オデオンのフラワーアレンジメント。¥15,000(税抜)
※この情報は2016年9月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

感謝の気持ちやお祝いの心を形にするフラワーギフトだから、自分が気に入っているセンスのよいものを贈りたい…。そう思っていたときに出会ったのが、フラワーアーティスト・岩井 淳さんでした。

彼が手がけるアレンジメントは、花器も含めてデコレーションをしているので、すっきりとモダンなたたずまい。なかでも白を基調としたデザインは、グリーンの草花を溶け込むように加えたり、花の実をアクセントにしたりと、華やかなのに、どこか優しい雰囲気。眺めているだけで、心が和みます。

大切に思う友人や仕事関係者に喜んでもらいたいから、ことあるごとにオデオンのアレンジメントを贈っています。忙しくてお店に伺えないときは、電話で依頼をすることも。私の好みやセンスを理解してくださっているので、信頼してお任せできるところもうれしいですね。

 

■岩井 淳さんは、世界的に活躍するパリのフラワーアーティスト、クリスチャン・トルチェのもとで修業をした日本屈指のフローリスト。季節の花をふんだんに使用したアレンジメントは、シンプルかつエレガントで、パリのエスプリを感じさせる仕上がり。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
白井艶美さん スタイリスト
BY :
『Precious10月号』小学館、2016年 / 2017.7.22 更新
1971年生まれ。沖縄県出身。 好きなもの:手紙を書くこと、切手、ハガキ、美術館に行くこと、温泉、家で寝る、音楽(ここ数年、BLACK EYED PEAS)、アイライン、フープのピアス、雲、飛行機から見る雲海、ぽんず、コカ・コーラ、オロナミンC、ケンタッキーフライドチキン、『ウェインズ・ワールド』、『アドベンチャー・タイム』、花の図鑑をひたすら見る、雑誌をスミからスミまでひたすら見る(チラシも見る)
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/白井艶美 構成/小林 綾