上品に見えながらも地味すぎず、かと言って華美すぎず、定番アイテムとトレンドを上手に合わせた「外出服」を求める40代の働く女性の、ふだん口には出しづらい悩みを、女性誌で活躍するスタイリスト・入江未悠さん監修のもと、ひとつずつ解決していくコミック連載、第3回です。

2回目に引き続き、食品メーカーでチームマネージャーとして働く後藤陽子さん(42歳)が登場します。これまでは受け身だった陽子さん、手持ち服の見直しを積極的に進めるため、休日に百貨店へ赴くことにしましたが…

【これまでのあらすじ】外資系食品会社でマネージャーとして働き、仕事も家庭も忙しく充実しているキャリアウーマン、後藤陽子(42歳)。毎日を力強く生きる彼女がある日、耳にしたのは「後藤さん、ファッションが残念だよね」という、会社の同僚の衝撃の噂話でした。「気合いが入りすぎでは?」「あるときから止まっているのでは?」。これまで築き上げてきた自信を根底から覆されるような言葉にショックを受け、カフェで見かけたスタイリッシュに決めた同年代と思しき男性にアドバイスを求めます。彼との会話の中から、手持ち服の刷新に目覚めた陽子は改めて「おしゃれをすること」と向き合うことに。これまでに「白シャツ」や「会食に着ていく服」を見直してきました。

<第3回:前編>年末年始なのに外出する気分すら失せる「昔のコート」を見直したい

<1/18>
<2/18>
<3/18>
<4/18>
<5/18>
<6/18>
<7/18>
<8/18>
<9/9>

<第3回:後編>輪郭をぼやかして見せる、魔法のコート

<10/18>
<11/18>
<12/18>
<13/18>
<14/18>
<15/18>
<16/18>
<17/18>
<18/18>

今回はコートのアップデートを通じて、家族との新しい会話を盛り上げることができた陽子さん。グッと冷え込んできたこのシーズン、みなさんもあったかい素敵なコート、見つけてみてくださいね。


監修者・スタイリスト入江未悠さんからのAdvice

本連載でスタイリングを監修してくれているのは、スタイリスト入江未悠さん。ファッション誌『Oggi』『STORY』などで活躍している入江さんに、アラフォーキャリア女性が自信を持って輝けるファッションについて伺います。

入江未悠さん
スタイリスト
(いりえ みゆ)2003年にスタイリストとして独立。大人の甘さを引き出すキレイめコーディネートに定評があり、「Oggi」「STORY」などファッション誌を中心に活躍中。ジュエリーブランド「REMYU」のクリエイティブディレクターも務めている。著書に単行本「TOKYO LADY STYLE」がある。official blog

コートは「ダブルフェース」がこなれて見える秘訣です

ダブルフェースとは、二枚の生地(表地、裏地)を貼り合わせたり、縫い合わせたりしてつくられた生地のことで、しなやかでやわらかめの厚みがあるのが特徴です。

これをコートに仕立てるのですが、色や素材が異なる素材を貼り合わせたものは、見た目に奥行きが出るコーディネートが可能に。同じ素材をあえて二重にしたタイプだと、自然なボリューム感が出ます。上賀さんの言う「体の輪郭をぼやかして空気感を身にまとうと、体系をフォローしてくれる」のです。

ダブルフェースのコートは、着られている感がなくてスマートなんです。体の輪郭をぼやかすこと。惑わすことは、大人の女性には必要な要素ですよね。色は淡いグレーやグレージュ、ベージュといったものがおすすめです。

個人的には、ある程度丈が長めで、着流せて、サイドにスリットが入っているデザインが使いやすいと思います。中に着た総レースのスカートが、歩くときにその隙間から透けて見えたりすると、かっこいいですよ。

【4】サンドベージュのタートルネック×アイボリーのコート
[Precious12月号 86ページ] 撮影/熊澤 透 カシミヤウールのダブルフェースコート・カシミヤのタートルニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)

キャリア女性におすすめの【ダブルフェースコート】ブランドは…

そんなダブルフェースのコートが買える私的オススメブランドは、こちらの3ブランドです。是非、店頭に足を運んでみてくださいね。
ADORE(アドア)
ebure(エブール)
MAX MARA(マックスマーラ)

コミック「おしゃれの強化書」バックナンバー

【これまでのあらすじ】外資系食品会社でマネージャーとして働き、仕事も家庭も忙しく充実しているキャリアウーマン、後藤陽子(42歳)。毎日を力強く生きる彼女がある日、耳にしたのは「後藤さん、ファッションが残念だよね」という、会社の同僚の衝撃の噂話でした。「気合いが入りすぎでは?」「あるときから止まっているのでは?」。これまで築き上げてきた自信を根底から覆されるような言葉にショックを受け、カフェで見かけたスタイリッシュに決めた同年代と思しき男性にアドバイスを求めます。彼との会話の中から、手持ち服の刷新に目覚めた陽子は改めて「おしゃれをすること」と向き合うことに。これまでに「白シャツ」や「会食に着ていく服」を見直してきました。
COMIC :
桃田紗世
SUPERVISER :
入江未悠
EDIT :
吉村瑠以(Cheese!)