ゴージャスなVゾーンは、シャツとタイに柄を取り入れることと、鮮やかな色の組み合わせがポイントになる。

 第一にシャツは、ストライプとチェックの基本柄を選択。ストライプは、等間隔の幅で縞をデザインするロンドンストライプと、2色以上の縞をあしらうオルタネートストライプ。チェックでは、グレンチェックやギンガムチェックの正統的な柄が合わせやすい。

 一方、タイは、小紋と幾何学柄、ストライプを選ぶ。柄のバランスや色の彩度をよりわけ、柄のシャツと合わせて最も美しいVゾーンを探るのである。

 シャツとタイの柄合わせの目安は、柄の大きさに差をつけること。つまり、大きな柄のタイには、小さな柄のシャツを合わせることで、コーディネートのバランスが保たれる。

 ダンディな男は、シャツとタイの組み合わせのなかで、色気に満ちあふれた最良のVゾーンを完成させるのである。

伊達男の華やかさが湧き出るストライプと小紋の組み合わせ

しなやかなウールでつくり出されたツヤのあるスーツ。Vゾーンをよりエレガントに見せる、美しくロールされたラペルが絶妙だ。そんなスーツの魅力を生かし、胸元をゴージャスに演出するには、鮮やかなオルタネートストライプのシャツに、ストライプの色となじむ小紋柄のジャカードタイが完璧な組み合わせとなる。スーツ¥750,000・シャツ¥58,000・タイ¥30,000・チーフ¥20,000(キートン)

スタイルがさえる、シャープな「ストライプシャツ」の存在感

左/ネイビーカラーで統一しながらも、シャープなストライプシャツと幾何学模様を配したシルクのタイで、胸元から知性があふれでるスタイルを表現。色の組み合わせを控えめにしても、ゴージャスなVゾーンは完成するのである。スーツ¥116,000〈ラルディーニ〉・タイ¥10,000〈イコライ〉/以上ストラスブルゴ シャツ¥25,000(エストネーション〈オリアン〉) チーフ¥8,800(ビームス 銀座〈フランコ バッシ〉)
右/ネイビーのスーツに対し、シャツやタイにピンクを加えることが、ツヤのあるVゾーンづくりのポイントだ。スーツ¥99,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ゼロナインゼロナイン〉) シャツ¥24,000〈エリコ フォルミコラ〉・チーフ¥6,500〈カラブレーゼ〉/以上シップス 銀座店 タイ¥16,000(エストネーション〈マタビシ〉) タイバー¥7,800(フェアファクスコレクティブ〈フェアファクス〉)

チェックシャツでよりゴージャスなVゾーンに

左/チェックを配したスーツとシャツに、圧倒的なインパクトを与えるのが、大柄の小紋タイである。ネイビースーツに対して、鮮やかなグリーンで彩られたタイは、胸元に華やかさを加えるだけではなく、大人の色気をもにじませる。スーツ¥110,000(シップス 銀座店〈ヴァルディターロ〉) シャツ¥32,000〈ラボラトリオ ナポレターノ〉・タイ¥16,000 〈フランコ バッシ〉・チーフ¥6,300〈ドレイクス〉/以上ビームス 銀座
右/タイの柄を生かすには、控えめなチェックシャツがお洒落。ストライプタイで強烈なインパクトを演出する。スーツ¥145,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ボリオリ〉) シャツ¥23,000〈オリアン〉・チーフ¥3,800〈アルバート サーストン〉/以上ビームス 銀座 タイ¥22,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) タイバー¥7,800(フェアファクスコレクティブ〈フェアファクス〉)

※価格はすべて参考価格です。※2015年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2015年春号絶対的品格が漂う、 ネイビースーツ のスタイル学
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/村上忠正 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)