キャメルのなかでも希少なベビーキャメルを、染色も脱色もせずに一重仕立てにしたコートは、軽やかで優しい風合いと、暖かさとが両立。上質な素材、丁寧な縫製など、服づくりの基本に情熱を注ぐデザイナー、久崎康晴さんが手がけるブランド”ATON”は、シンプルだけれど、今の気分の服がそろうので注目しています。コート/ATON パンツ/インコテックス バッグ/dragon 靴/グッチ

去年(2016年)の冬あたりから、
コートのシルエットが変わってきました。
ドロップショルダーで身幅も大きめ、丈も長め。
このシルエットは確かに新鮮で、
スラリとした若い女のコが、
太めのパンツにスニーカーを合わせているのを見て
“着てみたいなぁ”と思っていたものです。
とはいえ、こんなビッグシルエットのアウターが
小柄な私に似合うわけがない! と感じたのも事実。
あきらめ悪く、何度か試着を繰り返したものの
やはり昨年はコレという一着に出合えませんでした。
ところが、この春に訪れた“ATON(エイトン)”の
秋冬物展示会で、気になるコートを発見。
きっとムリよねぇ…と思いつつもはおってみたところ
ゆったりとしながらも、落ち感のいい素材で広がらず
まとまりのいいシルエットに。
さらにピークトラペルのディテールが
高めの位置に設定されているのも
スラリと見える秘密になっているようなのです。
”これならイケるかも?”と、勇気をふるって、
いちばん小さなサイズをオーダー。
秋が訪れて、届いたコートに初めてそでを通したのが
この日のコーディネートです。
さすがに太めのパンツは合わせられないけれど
自分にとっての定番パンツ=クロップドにしたら
小柄でもOKなロングコートスタイルになったかと。

最初はグッチのメンズコレクションに登場した『プリンスタウン』と呼ばれるビット付きのスリッパ。第一印象は、飛行機に乗るときに履いたら、楽で気持ちよさそう…というものでした。なかはつま先までファーで覆われているから、素足でも暖か。タイツはもちろん、ソックスとの組み合わせも楽しそうなので、真冬まで大活躍の予感。

ファッションというのは不思議なもので
チェスターコートのようなベーシックなものでも
微妙なシルエットの違いひとつで
急に新鮮に見えたり、古くさく感じられたり…。
流行の最前線にある服を着たいとは思わないけれど、
ベーシックながら、
時代の空気を呼吸しているアイテムには
つい、心が惹かれてしまいます。
この”グッチ”の靴も、そんなアイテムのひとつ。
永遠の名品と謳われるビットローファーを
紳士が履くスリッパのようにし、
さらにファーを付けてしまったという大胆な一足。
初めて見たときには、ちょっと驚きが走ったのですが
それがだんだんと、”確かに今の気分だなぁ”に
変わってきたから面白いものです。
時代の空気を呼吸したら、ローファーも
こんな遊び心たっぷりのベーシックに進化しました。
シルエットが新しいチェスターコートに合わせるのに
ぴったりの一足だと思っています。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

この記事の執筆者
TEXT :
Precious編集部 
2017.11.30 更新
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。