【目次】

「コーデポイント」は?


 

白パンツでコーディネートを組むとき、下記の3つのポイントを押さえておくとうまくいきます。

【1】「重心を上に配置」して軽やかさを強調

黒や濃いめのトップス、アウターを使って「重心を上に配置」することで、白パンツの持ち味である軽やかさを引き立てれば、きちんと感やスタイリッシュさを高めることができます。

【2】「オールホワイト」で洗練ルックを作る

パンツだけでなく、ほかのアイテムも白で統一して「オールホワイト」コーディネートへ。ぱっと目にとまる華やかさが獲得できるので、絵になること間違いなし。

【3】「引き締め箇所」を作ってバランスアップ

ともすると膨張して見えるのが気になる白パンツ。華奢な部分を見せたり、締め色を使って「引き締め箇所」を作るとバランスアップが叶います。

「シャツ/ブラウス」できれいめなスタイルを作る


白パンツと組み合わせることで、きちんとした印象が一層引き立つ「シャツ/ブラウス」。ビジネスシーンはもちろんのこと、合わせるシャツやブラウスのデザインを変えればあらゆるシーンにマッチさせることができます。

オールホワイトで清楚な雰囲気へ

 

ぱりっとした白シャツに、同じ白のパンツを合わせ清楚なオールホワイトルックをメイク。パンツの色味を変えつつ、センタープレスデザインを選ぶことでのっぺり見えるのを回避。ベージュのバッグと白パンプスで、ニュアンスを漂わせて。

白×水色で瑞々しく

 

白パンツと水色シャツで瑞々しい配色を意識して、好印象を獲得。ワイドシルエットのパンツを選べば、リラックス感が加わってこなれて見えます。白のニットプルオーバーを肩掛けして立体感を高めたら、ブラウン小物で優しい引き締めを実行。

ベージュ×白ならコンフォートルックが上品に

 

ゆったりとしたシャツとパンツの組み合わせも、ベージュと白という配色なら上品さを両立することができ、力が抜けすぎず好都合。鮮やかなブルーバッグを携え、ニュアンス配色に差し色を投入。

華やかなドット柄ブラウスで間延びを防止

 

真っ白で繋いだ上下は、ドット柄のブラウスを取り入れれば華やかさを獲得することができ、さらに間延びを防止することにも成功。ボウタイをラフに垂らし、縦長効果をプラスすると膨張して見えません。

シアーなピンクブラウスでフェミニンを醸す

 

しなやかに落ちるクリームホワイトのパンツには、優しげなピンクのブラウスがお似合い。シアー素材ならニュアンス配色の中に奥行きが生まれます。そこに真っ白なコルセットを投入し、メリハリシルエットを形成しながら洒落感をアップ。

「カットソー」TシャツやロンTなど、シンプルで様になる


TシャツやロンT、タンクトップといったカジュアルな「カットソー」と白パンツで作る、ミニマルなコーディネート。シンプルを成功に導き、お洒落を制しましょう。あか抜けて見えるテクニックを解説します。

ノーブルなネイビーTシャツでクリーンさを演出

 

Tシャツとパンツのシンプルカジュアルは、ノーブルなネイビーとキレのよい白の組み合わせでクリーンさを獲得。Tシャツの裾をインしつつ、ベルトを投入すると心地よいリズムが宿ります。仕上げにブラウンのビッグレザートートバッグを加え、インパクトをもたらして。

プリントTでキャッチーにまとめる

 

モデルのグレース・エリザベスが実践したような、真っ白なパンツに映える、キャッチーなプリントTシャツ合わせもおすすめ。水色なら、白と共鳴して清涼感たっぷり。タックパンツや黒レザー小物など、きれいめアイテムをミックスすると大人らしく着地します。

ボーダーロンTでマリンルックを楽しむ

 

白パンツに合うカットソーといえば、マリンなネイビーボーダーロンT。袖、裾、襟元に施されたトリムのおかげで、立体的にまとまっています。ショート丈のトップスとハイウエストセンタープレスパンツの合わせ技で、スタイルアップに繋げて。

スリットトップスで動きをつける

 

白のワイドパンツに、ごく淡いピンクのカットソーを合わせ、柔和なフェミニンスタイルを堪能。ワンピースのように長いトップスは、大胆な深めスリットのディテールで動きが生まれ、歩くたびにドラマティック。

シックな配色でミニマルを成功させる

 

黒のロンTと白パンツのミニマルルックを披露した、モデルのシャニーナ・シャイク。フィット感のあるトップスに、イージー仕様のパンツを合わせ適度にカジュアルダウン。端正な黒小物や存在感のあるゴールドイヤリングが、モダンさに貢献。

透け感を活かして単調にさせない

 

タンクトップ×パンツのシンプルコーディネートは、潔いオールホワイトコーディネートで華やかさをアピール。トップスとパンツの色味をわずかに変えれば、のっぺりしません。さらにタンクトップの透け感を活かして、インにアメリカンスリーブトップスを仕込んで奥行きを授けました。ぴたっとタイトなまとめ髪と、黒レザートートバッグがあればぐっとスタイリッシュ。

「ニット/カーディガン」合わせで心地よさに包まれて


清潔感や軽やかさのある白パンツに、親しみのある「ニット/カーディガン」を合わせてリラックスムードをプラス。ニットの柔らかさに包まれて、好印象なコーディネートを完成させて。

キレの良い白でぼんやり見えるのを回避

 

白で統一したゆったりニットとワイドパンツの組み合わせは、ともするとぼんやり見えがち。そんなときにはシャープな切れ味が魅力の真っ白を選び、スタイリッシュに誘導。ざっくり編みのニットとプレーンな素材のパンツでメリハリをプラス。仕上げに淡い水色のバッグを添え、クリアな表情へ。

きれいめ小物で引き締めクラスアップを実現

 

モデルのケルシー・メリットは、ベージュのニットプルオーバーに白のデニムパンツを合わせ、気負いないカジュアルスタイルを堪能。ルーズな印象にならないよう、ポインテッドトゥパンプスなどのきれいめ小物でクラスアップを図って。

ニアリーカラーを繋いで透明感を獲得

 

白に近い、ごく淡いピンクのニットトップスに、白のパンツを合わせ透明感を放って。ニアリーカラーでも間延びしないのは、オフショルダーでデコルテや肩を覗かせているから。引き締め役には赤のバッグを指名し、キャッチーにフィニッシュ。

パープルカーディガンで大人のカラースタイルを楽しむ

 

ワイドシルエットとクリームホワイトがしなやかなパンツを着用していた、俳優のアン・ハサウェイ。ノーブルであり、さらに高揚感で満たせるパープルのカーディガンを重ねれば、大人のカラースタイルが楽しめます。仕上げに黒レザーバッグでかりっと引き締め、洗練を宿して。

グレー×白ならスタイリッシュさが引き立つ

 

カーディガン、デニムパンツ、スリッポンで作るカジュアルコーディネートは、グレーと白というスタイリッシュな配色でラフに傾きすぎるのを防止。黒バッグで引き締めても素敵ですが、ダークブラウンをセレクトすれば、黒にはない柔らかなニュアンスが生まれて品よくまとまります。

「スウェット/パーカ」カジュアルでこなれた印象へ


白パンツをカジュアルに着こなすなら、抜け感たっぷりな「スウェット/パーカ」を合わせてみて。オフの日に参考にしたいコーディネート実例をピックアップしました。

ダークグリーンで白パンツをナチュラルに着こなす

 

涼しげな白のパンツに、ロゴスウェットプルオーバーとコンフォートサンダルを合わせとことんリラックス。ナチュラルなダークグリーンのスウェットなら、引き締め力があるからこそ上品さを両立できます。トップスの裾をラフにインして、脚長効果を獲得。

シンプルルックに鮮やかグリーンが効く

 

白のパンツを、黒のスウェットトップスとブーツで挟んだシンプルコーディネート。クリームホワイトのパンツなら、ぱきっとしたコントラストが付きすぎずしなやかにきまります。仕上げに鮮やかなグリーンバッグを投入し、モノクロ配色に彩りを。

色合わせと小物にこだわり大人カジュアルを作る

 

手抜きに見えるのは避けたい、大人のカジュアルスタイル。パーカとデニムパンツというアクティブな組み合わせも、ネイビーと白の配色ならノーブルな印象に。さらにポインテッドトゥパンプスやキルティングレザーバッグで都会的にまとめて。

オールホワイトならパーカの印象が変わる

 

親近感のあるクリームホワイトのパーカも、ほかのアイテムをすべて白で統一すればキレのよいスタイリッシュな印象に。バッグのゴールドチェーンストラップをアクセサリー代わりにして、立体感をプラスして。

「アウター」ジャケットやコートを重ね立体感アップ


トップスと白パンツのワンツーコーディネートのほかに、ジャケットやコートといった「アウター」を重ね、着回し幅を広げましょう。デイリーで参考にしたい着こなしをお届けします。

デニムジャケットで軽快さを上乗せ

 

アクティブな印象の白カーゴパンツには、親しみのあるブルーデニムジャケットがお似合い。黒ニットプルオーバーのインに白カットソーを忍ばせれば、奥行きが生まれリズミカルにまとまります。

端正な白黒コーデに爽やかブルーを仕込んで

 

黒ジャケットと白パンツの端正な着こなしに、爽やかなブルーシャツを差し色として加えて単調に見えるのを回避。黒のレザーグローブやベルト、ぷっくりとしたシルバーイヤリングでモダンなムードをトッピング。

バーガンディのレザージャケットでほんのり辛口に

 

太めのボーダー柄がアクセントのポロニットシャツに、白パンツを合わせ軽やかさを意識。そこにマチュアな魅力を備えたバーガンディのレザージャケットを重ねると、ほんのりスパイスが香る大人らしい着こなしに着地します。

イエロー×オレンジでフレッシュに見せて

 

すっきりとクリーンな白パンツに、柑橘を想わせるオレンジのニットプルオーバーとバッグ、そしてイエローのブルゾンを合わせてフレッシュさをアピール。トラッドな黒ローファーが引き締め役を担ってくれるので、ポップに傾きすぎません。

曖昧ホワイトのニュアンスでこなれ顔

 

クリームホワイトのパンツにアイボリーのウールコートを重ねれば、ニュアンスが漂って洒落た印象に。真っ白とブルーのバイカラースニーカーや、モノグラムのバッグとグローブでメリハリを意識して。

上品ベージュコートがまとめ役

 

シャツとイージーパンツのセットアップは、ワッフル素材で抜け感を演出。ベージュのキャップ、イエローバッグ、赤のスニーカーを合わせれば、白に温度が宿ってメリハリもアップします。仕上げにキャップの色とリンクしたウールロングコートを重ね、上品さをミックス。

パンツ以外黒で統一しハンサムな面持ちへ

 

パンツ以外すべて黒でまとめることで、白パンツの軽やかさを一層際立てて。光沢感のあるムートンロングコートやレザーバッグ、デニムパンツのように、異なる質感をミックスすれば定番配色でも立体的にきまります。

PHOTO :
Getty Images
EDIT&WRITING :
阿部芙美香