカート(エストネーション)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ラ・キアーヴェ〉)、ストール(イーストランド〈デスティン〉)、バングル各(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ(モラビト 東京ミッドタウン店〈モラビト〉)、靴(セルジオ ロッシ)

【ベース】端正なグレージュのパンツセットアップ

まずチョイスするセットアップは、美しいグレーが際立つしなやかな極上ニット。ニットブランドとしての地位を確立しているレ・コパンらしく、ウールが主体ながらさらっとした着心地が気持ちのいいブークレー素材。バランスのとりやすい丈感のプルオーバーと、ひざの少し高めの位置に絞りのあるフレアパンツのセット。きちんと感を伝えるセンタープレスもうれしいアイテムです。このセットアップを、ONとOFFで着回します。

【左】パンツ×ブルゾンでアクティブに(プライべート)

アクティブに行動したい休日には、セットアップのパンツの出番。カジュアルに装ってもあくまで上品に仕上がるのは、パンツの優雅な素材感とストンと落ちる美シルエットのおかげ。グレージュやトープカラーのアイテムとの合わせワザで全体をやわらかなワントーン配色でまとめれば、奥行きあるコーディネートに。リラックス感と品のよさが同居する、理想のオフスタイルの出来上がりです。

【右】トップス×ブラック小物でエレガントに(オフィス)

きちんと感は必須だけれど、堅苦しさや威圧感がなく、親しみやすさも意識したいのがオフィスシーン。セットアップのトップスとブラックカラーのスカート&小物を合わせてシックなトーンにまとめ、好感度の高さと品のよさをしっかりキープ! 控えめな華やかさで、仕事終わりに予定のある日にも、鮮度よく着映えるエレガントなスタイリングに仕上がります。

■2:優雅なボルドーのスカートセットアップをシーン別に着回す

ブラウス・スカート(TOMORROWLAND〈BACCA〉)/【左】ニット(ストラスブルゴ〈エリカ カヴァリーニ〉)、コート(ラグ& ボーン 表参道〈ラグ& ボーン〉)、ファーストール(ADORE)、ネックレス(MBJ〈マルコ・ビチュゴ〉)、バッグ(DES PRÉS 丸の内〈ANITA BILARDI〉)、靴(TOMORROWLAND〈AVRIL GAU〉)/【右】パンツ(エストネーション〈マディソンブルー〉)、ネックレス・バングル[上][下](バイ マレーネ ビルガー青山店〈バイ マレーネ ビルガー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(JIMMY CHOO)

【ベース】優美なボルドーのスカートセットアップ

艶やかな女らしさで魅了するエレガントカラー・プラムレッドをチョイス。艶のある素材感は華やかなシーンにも着回しOKなのがうれしいポイント。フロントの生地が前下がりで一見個性的なトップスは、全体に丸みのあるコクーンシルエット。反対に後ろが長いテールスカートとのセットで着こなせば、メリハリのあるシルエットがつくれます。このセットアップを、パーティーシーンと友人とのディナーのふたつのシーン別に着回します。

【左】スカート×ニットで上級者オシャレを堪能(パーティー)

実はいちばん加減が難しいのが、大人のパーティースタイル。これ見よがしにならない、さりげないオシャレが求められるのです。その点、こちらのセットアップのスカートは、光沢感に加え、ランダムに揺れる裾が華やか。旬のニットを合わせるだけで「わかってる」人のオケージョンスタイルにシフトしちゃいます。足元はロングブーツであえて外しのワザを効かせれば、オシャレ上級者にランクアップです!

【右】トップス×パンツで少し甘めの着こなしに(ディナー)

上下そろえるとドレッシーなセットアップも、トップス単品で活用すると上半身映えの叶うデイリースタイルに。気のおけない女友達との食事には、艶やかでありつつ媚のないパンツスタイルが正解です。全身のアクセントにクラシカルなバッグをプラスし、ジュエリーはほんのり個性的なデザインなら、ただのコンサバに転ばない遊びのあるおしゃれが楽しめます。

セットでさらりと着こなせるのがセットアップの最大の魅力ですが、それぞれ単品でも楽しんでこそセットアップ上級者。定番セットアップにちょっとした個性アイテムをプラスするだけで、ガラリと印象が変わるから不思議です。今まで気づかなかったあなた自身の新たな魅力を開花させるきっかけになるかもしれません。

PHOTO :
佐藤 彩
STYLIST :
白井艶美