下手なコートをはおれば、スーツのエレガンスを消してしまいかねない。スーツを覆い隠してなおエレガンスを増すコートをイザイアで見つけた。デザインはあくまでもベーシック。セットインスリーブで、ボタンが隠れるフライフロント。着丈は短めに設定されている。そでにはストラップが付く。

イザイアのシルクコート

往年ダンディも愛したシルクツイルの官能的な輝き

¥270,000(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン〈イザイア〉)

イザイアはアットリーニやキートンとともにナポリのビッグ3を担う。1957年に創業し、2007年に3代目としてジャンルカ・イザイアがディレクターに就任して以降、モダン・サルトリアーレを提唱してきた。このコートもナポリの職人技をベースとしながら、現代的な香りに包まれている。

そして、エレガンスを発露するもとは往年ダンディも愛したシルクの生地である。ナチュラルな輝きは官能的ですらあり、ドレープの美しさによってほかの素材との違いを見せつける。ノーライニングの、ふわりとした軽やかさも格別だ。実用性を考え、シルクコートならではの繊細さに躊躇する人もいるだろう。しかし、心配はいらない。このシルクの生地には撥水加工が施されているからだ。

春の長雨でも傘をささずに歩く姿を想像してみてほしい。その洒脱さこそ、スーツのエレガンスを引き立てるコートとして紹介した。

※価格は税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年春号「ベーシック名品」の静かな迫力に刮目せよ!
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・唐澤光也(パイルドライバー) スタイリスト/大西陽一(RESPECT)文/柴田 充 構成・文/鷲尾顕司