カナダ最大の都市トロントは、多くの移民を受け入れてきた背景からか、あらゆるものに寛容的な姿勢が感じられます。トラディショナルなもの、ラディカルなもの、柔軟な姿勢で受け止めてから、自分たちのスタイルに昇華。それが、この街の豊かな多様性につながっているのでしょう。ここに紹介するホテルやレストランも、個性的なアドレスを厳選。トロントの多彩な顔に出合えます。

■1:英国皇室御用達、麗しのフェアモント・ロイヤル・ヨーク・ホテル(Fairmont Royal York Hotel)

高層ビルに囲まれながらも威厳を感じる、歴史的ホテル
グランドロビーに一歩入ると、喧騒がスーッと遠のき、20世紀初頭へタイムトリップした気分

大通りを隔てて、ユニオン駅の正面(地下ではギネス登録の巨大地下街PATHに直結)にそびえる、古城のように重厚感のあるラグジュアリーホテル。1929年の創業当初はこの界隈で最も高層な建物で、ダンスフロアや病院(!)までも備えた、単なる宿泊場所ではない「シティ・イン・ホテル」と呼ばれたそう。ドアマンに迎えられ、シャンデリア輝く天井の高いグランドロビーに佇むと、遠い日々のざわめきが聞こえてきそう。エリザベス女王や、天皇皇后両陛下もここに滞在したことがあります。

客室は全1368室。暖炉をしつらえた部屋も。フェアモントルーム C$304~/泊

このたび大掛かりな改装を経て、11階建てのホテルウィングに入ったラグジュアリー&シグネチャールームの898室と、インドアプール、フィットネススパが生まれ変わりました。創業当初のエレガントな風情はそのままに、現代の居住性の高さがグンとアップ。

リニューアルしたプール。21~22時は大人オンリーの時間帯

このホテルの屋上ではハーブ園や養蜂が行われ、レストランやバーの食材として活用されています。例えば、ここで採取したハチミツを使ったハニービールは館内の「パイパーズ パブ」と「エピック レストラン&ラウンジ」のみ。ほかにも荘厳な趣の「ライブラリー・バー」の週末のハイティーなど、このホテルならではの食体験が楽しめます。

ルーフトップにはハーブ園と養蜂の箱が。ここでつくられた食材はメニューの一部に
マティーニが有名な「ライブラリー・バー」。週末のハイティーが人気です

問い合わせ先

■2:ロックな遊び心をデザインしたドレイク・ホテル (The Drake Hotel)

ウエスト・クィーン・ウエストのカルチャーの牽引役的存在です

クリエイターが集まるウエスト・クィーン・ウエストの盛り上がりの震央であり、トロントのカルチャー、エンターテイメント、食文化のランドマークとなっているブティックホテル。もともとのオープンは1890年。それから何度かオーナーが変わり、名称も変わり、一時は安宿にまで衰退したけれど、2004年のバレンタインデーに奇跡の復活を遂げました。

視線を移した先に必ずアートが。館内にワクワクする仕掛けが満載されています

館内はいたるところにオブジェやアート作品が飾られ、細部まで気を抜いたところがありません。さりげなくても、すべてに意味がある調度品ばかり。そんなアート作品やライブ・パフォーマンス、料理イベントなどを手掛けるのは、注目の若手アーティストたち。ここはホットな才能の育成所的役割もなっているようです。

XLからXSまで、広さによって客室タイプが分かれます。19室のみの小さなブティックホテルです

客室は19。客室名は「XLスイート」や「Mデン」など、XSからXLまで洋服のサイズのよう。置いてある小物類もおしゃれです。

受賞作のカクテルを片手にトロントのナイトシーンを「スカイヤード」でウォッチング

食のクオリティーの高さも、評判になっています。ルーフトップの「スカイヤード」では、賞を獲得したカクテルと、シェフの遊び心たっぷりのメニューをぜひ。また、ホテルの代名詞的存在になっているのが、地下にあるライブホール「アンダーグラウンド」。トロントの熱いナイトクラブのひとつにリストアップされています。

問い合わせ先

  • ドレイク・ホテル 
  • 室料/SクラッシュパッドC$239~ ※クラッシュパッドとは、寝るだけのシンプルな部屋の意
    TEL/416-531-5042
    住所/1150 Queen Street West, Toronto, Ontario

■3:ローカルガールに人気のスタイリッシュなイタリアン 、FIGO

外光が差し込む明るい店内。ディナーでも利用したいイタリアンレストラン

ジョン・ストリートとアデレード・ストリートの交差点にある、おしゃれなイタリアン。大きなガラス窓から外光が差し込む明るい店内には、テーブル席に加えてバーカウンターやスツール席も。地元の女の子たちがオシャレをして食事に訪れる、いわば、ご褒美レストラン。

ライブ感あふれるオープンキッチン。出来たてがすぐにサーブされます

「ベストな食材を使い、丹念に準備をすることがおいしい料理のための、シンプルでモダンな方法」というコンセプトのもと、食材を厳選。新鮮な食材を厳選し、リコッタチーズやパスタはホームメイド。パスタ料理の人気が高く、トリュフのリングイネや、ロブスターのスパゲッティーなど、贅沢な気分に。薪窯で焼きあげた、アツアツがいただけるピザの中にはユニークなコーヒーのフレーバーも!

ポテト、ペコリーノチーズ、グアンチャーレ、卵黄、ブラックペッパーをトッピングしたピザ「カシオ・エ・ペペ」C$19

問い合わせ先

  • FIGO 
  • 営業時間/11:30~22:00(木・金~23:00、土・日10:30~15:00)
    TEL:647-503-4074
    住所/295 Adelaide Street West (at John Street & Adelaide Street West), Tronoto, Ontario

 ■4:中東の意匠に囲まれたアガカーン美術館内のディワン(Diwan)へ

隣接したアガカーンパークの眺望が開放感を与える店内

イスラム圏のアートコレクションを誇るアガカーン美術館に併設したレストラン。供されるメニューも、展示と同様に中東や北アフリカ、インドに伝わる料理からインスパイアされたもの。壮麗な展示品で眼福を満たした後に、舌でもイスラム圏のカルチャーを味わえます。

シリアの邸宅をイメージした空間も見どころのひとつ

店内の装飾も圧巻です。テーマは、19世紀のシリアの豪華なプライベートホーム。精緻な装飾の中でも1799年にダマスカスでつくられた、手掘りやペイントが美しい木製パネルの美しいこと! 最も古いパネルは17世紀初頭にアレッポで作成されたものだそうです。そして床から天井までの大きな窓から望む、アガカーンパークの緑も目に優しく、穏やかな心持ちでランチがいただけます。

中東や北アフリカなど、イスラム圏のメニューに加え、サーモンなどカナダらしい料理も

問い合わせ先

  • Diwan 
  • 営業時間/11:30~14:30、月曜休
    TEL:416-646-4670
    住所/77 Wynford Dr, North York, Toronto, Ontario

さまざまな文化から影響を受けたカナダ・トロント。この街の豊かな多様性に出合うため、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

シリーズ「アートなトロント旅」

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
COOPERATION :
トロント観光局( http://seetorontonow.jp/ )
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子