まとうだけで「きちんと感」と「やわらかさ」をまとうことができる「グレー」。40代・50代のキャリア女性なら、お仕事シーンで着用する人も多い色のひとつ。馴染みのある色だからこそ、「定番」の着こなしから抜け出すことができない人も多いのでは?

そんなときは、グレーを個性的に取り入れている海外セレブたちの「着映えテクニック」を参考にしてみてください!

いつもの「グレーコート」で遊ぶ大人のオフスタイル

■辛口小物で脱スタンダード

ユニークな小物選びが鍵

オフィスシーンでも使えるスタンダードなグレーコートをアレンジするには、インパクトのある小物選びが最重要ポイント。こちらのマダムは、ペールトーンを重ねたベーシックなコーディネートに、グッチのショルダーバッグを斜めがけにして、モダンにアップデートしています。足元にはパイソンのショートブーツをセットして、さらに個性的なスタイルを楽しんでいます。

■+デニムでマンネリ打破

ワントーンで大人っぽく

いつものシャツスタイルに変化をつけたいときの攻略法は、「デニム」使いにありました。グレーコートのなかに白シャツ×白デニムを合わせたスタイル自体は、非のうちどころがなく、とても素敵なのですが、「なんだかつまらない……」。という気分のときに挑戦したいのが、インディゴのデニムジャケットをインするテクニック。アレンジ力がぐんと上がりマンネリも打破できます。簡単にイメージチェンジがかなうので、物足りなさを感じたときにはGジャンのこなれ感を味方にしてみてください。

今回は、仕事シーンで大活躍する定番の「グレーコート」をオフモードで着るための「イメージチェンジのコツ」をお届けしました。いつものスタイルに物足りなさを感じたら、海外セレブたちの遊び心を参考に、ちょっとだけ大胆なスタイリングを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃