気がついたら年明け早々のピッティウォモという生活を、もう12年くらい続けていました。しかもほぼ皆勤賞。

周囲を見渡すと、日本人エディターというジャンルにおいてはメンズプレシャスが誇るMr.クラシコ・矢部克已大先生の次くらいの古株になっていたわけで、感慨もひとしおです。といっても超スーパー方向音痴なので、未だにフィレツェの街で迷子になってしまうのですが・・・

子供のころに想像した2018年ってもっと「超未来」だったような気がしますが、実際のところ男の装いはまだまだクラシック。僕が生きている間には、銀色の全身タイツみたいなのを着なくて済みそうです。

2018年秋〜2019年冬にかけてのピッティウォモの提案も、もちろん未来派ではなく、今季に引き続き「英国調」がキーワードでした。

来季の秋冬はズバリ「英国調」がキーワード!

ショートとハーフの中間くらい丈が新鮮なラルディーニのブルゾン。
コートはビスポーク風味のロング丈が絶対! こちらもラルディーニ。
ルーズなシルエットと毒っぽい色柄のニットで、80年代にリバイバルした英国トラッドを彷彿させるドルモアのスタイル。
まるでミッソーニを彷彿させるこんな色味のニットを、あのドルモアがつくってしまうってのが面白い。

しかし、シルエットはさらにリラックス傾向で、80年代後半〜90年代のムードが強まってきたような気がします。ガッチガチではなくエレガントな空気感のある、ロマンティックな英国スタイル・・・。デコラティブなスリーピーススタイルとかはちょっと苦手な僕も、これなら乗れそうです!

英国調の流れでヘビーウェイトのフランネルやツイードが多く見られた今季のピッティですが、それとは違うベクトルで化繊の提案も多く見られました。

それもあんまりスポーティすぎない、ラグジュアリーなもの。今まではナイロンやポリエステル系のウエアを着る時って、シャビーに見えないよう合わせる素材に気を使ったものですが、素材の進化は著しい。

ヘルノのダウンなんて、ジーンズを合わせるだけでリッチに見えますからね。また、各メーカーは近年のご時世を鑑みて「非ダウン系中綿」の開発にも勤しんでいる様子。10年後には「ダウン」が「ダウン」ではなくなっている可能性もありますよ。

グレーフランネルのパンツに合わせたいヘルノの新作アウター

化繊の高級感では群を抜くヘルノのダウン。こんなシャンパンゴールドなら、デニムに合わせてもいいし、グレーフランネルのパンツと合わせたら最高にラグジュアリー。 

ハイテク素材を使ったラインに注目

トレンドに敏感なラルディーニは、ハイテク素材を使ったラインを新規に展開。

あと、今回やたらと目に付いたのがレザーのブルゾンや、ムートンを使ったアウターです。ただしこの手の高級素材って大きな落とし穴があるので、買うときには注意が必要。トレンドに乗ってルーズや超ピタピタなど、極端なシルエットのものを買ってしまうと、速攻でタンスの肥やしになってしまうのです。皆さんが80〜90年代に「一生もの」という煽り文句に釣られて買ったムートンやレザー、まだ残っていますか? 僕が「ろくでなしBLUES」に憧れて中学生のときに買った「ニチワ」のランチコートは、いったいどこに行ったのでしょうか・・・。

ブルネロ クチネリのムートンはライダース調。といっても決してハードに見えないのがさすが。

そんな恥ずかしい過去を振り返ってみると、シルエットがタイト〜ルーズフィットへ移行する転換期とも言える今こそ、ムートンの買い時のような気がします。僕が特に気になったのは、懐かしのルッフォ! かつてセラファンあたりと並んで、高級レザーウエアの代名詞的ブランドとして鳴らしたものです。何年か前にいったん経営難でクローズしたのですが、近年復活を遂げ、このピッティにも再び出店を果たしたのです。

こちらはクラシックなPコートタイプ。映画『男と女』の気分で着たいね!
今回のピッティで最も欲しかったアウターがこちら。デザイン、クオリティ、シルエット3拍子揃ったこちらなら、○十万円払っても惜しくない!?

いわゆるコートスタイルもいいけれど、一番シビれたのはモッズコート型のムートン! けっこうなお値段になりそうですが、これは日本に入ってくるならぜひ購入したいです。

近年では珍しく、見ごたえのあるラグジュアリーな提案が目に付いた今回のピッティ。多少高価でも「上質で長く着られるモノ」という男の装いの本質が、市場で受け入れられるとよいのですが。

この記事の執筆者
MEN'S Preciousファッションディレクター。幼少期からの洋服好き、雑誌好きが高じてファッション編集者の道へ。男性ファッション誌編集部員、フリーエディターを経て、現在は『MEN'S Precious』にてファッションディレクターを務める。趣味は買い物と昭和な喫茶店めぐり。