ロロ・ピアーナのタートルネックニット

ラグジュアリーマガジン『Precious』で活躍するプロフェッショナルたちが、 ひと目見た瞬間に「手に入れたい!」と心が躍ったアイテムや、 実際に使ってみて「これはすごい!」と感動したアイテムなど、「私的名品」を紹介する好評連載。今回は、スタイリストの白井艶美さんが「贅沢を感じられる肌触り」と絶賛するロロ・ピアーナのタートルネックニットをご紹介します。

大人の贅沢を感じられる、上質な素材感が決め手

「ロロ・ピアーナ」のカシミヤ製品に使用されるのは、最高品種のヒルカス山羊の硬い外毛の下にある「アンダーフリース」と呼ばれる綿毛だけ。やわらかで上質な綿毛から生まれるニットだからこそ、肌触りも極上。各¥112,000 

とろけるような肌触り、身にまとうだけでふんわりと幸福感に包まれる心地よさ……。「上質なカシミヤニットを着る喜びは、大人になって知った贅沢のひとつ」と語るのは、人気スタイリストの白井艶美さん。今季、早々に手に入れたのが、ロロ・ピアーナのネイビーのタートルネックニットだといいます。

「極細のカシミヤ糸で編んだハイゲージニットは、驚くほどなめらかで、肌に優しく吸いつくような質感。深みのあるネイビーの色味も絶妙で、ほかではきっと見つからないと確信し購入しました」

適度な細身シルエットやすっきりとしたアームホール、やや長めのネックなど、コンサバに陥りがちなカシミヤニットを洗練させる、旬の要素が詰まったデザインも魅力のひとつだとも。「特別な存在感があり一枚ではもちろん、ジャケットのインに合わせて大活躍させています」と、ご満悦のご様子。 

余裕を感じさせるディテールへの「こだわり」

高さのあるタートルネックは、折り返してすっきりと着こなすだけでなく、くしゅくしゅとたるませてニュアンスのある首元も演出できます

「ロロ・ピアーナ」のカシミヤは、稀少なヒルカス山羊の一頭でわずか約250グラムしか取れない下毛を使用しているため、ふっくらとやわらかく、極上の着心地を堪能できる

冬の定番として必要不可欠なタートルニットは、シンプルなアイテムだからこそ、質やシルエットのトータルバランスが問われるのも事実です。ファッション賢者のモノ選びの視点を参考に、今年こそ上質なモノ選びに目覚めてみるのはいかがでしょう。

問い合わせ先

 

<出典>
Precious1月号 シック&ラグジュアリー
【内容紹介】かっこいい大人は「シック&ラグジュアリー」/「強運」名品/最高に美しい「黒ワンピース」/贅沢パール/下まぶたメイク/ほんまもんの「京都」名品
2017年12月7日発売 ¥850(税込)
この記事の執筆者
1971年生まれ。沖縄県出身。 好きなもの:手紙を書くこと、切手、ハガキ、美術館に行くこと、温泉、家で寝る、音楽(ここ数年、BLACK EYED PEAS)、アイライン、フープのピアス、雲、飛行機から見る雲海、ぽんず、コカ・コーラ、オロナミンC、ケンタッキーフライドチキン、『ウェインズ・ワールド』、『アドベンチャー・タイム』、花の図鑑をひたすら見る、雑誌をスミからスミまでひたすら見る(チラシも見る)
PHOTO :
小池 紀行(パイルドライバー/静物)、小川久志(GIF)
EDIT&WRITING :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃