車での移動時のファッションって、案外難しいもの。暖かな車内では重たいコートは無用。パッと外に出られる気楽さや動きやすさも重要です。それに大人の女性たるもの、洗練されたおしゃれの要素も欠かせません。女性にとってファッションは生き方そのものなのですから。

そこで、それらを全部かなえるドライビングカジュアルのセンスアップはいかが? 軽快に動けるアウターと流行のフラットシューズを軸に、大人の女の「かっこいい!」を実現するアイテムをチェックしましょう。

■1:カシミアのドライビングジャケットを主役に!

ジャケット「ロードスター」・ベビーカシミアのボーダーニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ ジャパン〈ロロ・ピアーナ〉)

まずは、ずばりドライビングジャケットをベースにしたコーディネートを。カシミアジャージーのフード付きジャケットは、「ロードスター」と名付けられたドライブのためにつくられた機能的でラグジュアリーな一着。ドライブのためだけのおしゃれ……そんな特別感が、上質なドライブ時間を演出してくれます。

そんなときは足元もクールに決めて。撥水性スエードのアンクルブーツを合わせて、暖かくやわらかな足元に。

■2:ブリティッシュ・トラッドで気品をプラス

ジャケット・カシミアニット・ウールシルクのパンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)

ブラウンとネイビーを上品に配したサルヴァトーレ・フェラガモのブリティッシュ・トラッド気分満載のアウターはいかが? ケープの優雅なたたずまいで、さらりと1枚はおるだけでおしゃれ気分が盛り上がります。

足元は、英国調のチェックとケープのクラシックさを受けてトラッドな男靴を選択。フリンジ付きのレースアップシューズが知的で端正な表情を見せてくれます。

■3:存在感あるポンチョで視線を独り占め!

ポンチョ・タートルニット・ジョッパーズパンツ・バッグ・靴(グッチ ジャパン)

ほかの誰とも同じはイヤ! という超個性派さんはポンチョがおすすめ。グッチのポンチョは、しっとりとした赤に乗馬ゆかりのストライプモチーフをあしらったドライブにピッタリの1枚。

ブランケットをはおるようなさりげなさと、圧倒的なクラシックモダンの存在感で、ラグジュアリーなスポーツカーによく映えます。モノトーンのビットモカシンでさらにトラディショナルな趣を添えて。

■4:ファー付きジャケットでゴージャスとカジュアルを両得

ジャケット(TOMORROWLAND〈イネス・エ・マルシェル〉)、ニット(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ブルーレ・コパン〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス・時計・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(アルーナ〈エマニュエラ ペトロガリ〉)、靴(JIMMY CHOO)

ちょっと遠くへのお出かけは、ファー付きジャケットでプチゴージャスな雰囲気を取り入れましょう。イネス・エ・マルシェルのファージレのように見えるジャケットは、前身ごろにだけファーをあしらったもの。

軽やかで、動きやすく、ドライビングに最適です。黒ベルトをキュッと絞り、あえてバックルは使わず結ぶことでアクセントに。ボリューミーなジャケットの印象も引き締まります。

端正なワンハンドルバッグと女性らしいポインテッドトウのフラットパンプスを合わせて、ラグジュアリーなスポーツカーにふさわしいリッチカジュアルに仕上げて。

■5:ジレと乗馬ブーツで動きやすく旬なシルエットに

ダウンベスト(ヘルノ プレスルーム)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(エージー ジャパン)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(GALERIEVIE 丸の内店〈サルトル〉)

休日のレジャーには、スポーティーカジュアルにモード感をプラスした黒の装いがおすすめ。ジレと乗馬ブーツなら動きやすさを損なわず、それでいて今どきのシルエットの完成です。

防水性に優れたヘルノの進化素材ダウンベストは、後ろがやや長めで、暖かく動きやすいデザイン。スポーティーに徹し過ぎていると思ったら、フリンジバッグでエレガントさをちょい足し。黒コーデがぐっと表情豊かに変化します。

例えば日常の喧噪を離れて、遠くへ車を駆ってみる。モータースポーツがかつてクラシックな紳士のスポーツであったように、洗練された大人の女性にとっても、ドライブはもっとおしゃれを楽しむべき舞台。寒い時期こそ楽しめる、冬のドライビングカジュアルのセンスをもっと磨いてみませんか?

PHOTO :
前田 晃
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
小林 懸(glams)
MODEL :
RINA
COOPERATION :
アルフレックスジャパン カーサミア河口湖
EDIT :
藤田由美、安村 徹(本誌)
RECONSTRUCT :
藤岡あかね