気位が高く、しなやかで、甘えてきたかと思えば離れていく猫。そんな自由気ままな猫たちは、ファッションの世界でも人気者。さまざまな形で、密接に関わっている存在でもあるのです。そこで今回は、猫とファッションにまつわるお話をご紹介します。

あのデザイナーや、毎シーズンのコレクションとも関係の深い「猫」

カール・ラガーフェルドと、愛猫「シュペット」の優雅な日々

「シュペット」のイラストにサインするカール・ラガーフェルド©ZUMA press/アフロ

ファッション界の帝王、カール・ラガーフェルドも熱烈な猫派として有名です。彼の心を射止めている愛猫は、淡いクリーム色のシルキーな長毛と、アイスブルーの瞳が美しい「バーマン種」の女の子、名前は「シュペット」。なんとこの猫、何社もの有名企業の広告モデルを務めたり、カールとあの『ヴォーグ』の表紙を飾るなど、約4億円も稼ぐ世界一のセレブ猫として知られています。

そんな高貴な彼女をカールは溺愛し、旅行はファーストクラス、彼女専用のiPadも所持させています。ついには、専属メイドをふたりつけ彼女の様子を日記にさせる溺れぶり。今や、洗練されたものを創る猫派のファッション・クリエイターが、モード界を牽引する時代なのです。

コレクションの華を飾る「キャットウォーク」の意味とは?

左から/DOLCE & GABBANA©IMAXtree/アフロ、LOEWE©Photo by Getty Images

ファッションショーなどでのウォーキング方法、いわゆる「キャットウォーク」は、「高い所にある細い通り道」という建築用語が語源なのだとか。細長い舞台の上を音を立てず、そっとつま先を地面につけて、真っすぐに見据えて歩く…。「女豹のように」という表現もありますが、女性のかっこいい歩き方は、奇しくも猫たちの歩き方と同じ、ということ。ここにも、キャット・エレガンスを発見です!

意外にも、ファッションと深い関わりがある猫。数シーズンにわたり、猫モチーフのアイテムが多数登場しているなど、その人気はまだまだ衰えを知らないようです。

EDIT&WRITING :
川口夏希、剣持亜弥・海渡理恵(HATSU)、喜多容子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦