ただでさえ顔にかかる髪はうねりやすいのに、夏になると汗と湿気でもう手に負えない…とお悩みの方も多いのでは?そんなお悩みにヘアサロン「broocH」の杉山由夏さんがアドバイス!

「うねりはアイロンなどで伸ばすより、パーマをかけた方がシルエットに立体感が生まれて華やかな表情になります」(杉山さん)。

今回は、パーマによるうねりを生かしたスタイリング術をご紹介します。

40代の髪型のお悩みを解決【ショートヘア】:顔まわりのうねりがちな髪を落ち着かせたい!

ショート代表:伊與田愛子さん(40歳/モデル)のお悩みを解決するには…

解決スタイル:毛先に重さを残して、全体にスパイラル状のパーマをゆるくかける

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

伊與田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★★

毛の1本1本がしっかりとしていて、ボリュームもある伊與田さんの髪。全体にボリュームがあっても、トップだけはペタッとなりがちなのだとか。

「うねりが気になる方はもちろん、トップにボリュームのほしい方にも、裾に厚みを残して全体的にゆるく、スパイラル状のパーマをかけるスタイルがおすすめです。立体感が生まれて、トップのぺたんこ感が目立ちにくくなりますよ」(杉山さん)。

スタイリング術:ランダムに毛束をつまんで毛先を外はねにする

毛先は内巻きではなく、外巻きにするのがポイント。

「内巻きにするとスタイルがまとまりすぎて、こなれ感がありません。外巻きにすることで動きのある大人のカジュアルヘアになります」(杉山さん)。

スタイリング前
スタイリング前

1:毛束をひとつまみ鳥、毛先部分を半カール分【外巻き】にする

 

全体で10カ所ほどの毛束に分けながら、ランダムにつまんで毛先部分を【外巻き】に巻いていく。

2:毛先を中心にワックスをつけて揉みこむ

 

ワックスを両手のひらに広げ、毛先を握りながらなじませる。

POINT<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. レイヤーをあまり入れず、毛先に重さを残して立体感をつくる
  2. 顔まわりのうねりは無理にのばさず、スパイラル状パーマをかける
  3. 毛先を外はねにして動きを出す

「フェイスラインがスッとシャープな方にもおすすめしたい、このスタイル。うねりは無理に伸ばすより、生かした方がメリットは大きいですよ」(杉山さん)。


今回、教えてくださった「broocH」スタイリスト・杉山由夏さん

料理が得意で、友人たちを招いて食事会を開催することも。「ずっと欲しかったバルミューラのフライパンが手に入ったので、パエリアをつくりました。我ながら美味しくできて、友人たちにも大好評!」Instagramアカウント:@u_ka072
料理が得意で、友人たちを招いて食事会を開催することも。「ずっと欲しかったバルミューラのフライパンが手に入ったので、パエリアをつくりました。我ながら美味しくできて、友人たちにも大好評!」Instagramアカウント:@u_ka072

問い合わせ先

broocH
住所/東京都渋谷区神宮前5-2-5 MAX&Co. ビル 5F
TEL:03-5778-0438
営業時間:平日11:00 ~20:00、土10:00~20:00、日祝日10:00~19:00
定休日:火曜

表参道が一望できるラグジュアリーな空間で、髪にかかる負担を徹底して取り除いた施術が受けられる。

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
中島 祐美
DIRECTION :
青木 笑