会食や社外ミーティングなどかっちりした場にも着ていきたいし、部下の手前あまり砕けたイメージにもしたくない。TPOを考えれば考えるほど、女性エグゼクティブの普段使いセットアップは没個性で味気ないものになりがち。でも、デキる女たるもの、ほかの人とはちょっと違うセンスで周囲の目を惹きつけたいですよね。

そこで、ラグジュアリーマガジン『Precious』が、定番スタイルながら素材に工夫を凝らした“進化系個性派セットアップ”をご紹介します。リブニットのセットアップはほどよいこなれ感が魅力、素材感で勝負のニットセットはストールなどの小物使いも技ありのスタイリング。品もあるけど埋もれない、絶妙なバランスのコーディネートです。

■1:リブニットのセットアップでワンピース気分の装い

ニット・スカート(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、時計(IWC)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ドゥロワー 青山店〈ロウナー〉)、靴(セルジオ ロッシ)

かっちりしたフォーマルな装いが必要なときもあれば、ちょっとこなれた印象のスタイルがマッチする場もあるのが女性エグゼクティブの日常。いつものノーカラージャケットできちっとするのもいいけれど、ときにはこんな程よいリラックス感とソフトコンシャスが魅力のリブニットはいかが?

旬なイメージを漂わせるカーキニットのセットアップは、ぴったりめのシルエットがワンピースのよう。細ベルトでウエストマークして、スタイルアップにも気を遣って。やわらかく波打つロングスカートは、前後を逆にしても着こなせる2way仕様。オリジナリティーを求めるあなたにぴったりの進化系セットアップの完成です。

■2:上質な素材のニットセットでシンプルかつ品よく

ニット・スカート(クルチアーニ 銀座店)、ストール(エルメスジャポン)、時計(IWC)、ピアス・ブレスレット・リング[太]・リング[細](MB〈J マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)

上質な素材感だからこそ初めて完成する、ベーシックを追及したニットセットがこちら。どんな場にもマッチするシンプルカラーは押さえたいけれど、周囲に埋もれてしまうのはイヤ、というあなたにおすすめ。

イタリアの高級ウール「ラナウール」を使用した、編み目の詰まったニットはきちんと感があり、トップグレーの配色も清潔感を引き立たせます。存在感ある柄ストールで大胆な華やぎをプラスすれば、ベーシックだけど埋もれないエグゼクティブのとっておきフォーマルの完成です。

フォーマルにちょっぴりトレンドを忍ばせた気の利いたスタイルは、オフィスのお手本になること間違いなし!

PHOTO :
熊澤 透
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
RINA
COOPERATION :
かずさアカデミアパーク
RECONSTRUCT :
藤岡あかね